« 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月20日 »

2012年2月19日

2012年2月19日 (日)

中2男子、ゲームソフト取り上げられ母を刺す(19日)

 愛知県警一宮署は19日、同県一宮市の中学2年の男子生徒(14)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

同署の発表によると、男子生徒は同日午後5時35分頃、自宅で母親(50)の背中を刺し身包丁で1回刺して、殺害しようとした疑い。母親は重傷だが、命に別条はないという。刺された直後に母親が110番。駆けつけた署員が、家にいた男子生徒を取り押さえた。

 男子生徒は「ゲームソフトを勝手に購入して怒られ、さらに取り上げられたので腹が立った」と話し、容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サメ:東京・代々木公園に死骸 不法投棄の可能性(19日)

19日午前7時ごろ、東京都渋谷区の代々木公園で、巡回中の男性警備員から「ブルーシートに覆われたサメがいる」と110番通報があった。警視庁代々木署員が調べたところ、公園の渋谷門近くの駐輪場で体長約1.5メートルのサメの死骸が見つかった。同署は遺失物として取り扱っているが、不法投棄にあたる可能性もあるとして調べている。

 代々木署によると、サメは腹部が切られ、内臓がすべて取り除かれていた。種類は不明で、ひれは付いていた。腐敗は進んでおらず、18日夜から19日朝にかけて捨てられた可能性が高いという。数日前、同区内のすし店前でサメが展示されていたとの情報もあり、同署が関連を調べている。【伊澤拓也】

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日)

自動券売機の防犯力

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Uzushiokun1

本日の1枚の写真は徳島県警のキャラクターマスコット「うずしお君」です。太陽が警察官の制帽を着用しているもので、太陽は万物に光とエネルギーを与えることから、南国徳島県における公平無私にして強く、明るく、親切な警察を象徴し、帽章部分に豪快なうず潮を配して、警察の果敢な執行力を付加しているそうです。

 18日未明、川崎市宮前区の牛丼チェーン店「すき家」で2006_0810_004208nisho_3男がレジから1万円を奪い逃走したが、別の男性店員が近くの路上で取り押さえた。すき家では店員が1人になる夜間などに強盗事件が多発していることから、警察の要請を受け、同店舗では昨年12月下旬から深夜時間帯を2人勤務にしており、功を奏した。

 ところで強盗事件の今年1月の認知件数は302件で前年同月に比べて-2件だった。認知件数が最も多かったのは東京都の57件で前年同月比+19件。以下、大阪府の54件で同+22件。神奈川県は36件で同+10件、埼玉県の28件同-1件、千葉県の18件で同-1件だった。

 検挙率は全国平均が55.6㌫で多くの県は50㌫台から100㌫だったが、低かったのは大阪府の27.8㌫、神奈川県の33.3㌫だった。

 検挙率のアップは抑止効果があるが、「すきや」の強盗被害が多いのは、レジの存在。深夜営業の多くはラーメン店を含めて「自動券売機」を設置しているため、現金にありつけない。ところがスーパーやコンビニ、それに「すきや」はレジ扱いのため現金を奪いやすいのだという。スーパーやコンビニの自動券売機はできないが、深夜営業に一考を。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

三角関係でトラブル?暴行受け男性重体 44歳男を逮捕 東京・中野(19日)

知人の塗装工の男性(57)に暴行を加えて、けがを負わせたとして、警視庁中野署は19日、傷害の疑いで、東京都中野区弥生町、とび職、飯田泰夫容疑者(44)を逮捕した。

 同署によると、男性は、50代の無職女性と内縁関係にあり、同居していたが、女性は飯田容疑者とも交際。飯田容疑者と男性は以前から女性をめぐってトラブルになっていた。飯田容疑者は「女性と別れさせたいと思っていた」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、17日午前11時ごろ、中野区南台の男性宅で、素手で殴る暴行を加えた上、翌18日午前11時ごろ、中野区弥生町の路上で、もみ合いになり転倒させ、脳内出血で意識不明の重体にさせたなどとしている。

 同署によると、男性は、18日に飯田容疑者から暴行を受けた後、別の知人の男性宅にいたが、夜になって体調不良を訴えたため、知人が119番通報した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120219/crm12021916030007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出向警察官らが不明者捜索 福島の警戒区域沿岸部(19日)

東日本大震災で津波に遭い、原発事故による警戒区域にかかった福島県沿岸部で、同県警は19日、県外からの特別出向警察官を含む約100人態勢で行方不明者を捜索した。捜索は21日までの3日間で延べ約300人を動員。初日は、死者・行方不明者約120人を出した浪江町請戸が対象となった。

 「ウルトラ警察隊」と呼ばれる県外からの出向組にとって警戒区域内の捜索は初めて。防護服姿で川岸や草むらの雑草を棒でかき分けながら慎重に調べた。

 佐賀県警から出向し、特別警ら隊いわき分駐隊に配属された田中恒治巡査部長(30)は「地震や津波の爪痕が大きいと痛感した。佐賀県にも原発があるので、同じような災害が起こった時にどうしていかなければならないか日々考えている」と語った。

 出向組は警視庁と21道府県警から350人。うち145人が特別警ら隊に配属され、通常は警戒区域で急増した窃盗の取り締まりなどに当たる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120219/dst12021916450006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ事件摘発 過去最多に(19日)

去年1年間に全国の警察が摘発した児童ポルノに関する事件は1400件余りで、被害を受けた子どもの数も638人に上り、いずれもこれまでで最も多くなりました。

警察庁によりますと、去年1年間に全国の警察が摘発した児童ポルノに関する事件は1455件で前の年より113件、率にして8パーセント増えました。
また、わいせつな画像を撮影されるなどの被害を受けた18歳未満の子どもは、捜査で特定できただけで638人に上り、件数とともにこれまでで最も多くなっています。
国は、児童ポルノが掲載されたサイトを強制的に閲覧できないようにする「ブロッキング」と呼ばれる新たな対策を去年から導入していますが、ブロッキングができないファイル交換ソフトを使って画像をやりとりするケースが増え、前の年の2倍以上の368件に上っています。
中には実の親が子どもの画像を販売したり、グループどうしで画像を交換したりする悪質なケースもあり、警察庁はインターネット上の監視などを通じて取り締まりをさらに強化することにしています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金嬉老事件:舞台の旅館廃業 女将が高齢、観光客減り(19日)

1968年2月に「金嬉老事件」の舞台となった静岡県川根本町の寸又峡温泉の「ふじみや旅館」が今年1月に廃業していたことが18日分かった。金嬉老(キム・ヒロ)元受刑者が立てこもった際、人質となった女将(おかみ)の望月英子さん(73)は毎日新聞の取材に「昔はダム工事の人たちが冬場も泊まってくれたが、最近は来なくなり観光客も減った。私も高齢なのでやっていけない」と話した。

 44年前の事件当時、望月さんは29歳。家族や客ら計12人とともに人質にされた。「夜中、主人に起こされたらライフルを肩にかけた人がいた。ダイナマイトが山積みの部屋に連れて行かれて怖かった」と振り返る。

 望月さんによると、旅館は明治時代の創業で100年以上の歴史があった。観光客が減って昨年2月で宿泊の受け付けをやめ、同12月には休憩所としての営業もやめて休業。10年2月に「事件資料館」を併設した旅館の建物はそのままで、今後の使い道は未定だという。【平塚雄太】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120219k0000m040089000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

安全より景観優先?自転車レーン塗り替えに批判(19日)

「自転車専用レーン」の整備が全国で進む中、京都市上京区にある長さ260メートルのレーンの青い塗装を、市が「京都の雰囲気に合わない」と今月、赤茶色に塗り替えた。

 警察庁などは「視認性が高い」などと青色を推奨し、京都府警が昨年1月に塗装していた。市の対応は「安全より景観優先」とも受け取られかねず、批判の声も出ている。

 レーンは府警本部東側。整備時は道路管理者である市の予算措置が間に合わず、府警が青色に塗装した。警察庁などが2009年7月、全国の道路管理者と警察本部に「青色を推奨する」と通知していたためで、全国のほとんどのレーンが青系色という。

 一方、市は伝統的な町並みに調和させるため、屋外広告物の色を条例で規制しており、ハンバーガーや牛丼のチェーン店、コンビニエンスストアの多くは看板などを茶系色や明るさを抑えた色にしている。

 今回の塗り直しも景観保護の考えに沿ったもので、650万円をかけた。府警は「赤茶色は夜間見えにくい」などと反対していたというが、今年度中に新設される中京、下京、伏見区の3か所のレーンについても、市は赤茶色にする考え。

 京都府内では、レーンは宇治、木津川両市の計2か所あり、今年度中に八幡市でも整備する。いずれも青色という。京都市の道路環境整備課は「赤茶色は市特有の事情を考慮して決めた。安全を軽視したわけではなく、市民に周知し、理解を求めたい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母子3人、自宅で死亡 室内に練炭を燃やした跡 大阪(19日)

19日午前3時過ぎ、大阪府守口市大久保町3丁目の民家で、近くに住む親族から「3人が倒れている」と119番通報があった。救急隊員が駆けつけると、住人の女性(42)、小学2年の長男(8)、幼稚園に通う次男(6)が寝室で倒れており、3人とも死亡が確認された。府警は母親が無理心中を図った可能性があるとみて調べている。

 守口署によると、この家は夫婦と2児の4人暮らし。同日午前2時45分ごろ、会社員の夫(42)が帰宅し、3人を発見。3階の寝室で男児2人が布団に横たわり、母親は床に倒れていた。3人とも目立った外傷はなかった。

 室内では七輪で練炭を燃やした跡があり、ドアや窓には内側から粘着テープで目張りがされていた。2階の居間に「ごめんなさい」という内容の遺書が残されていたという。

 同署の調べに対し夫は「妻は子どものことで悩んでいた」と話したという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

週刊東洋経済の編集長を痴漢で逮捕 「酔って覚えていない」と否認(19日)

電車内で女性2人の体を相次いで触ったとして、警視庁大森署は、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、経済誌「週刊東洋経済」の編集長、三上直行容疑者(46)=横浜市磯子区峰町=を逮捕した。三上容疑者は事件当時、泥酔状態だったといい、同署の調べに「酒に酔っていて、よく覚えていない」と容疑を否認している。

 同署の調べでは、三上容疑者は17日午後11時過ぎ、JR京浜東北線の品川駅-大森駅間を走行中の電車内で、20代と30代の女性の尻などを次々に触った疑いが持たれている。

 居合わせた乗客が三上容疑者を取り押さえ、大森駅で駆けつけた同署員に引き渡した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120219/crm12021901170001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

皇居前 お見舞いの記帳1万人超す(19日)

皇居の前に設けられた記帳所には、18日の1日で1万人を超える人たちがお見舞いの記帳に訪れました。

皇居の坂下門に設けられた記帳所の前には、予定を早めて午前9時45分からとなった受け付け開始までに、およそ70人が列をつくりました。
受け付けが始まると、訪れた人たちは宮内庁の職員の先導で記帳所に進み、自分の住所や名前を書き込んでいました。
大阪から来たという34歳の男性は「天皇陛下のことが心配で記帳に来ました。公務が忙しかったと思いますが、とにかく手術が無事に終わるよう祈っています」と話していました。
また、孫を連れて記帳に来たという神奈川県の63歳の女性は「前立腺がんの手術のときにも家族で記帳に来ました。手術が無事に終わって元気なお姿を早く拝見できるよう願っています」と話していました。
孫の小学2年生の女の子は「頑張って下さいという気持ちを込めて名前を書きました」と話していました。
宮内庁によりますと、18日は記帳に訪れた人数が多かったため、受付の終了時間も15分延長し、1日で1万1500人余りが記帳に訪れたということです。
お見舞いの記帳は、退院の日までの毎日、午前10時から午後4時まで受け付けられます。

News_pic1

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120218/k10013119581000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・武蔵村山市の林で枯れ草などが燃える不審火2件相次ぐ(19日)

東京・武蔵村山市で18日夕方、枯れ草などが燃える不審火が2件相次いだ。
18日午後6時半ごろ、武蔵村山市中央の雑木林で、木や枯れ草など300平方メートルが燃える不審火があった。
また同じ時間帯に、現場から100メートルほど離れた林の中で、枯れ草100平方メートルが燃えているのが見つかり、火は、それぞれ30分ほどで消し止められた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

71歳男性、2台にひかれ死亡…最初の車逃走(19日)

18日午後3時10分頃、大阪府枚方市池之宮の国道1号交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた同市中宮東之町、無職宮田昭二郎さん(71)が、北から来た車にひかれ、30~40メートル引きずられた。

車はそのまま逃走。宮田さんは後続のトラックにもはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 トラック運転手の男(52)が「人をはねてしまった」と110番し、駆け付けた枚方署員が自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕。同署は、最初に宮田さんをはねた車について、道交法違反(ひき逃げ)容疑で行方を追っている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハッカー日本一目指し暗号解読、コンテスト開幕(19日)

ハッカー日本一を目指し、コンピューターへの不正アクセスを防ぐ知識や技術を競うコンテスト「CTF」が18日、福岡県飯塚市の九州工業大情報工学部で始まった。

県内外から7チーム計31人が参加し、19日まで、暗号解読などに挑戦する。

 CTFは「キャプチャー・ザ・フラッグ(旗取りゲーム)」の意味。海外では若手技術者発掘のため、盛んに実施されている。日本ではコンピューター技術などに精通した人物を指す「ハッカー」が、不正行為をする人と誤解され、ほとんど開かれていない。

 大会実行委によると、今後、国内各地でCTFを開き、上位者が競う全国大会を2年以内に開く予定。「全国大会開催を視野に入れたCTFは国内初」としている。同大3年中園亜由美さん(21)は「高度な知識や技術の習得につながる。大会を通じ、ハッキングへの負のイメージも払拭できるはず」と話していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゲート・レインボー両ブリッジ、凍結で通行止め(19日)

東京都江東区若洲などの埋め立て地にかかる「東京ゲートブリッジ」と、港区の「レインボーブリッジ」が18日朝、最大約2時間半にわたり、通行止めとなった。

都港湾局によると、いずれも路面が凍結したためで、今月12日に開通したばかりのゲートブリッジの通行止めは初めて。気象庁によると、東京都心では18日未明、最低気温が0度となった。

(2012年2月18日20時45分 読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

退院後、テニスもやれると期待…医師団一問一答(19日)

――手術は成功したか。

天野

(

あつし

)

・順天堂大順天堂医院心臓血管外科教授(執刀医)「成功かどうかの判断は、陛下が公務や日常の生活を取り戻された時点が話題にしていい時期。現状の判断はやや尚早だ」

 ――手術後のご容体は。

 小野教授「麻酔の目覚めも順調だった。『ご気分は』と聞くと、よろしいとうなずいておられた。血圧も順調で、出血もなく順調な経過だ」

 ――手術の難関は。

 小野教授「(バイパスに使用した)内胸動脈の状態は良好で、スムーズに進んだと確信している」

 天野教授「術中、心房性の不整脈の出現があったが、想定していたことで、追加治療をした」

 ――入院期間やリハビリの時期は。

 小野教授「明日の昼から食事を準備している。明日、明後日にはベッドから立ち、来週の半ばからリハビリできれば。入院は2週間とみている」

 金沢医務主管「(退院後に)テニスはやれると期待しているが、年齢が年齢なので、公務についてはある程度以上の配慮は続けたい」

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月20日 »