« 2012年2月9日 | トップページ | 2012年2月11日 »

2012年2月10日

2012年2月10日 (金)

警視庁捜査1課長に龍 一文新課長就任 オウム・菊地直子容疑者らも「検挙したい」(10日)

都内で起きた殺人事件など凶悪犯罪の捜査指揮を執る、警視庁捜査1課長に龍 一文新課長が就任し、会見を行った。
龍新捜査1課長は「事件を1件でも多く解決していきたいと思っていますので、皆様のご協力よろしくお願いします」と語った。
また、オウム事件で特別手配中の菊地直子容疑者らについても、「検挙したい」と意気込みを語った。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217035.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アメーバピグに不正アクセス容疑 中学生5人送検・補導(10日)

インターネットの会員制交流サイト「アメーバピグ」のパスワードを他人からだまし取り、パスワードを無断で変更してアクセスを続けたとして、兵庫県警は10日、不正アクセス禁止法違反の疑いで大分市の中学3年の男子生徒2人を書類送検し、神奈川県茅ケ崎市の中学2年の男子生徒3人を補導した、と発表した。いずれも「いたずらでやった」と容疑を認めているという。

 一方、県警は1月13日に大分市内の別人宅を家宅捜索していた。不正アクセスしたパソコンを特定するため、プロバイダー業者に協力を求めたところ、業者が誤って別人の情報を伝えたという。県警はこの家族に謝罪した。

 アメーバピグは、好みのキャラクターを作って遊ぶサイト。中学生5人は昨年4~5月、神戸市の中学1年の女子生徒(13)のパスワードを入手し、不正アクセスした疑いがある。ネット上でパスワードとIDを聞き出していたという。

Logo2_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

改札口に日本刀男、多数転倒…訓練でよかった(10日)

混雑する駅での通り魔事件発生に対処する訓練が9日、千葉県船橋市藤原のJR船橋法典駅で行われた。

千葉県警船橋署、船橋市北消防署、同駅、日本中央競馬会中山競馬場の4機関が合同で実施。約150人が真剣な表情で取り組んだ。

 訓練は「同駅改札口で男が日本刀を振り回し、逃げまどう乗客が折り重なるように転倒、20人が負傷」という想定で行われ、駅員は乗客の避難を誘導し、警察官は犯人役の確保に努めた。

 また、負傷者のけがの程度に応じて治療の順位を決めるトリアージ訓練も行われた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無関係の会社員宅を捜索 兵庫県警が誤認捜索(10日)

インターネットの会員制交流サイト「アメーバピグ」をめぐる不正アクセス禁止法違反事件があり、兵庫県警が今年1月、事件と無関係の大分県内の男性会社員(45)宅を誤って家宅捜索していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。プロバイダーが県警に誤った情報を提供したのが原因といい、県警はすでに会社員らに謝罪したという。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者によると、神戸市北区の中学1年の女子生徒(13)が昨年4~5月、同サイト内で別の利用者にIDとパスワードを教えてしまった後、不正に変更されてサイトに接続できなくなった。

 女子生徒側の訴えを受け、県警はプロバイダーに照会。神奈川県と大分県に住むいずれも14歳の男子中学生4人と、会社員の自宅から、不正変更後にアクセスがあったとの回答があり、1月に容疑者不詳のまま5人の自宅を捜索した。

 会社員宅の捜索では、女子高生(16)ら家族全員から事情聴取したが、一貫して否認。不審に感じた捜査員がプロバイダーに再確認したところ、別の大分県の男子中学生(15)宅からのアクセスだったことが判明した。

 不正アクセスが確認された中学生5人について県警は、不正アクセス禁止法違反容疑などで神奈川県内の14歳の男子中学生3人をすでに補導。大分県の男子中学生ら2人についても10日午後に書類送検した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道を聞かれただけ…男性を誤認逮捕 警視庁(10日)

東京都大田区で今月7日、20代の男性が振り込め詐欺の容疑者として警視庁田園調布署に誤認逮捕されていたことが10日、同庁への取材で分かった。男性は約5時間にわたって勾留された。同庁は「現場の状況から、逮捕の判断は間違っていなかった」としているが、男性に謝罪する方針。

 警視庁によると、同署は7日午後1時ごろ、同区の50代女性宅を訪れ、200万円をだまし取ろうとした詐欺未遂の現行犯で無職、江副潤一容疑者(61)を逮捕。直前に、近くで江副容疑者と話をしていた男性についても、同容疑で緊急逮捕した。

 しかし、男性は「声をかけられたが、ほかのことは知らない」と容疑を否認。確認したところ、江副容疑者から道を聞かれただけだったことが判明した。

 警視庁は、逮捕理由について「捜査員が近づいたら逃走しようとした」などと説明したが、男性は「見知らぬ人が警棒を持って追いかけてきたので逃げた」と説明しているという。捜査員は、私服だった。

 刑事総務課の川原博夫課長は「心からおわび申し上げる。このような事案がないよう指導監督を徹底して参りたい」とコメントした。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120210/crm12021018260015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警戒区域などで窃盗容疑 「数十件やった」と供述(10日)

福島県の警戒区域や津波被災地で車などを盗んだとして、福島、埼玉両県警は、窃盗容疑で男2人と塗装工の少年(19)=東京都八王子市=を逮捕した。捜査関係者によると、一部は「住民が避難していると知り、数十件の盗みをやった」と供述しているという。

 男2人はいずれも住所不定、埼玉県川越市出身の無職、原広樹容疑者(25)=住居侵入の罪で起訴=と、鹿児島県鹿屋市出身の無職、小田泰久容疑者(23)。

 逮捕容疑は、原容疑者と少年は共謀し昨年3月12日~4月16日、警戒区域の福島県富岡町の住宅敷地に止めてあった乗用車1台を盗んだとしている。

 小田容疑者は昨年4月11日~同12日ごろ、津波被害に遭った同県いわき市の住宅に侵入し、指輪6個(計約150万円相当)と現金2万円を盗んだ疑い。

 被害品はリサイクルショップで換金されたとみられ、調べに「パチンコ代などに充てた」と話しているという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120210/crm12021021130019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)

首都圏強盗事件続発

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Kyoppi_photo61

本日の1枚の写真は、京都府警のキャラクターマスコット「キョッピー」です。京都府の鳥「オオミズナギドリ」に制服を着せたもので、キョッピーという名は、京都の「京」と、警察の「Police」、府民の「People」、そして平和の「Peace」の「P」をくっつけたものだそうです。

2006_0810_004208nisho

 首都圏で強盗事件が相次いでいる。10日午前1時40分ごろ、神奈川県三浦市南下浦町のコンビニに男が押し入り、男性店長に刃物を突き付けて現金を奪った後、駐車場で男は店長と店員ともみ合いになった。この際、店長は首と腹を刺され意識不明の重体。

 また同日午前5時35分ごろには、東京都狛江市西野川のコンビニに男が押し入り、アルバイト店員に刃物を突きつけ現金約5万円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。

 先月30日には千葉県松戸市のファミリーマートに男が押し入り、男性店員に刃物を突き付け現金約7万円を奪って逃げた。さらに29日には東京都大田区のコンビニに男が押し入り店員に包丁のようなものを突きつけて脅迫。現金約5万円を奪って逃走するなど、コンビニなどが狙われる強盗事件が相次いでおり、警戒が必要だ。制服姿のガードマンを配置するだけてだいぶ違いますよ。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

“わいせつ写真”ばらまき事件相次ぐ (10日)

東京・江戸川区で、わいせつな写真が幼稚園や小学校の入り口にばらまかれたり、子ども用の自転車に貼り付けられたりする事件が去年の夏ごろからおよそ100件相次いでいることが警視庁への取材でわかりました。

 幼稚園にばらまかれたわいせつな写真。写真にはひわいな文章が添えられています。警視庁によりますと東京・江戸川区では去年の夏ごろからわいせつな写真が幼稚園や小学校の入り口にばらまかれたり、子ども用の自転車に貼り付けられたりする事件が100件以上相次いでいることがわかりました。

 「こちらの幼稚園では、きのうも同様の事件がありました。防犯カメラには不審な男が映っていました」(記者)

 9日、わいせつな写真が貼り付けられた幼稚園では、防犯カメラに原付きバイクに乗って幼稚園に近づき、その後、立ち去る、不審な人物の姿が映っていました。

 警視庁は、一連の事件は同一犯の可能性が高く、猥せつ物頒布等の疑いもあるとみて犯人の割り出しを急いでいます

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4949402.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京女子医大の医師の女ら、交通事故後の通院日数を200日以上水増しし保険金請求 逮捕(10日)

東京女子医大の医師の女らが、交通事故に遭ったあと、通院日数を200日以上水増しして保険金を請求し、およそ400万円をだまし取った疑いで逮捕された。
詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京女子医大の医師・石井 まどか容疑者(32)と、石井容疑者の叔父で、接骨院を経営していた小林一道容疑者(57)ら3人。
石井容疑者は2009年、東京・練馬区で交通事故に遭ったあと、小林容疑者の接骨院に通院していないにもかかわらず、229日間通ったと、うそをつき、保険会社に不正に保険金を請求し、あわせて390万円をだまし取った疑いが持たれている。
石井容疑者は、「認識の甘さから、叔父さんの言う通りにした」と供述しているという。
石井容疑者が勤務する東京女子医大は、「教育・診療ともに、大変真面目に行っていた医師でしたので、このような報道を聞いて、大変驚いています」とコメントしている。
Logo4

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217013.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・狛江でコンビニ強盗 5万円奪って逃走(10日)

10日午前5時35分ごろ、東京都狛江市西野川のコンビニエンスストア「ファミリーマートサンズ狛江西野川店」に男が押し入り、アルバイト店員の男性(24)に刃物を突きつけ、「カネを出せ」と脅迫。店員がレジから差し出した現金約5万円を奪って逃げた。男性にけがはなく、店内に客はいなかった。警視庁調布署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は年齢20歳くらいで、身長約170センチ。中肉で、黒色のニット帽と灰色っぽい上下を着ていたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120210/crm12021009300002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、刺された経営者重体 神奈川・三浦(10日)

10日午前1時40分ごろ、神奈川県三浦市南下浦町上宮田のコンビニエンスストア「サンクス三浦海岸店」から、「強盗が入って店長がけがをした」と110番通報があった。

 神奈川県警三崎署によると、20代ぐらいの男がレジにいた経営者の野本哲平さん(33)に刃物をつきつけて「金を出せ」と脅した。野本さんは現金を渡したが出口付近で取り押さえようとしてもみあいになり、首や腹3カ所を刺され重体。一緒に取り押さえようとした男性アルバイト店員にはけがはなかった。

 男は170センチくらいでやせ形、赤いパーカの上に緑のシャツ、白っぽい作業ズボンとスニーカー姿。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋の住宅、ビニール袋から女性遺体 (10日)

名古屋の住宅でビニール袋に入った女性の遺体が見つかりました。

 遺体が見つかったのは名古屋市西区の住宅で、9日昼前、安否確認の要請を受けた警察官が室内を調べたところ、2階でビニール袋に入った60歳から90歳くらいの女性の遺体を発見。

 さらに3階で、ここに住む44歳の男性が両手首から血を流して倒れていました。男性は、「遺体は自分の母親で、去年5月頃に死亡していた」と話しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4948583.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗:金庫室の5100万円盗む…容疑の元日通社員を逮捕(10日)

岐阜市橋本町の日本通運岐阜警送支店の金庫から昨年12月、現金約5100万円を盗んだとして、岐阜県警は9日、同市菅生、元同支店警送課隊長、松野博幸容疑者(52)を窃盗容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月3日午後6時半ごろから4日午前8時ごろまでの間に、同支店金庫室から現金約5100万円を盗んだとしている。

 県警岐阜中署や同支店によると、松野容疑者は91年から昨年3月まで同支店に勤務していた。警送課は企業などの売上金などを回収して輸送する部署で、統括する立場だった。

 金庫室までの複数のセキュリティーロックが壊されずに解除され、職員や退職者などの事情聴取で、松野容疑者が浮上した。松野容疑者は容疑を認め、現金の大半は本人名義の貸し倉庫にあった。同署は9日、警備業法に基づき同支店に立ち入り調査をした。

 日本通運では今年1月26日、集金業務中に現金160万円を盗んだとして同社警備員が愛知県警に窃盗容疑で逮捕されている。08年には札幌警送支店の現金輸送車から元契約社員の男2人が現金約1億1500万円を盗む事件が発生している。【三上剛輝、梶原遊】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120210k0000m040082000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車で何度もひき殺害、42歳の男再逮捕(10日)

千葉県警は9日、知人男性を車で何度もひいて殺害したとして、同県八街市砂、自動車解体業秋本清一被告(42)(死体遺棄罪などで起訴)を殺人容疑で再逮捕した。

知人女性についても、秋本被告の供述通り千葉市内の山林から遺体で見つかっており、県警は今後、女性が死亡した経緯についても調べる。

 発表によると、秋本被告は昨年6月、八街市四木の路上で、知人の同所、建設作業員桑山明紀範さん(当時21歳)を乗用車で複数回ひいて殺害した疑い。桑山さんは胸や腹部などに複数のタイヤ痕があり、県警の鑑定の結果、秋本被告の乗用車のものと一致した。

 捜査関係者によると、秋本被告は、桑山さんの父親と無線仲間。秋本被告は、桑山さんを故意に車でひいたことは認めているが、殺意を否定しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犬13匹乗せ盗難の車、無事発見…犬は元気(10日)

神戸市中央区で8日夕、「神戸ロイヤルグルーミング学院」のワゴン車が盗まれ、車内の小型犬13匹が行方不明になった事件で、兵庫県警生田署は9日夜、約20キロ北にある同市北区の大型商業施設駐車場で、ワゴン車が見つかったと発表した。

犬は13匹とも車内にいて、体調は良好という。

 発表によると、同日午後8時15分頃、買い物客の夫婦が駐車場に止まっていたワゴン車から犬の鳴き声がするのに気付いた。夫婦は報道で事件を知っており、同学院に連絡。通報を受けて駆け付けた同署員が犬を保護した。同署は犯人が車を乗り捨てたとみて、窃盗容疑で捜査している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

育児放棄の疑いで両親逮捕 生後2カ月、搬送後に死亡(10日)

広島県東広島市で昨秋、病院に搬送され、その後死亡した生後2カ月の男児が育児放棄でけがを負っていたとして、広島県警は9日、両親の無職、西原奈奈(30)と康太(26)の両容疑者=東広島市西条町御薗宇=を保護責任者遺棄致傷の疑いで逮捕し、発表した。2人は「やることはやった」と否認しているという。

 県警によると、2人は昨年9月~10月末、自宅のマンションで着替えやおむつの交換をせず、次男の蓮太ちゃんを不衛生な状態で放置し、床ずれから足や腰などに接触性皮膚炎による約1カ月の傷害を負わせた疑いがある。

 昨年11月1日午前0時ごろ、東広島医療センターから県警東広島署に「虐待された可能性のある男児が運ばれてきて、死亡した」と通報があった。市内に住む両親が「子どもの顔色が悪い」と運んできたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待通報放置し傷害事件に、岸和田で2件相次ぐ(10日)

大阪府岸和田市で介護中の高齢の母親を殴り、けがをさせたとして息子が傷害容疑で逮捕される事件が2件相次ぎ、いずれも市が事前に虐待の通報を受けていたことが9日、市などへの取材で分かった。

 高齢者虐待防止法は「通報を受けた市町村は、速やかに高齢者の安全を確認しなければならない」と定めているが、市が通報を放置している間に傷害事件に発展しており、対応が問題視されそうだ。

 府警岸和田署や市によると、同市土生町で7日未明、母親(87)を介護していた同居の長男(53)が母親の頭を踏みつけるなどし、重傷を負わせたとして同日、逮捕された。

 母親は認知症で、長男は「言うことを聞かなかったのでやった」などと供述しているという。

 

続きを読む "虐待通報放置し傷害事件に、岸和田で2件相次ぐ(10日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

増加する高齢者虐待 加害者の半数近くは息子(10日)

厚生労働省によると、平成22年度に起きた65歳以上の高齢者への虐待件数は1万6764件で、18年度の調査開始以来、4年連続で増加している。家庭内での虐待が1万6668件と大半を占め、死亡につながったケースもあった。専門家は「最悪の事態を防ぐため、できるだけ早期に対応することが必要だ」と指摘している。

 家庭内の虐待では、被害者の約77%が女性。年齢別では約42%が80代で、被害者の半数近くが認知症だったという。虐待を加えたのは今回の岸和田の2事件と同様に、被害者の息子が約43%と最も多かった。

 高齢者虐待防止法は、市町村が家庭に立ち入り調査ができると定めており、22年度には267件の立ち入り調査があった。このうち警察官が同行したり、警察に援助要請したケースも168件に上った。

 一方で高齢者が死亡するケースは後を絶たず、18年度以降、毎年20~30人程度が身体的虐待や介護の放棄などで亡くなっている。

 虐待された高齢者を一時保護する活動などに取り組むNPO法人「地域密着型相談センターとまり木」(奈良市)の山村悦子理事長は「高齢者は身体的に弱いので、地域で見守り、虐待の兆候を早期に発見する環境づくりが必要。市町村側も虐待の有無を早めに見極め、適切な措置を取ることが大切だ」としている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120210/crm12021000240000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞丸め「しばき棒」、暴行に使用か 尼崎女性殺害事件(10日)

兵庫県尼崎市の貸倉庫でコンクリート詰めになった同市の無職、大江和子さん(66)の遺体が見つかった事件で、殺人と監禁の疑いで再逮捕された無職、角田美代子容疑者(63)が、新聞紙を筒状に固く丸めたものを「しばき棒」と呼び、大江さんへの暴行に使うよう知人の男らに指示していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 尼崎東署捜査本部は、大江さんが日常的に暴行を受けていたとみている。

 捜査関係者によると、隣のマンションに住む角田容疑者は大江さん宅を訪問したり電話したりするなどして、殴り方など具体的な暴行方法について、知人で大江さんの次女の元夫、川村博之容疑者(42)=殺人容疑などで再逮捕=らに指示していた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020922450026-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月9日 | トップページ | 2012年2月11日 »