« 2012年2月8日 | トップページ | 2012年2月10日 »

2012年2月9日

2012年2月 9日 (木)

偽出会い系サイトを開設、現金1,300万円以上詐取の疑いで男女12人逮捕 余罪1億円以上か(9日)

女性向けの偽出会い系サイトを運営し、紹介手数料などとして、1,300万円以上をだまし取っていたとして、男女12人が逮捕された。これまでに少なくとも、1億円をだまし取ったとみられている。
街の女性は、「女性の気持ちを踏みにじったりとか」、「もう最低だと思います」などと話した。
女心につけ込んだ、だましの手口。
8日、警視庁に逮捕されたKING社員・保坂亮太容疑者(23)。
ほかにも、KINGアルバイト・黒澤祐介容疑者(31)、KINGアルバイト・市川静美容疑者(25)ら男女11人が逮捕された。
その保坂容疑者が運営していたのが、「女性向け偽出会い系サイト」だった。
保坂容疑者らは、出会い系サイトを運営し、紹介手数料などをだまし取っていたとみられている。
問題の女性向け偽出会い系サイト「ドリームメール」の狙いは、40代前後のいわゆる「アラフォー女性」だった。
サイトは、料理のレシピや占いなど、女性が利用しやすいよう作られていた。
しかし、このサイトに登録してる男性はゼロで、社員やアルバイトが男性会員になりすまして、メールのやり取りをしていたという。
「一緒に会えるまで頑張ろう」、「僕は君と交信するために(●万円)買ったよ」、「君も僕と会えるまでポイントを買おう」などと、言葉巧みに女性を誘う偽男性会員。
偽男性会員は、連絡先を教えるから、紹介手数料を支払うよう、女性に迫った。
しかし、実際に会おうとすると、メールが「文字化け」したなどと偽り、連絡を絶っていたという。
今回、被害に遭ったのは、40代から60代の女性4人で、被害総額は1,300万円以上だという。
女心を踏みにじる犯行に、「婚活」中の35歳の女性は「(婚活期間は?)3年半ぐらいですかね。数えきれないくらい活動はしてますね。もうちょっと連絡とれば、うまくいくのかなと。本当に許せない話だなと思いますね」と話した。
結婚相談所によれば、震災以降、特にアラフォー女性の登録件数が増えているという。
「婚活」中の39歳の女性は、「地震のあとは、誰か一緒にいてほしいという気持ちは大きくなりましたので、そんな時にそういう事件は許せないですね」と話した。
警視庁は、保坂容疑者らのグループが、これまでに少なくとも1億円をだまし取ったとみて、余罪を調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00216966.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

雪まつりの像を爆破予告 男を書類送検へ 道警(9日)

札幌市で開催中の「さっぽろ雪まつり」の大雪像を爆破するとインターネットに書き込んだとして、北海道警は9日、威力業務妨害の疑いで、北海道江別市の自称トラック運転手の男(36)を近く書類送検する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男は7日未明、携帯電話からインターネットのニュースサイトに「大雪像に明日夜中に爆弾を仕掛けて爆破するよ」と書き込み、さっぽろ雪まつり実行委員会の運営業務を妨害した疑いが持たれている。爆発物は見つからなかった。

 サイトの運営会社が書き込みを削除し、道警に通報。道警が男の自宅から携帯電話を押収し、任意で事情を聴いた。

Msn_s1_11 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020920490021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ライブチャットの女神、公然わいせつ容疑で逮捕 埼玉県警(9日)

インターネットの動画付きチャット(ライブチャット)で自らの下腹部の映像を配信したとして、埼玉県警サイバー犯罪対策課と上尾署は9日、公然わいせつの疑いで、千葉県松戸市稔台、無職、斎藤美沙容疑者(33)を逮捕した。

 サイバー犯罪対策課の調べでは、斎藤容疑者は昨年7月7日午前9時45分ごろ、ライブチャットを利用し、不特定多数が閲覧できる状態で、自分の下腹部の動画を配信した疑いが持たれている。

 サイバー犯罪対策課によると、斎藤容疑者は「谷山みぃ」という名で配信をしており、「ライブチャットの女神みぃ様」と称されていたという。

 最大で約3000人が斎藤容疑者の動画配信を閲覧していた。一般人からの情報提供で発覚、IPアドレスから、斎藤容疑者が浮上した。

Msn_s1_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020921080022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)

防衛大臣は辞任を!

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Policetitle_011

本日の1枚の写真は、滋賀県警のキャラクターマスコット「けいた君」です。

2006_0810_004208nisho

 日米関係を悪化させるばかりか、日本のインテリジェンスにも無知な防衛大臣は即、辞めて頂きたい。これでは国の防衛にかかわる漏洩を守れないばかりか世界の情報機関の信用を失墜する。

 産経新聞によると、沖縄県宜野湾市長選のメール問題は1月31日の衆院予算委員会で共産党の爆弾質問のはずだったという。

 ところが、委員会で防衛大臣は「委員会に出席する前に事務次官から『こういう質問がある』と聞いていました」と暴露してしまった。

 国会の質問では、前日に事前通告があり、答弁に必要な資料で回答できるような与野党間のルールがあり、通告なしの質問は原則的には信義違反だ。

 しかしそれを逆手にとった「爆弾質問」は時々存在し、政界を揺るがした。爆弾男・楢崎弥之助さんは有名。でも内容事態に爆弾の価値があった。ところが、共産党が狙っていたのはメール問題…爆弾とはいえるかが疑問だが、それが密かに外務省に漏れており爆弾でなくなっていたというから…

 「どうして漏れたのか」-共産党は党内から漏れるはずがないと確証を持っているようだ。なぜだろう。それは詳細は言わなくても理解できると思うが、共産党は現在も公安当局による監視団体?

 それにしてもである。情報は提供する側も受ける側も信頼関係があるから成立する。今回の防衛省のように、いとも簡単に漏れてしまうようでは情報提供はできない。外国情報機関も同じ事を考えるだろう。その諸悪の根元は防衛大臣なのである。一刻も早く辞任しないと、世界中の情報機関の笑いものになる。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム平田容疑者「追跡妨害、指示された」 火炎瓶事件(9日)

1995年3月にオウム真理教施設に火炎瓶が投げつけられた事件で、教団元幹部の平田信(まこと)容疑者(46)=火炎瓶処罰法違反などの疑いで再逮捕=が警視庁の調べに対し、「追いかけてくる者がいたら妨害するよう(教団元幹部の)井上嘉浩死刑囚(42)から言われた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。同庁は、平田容疑者が火炎瓶を投げた実行犯の逃走を手助けする役だったとみている。

 公安部によると、平田容疑者は井上死刑囚らと共謀し同年3月19日夜、東京都杉並区の宗教学者の元自宅マンション玄関前に時限式爆発物を仕掛けて爆破。いったん同区のアジトに戻った後、港区の教団東京総本部ビル(当時)に火炎瓶を投げつけた疑いがある。両事件は捜査を攪乱(かくらん)する狙いがあったと公安部はみている。

 捜査関係者によると、平田容疑者は火炎瓶事件の際、教団ビル近くにいたことを認め、「井上死刑囚に言われた通り現場付近に立っていた」と供述。一方、「井上死刑囚から『青山道場(教団東京総本部)に行こう』と言われて行っただけ」とし、事前の謀議には出ておらず、火炎瓶を投げつけることは知らなかったという趣旨の説明をしているという。

Msn_s1_9 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生が公園で「張り込み捜査」 カバン窃盗容疑の男発見、逮捕(9日)

自転車の前かごからバッグを置引したとして、警視庁田無署は窃盗容疑で、埼玉県新座市西堀、職業不詳、宮田正樹容疑者(40)を逮捕した。被害者の女子中学生(13)が事件後、現場の公園を見張っていたところ、バッグを盗んだ男と特徴が似た宮田容疑者を発見。110番通報した。同署によると、同容疑者は「カネがほしかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、5日午後6時ごろ、東京都東久留米市の公園で、女子中学生の自転車の前かごから、現金約3600円が入ったバッグを盗んだなどとしている。女子中学生は、同級生らと立ち話をしているすきにバッグを盗まれたが、自転車周辺をうろつく赤いジャンパー姿の男を目撃しており、同署に被害を届けた後も、同級生らとともに夕方に公園に張り込み、男を捜していた。

 張り込みから2日目の7日午後5時ごろ、犯人の男と似た赤いジャンパー姿の宮田容疑者を発見。「カバンを盗みましたよね」と声をかけると走って逃げ出したため、110番通報し、駆けつけた署員が取り押さえた。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020914380014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

貨物船沈没で船長2人逮捕 新潟、過失往来危険容疑(9日)

新潟市の新潟東港区で7日にロシア船籍の貨物船とシンガポール船籍のコンテナ船が衝突し貨物船が沈没した事故で、新潟海上保安部は9日、業務上過失往来危険の疑いで、両船の船長を逮捕した。

 逮捕容疑は7日午後4時20分ごろ、新潟港東港区でそれぞれの業務上の過失により、貨物船とコンテナ船を衝突させ、貨物船を沈没させた疑い。

 逮捕されたのはロシア国籍の貨物船船長、ザイカ・アレクサンドル容疑者(50)とポーランド国籍のコンテナ船船長、イグナシー・マレック容疑者(65)。

 第9管区海上保安本部(新潟)によると、港内の岸壁から別の岸壁へ移動の貨物船が、北海道の苫小牧港に向け出港するコンテナ船と衝突した。乗組員17人が救助され、2人が軽傷を負った。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020914410015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災店舗の鉄くず窃盗容疑で業員ら4人書類送検(9日)

東日本大震災で被災した店舗の解体現場から出た鉄くずを盗んだとして、宮城県警亘理署は9日までに、窃盗の疑いで、同県山元町の建設会社の男性社員(43)と20歳、47歳、64歳の解体作業員の男性3人=いずれも山元町=を書類送検した。

 4人の送検容疑は1月13日、解体作業にあたっていた山元町のスーパーの解体現場から鉄くず2710キロ(5万4200円相当)を盗んだ疑い。

 亘理署によると、4人は「遊ぶ金が欲しくて盗んだ」などと容疑を認めている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020916560016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・香取市の路上で倒れていた70歳男性の死亡確認 ひき逃げか(9日)

千葉・香取市の路上で8日、70歳の男性が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。
8日午後5時半ごろ、香取市岩ケ崎台の路上で、男性があおむけの状態で倒れているのを通行人が発見し、警察に通報した。
男性は、近くに住む無職・坂本成司さん(70)で、病院に搬送されたが、頭の骨を折るなどしていて死亡した。
坂本さんの履いていた靴が片方脱げていたことなどから、警察は、ひき逃げされた可能性もあるとみて、くわしく調べている。

Msn_s1_5 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00216940.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人骨は琴音ちゃんと断定 遺棄事件で大分県警(9日)

大分県日出町のスーパー駐車場で昨年9月、女児がいなくなったとされ、母親の供述通り町内の雑木林から人骨が見つかった事件で、県警は9日、DNA鑑定の結果、行方不明になっていた同町川崎の江本琴音ちゃん(当時2)の骨と断定し、発表した。この事件では、母親の江本優子容疑者(35)が、琴音ちゃんの遺体を捨てた死体遺棄容疑で逮捕されている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視が職務情報をフェイスブックに投稿(9日)

インターネット交流サイト「フェイスブック」に、山梨県警幹部の警視(57)が「火事の現場では2人死んでました」などと職務上知った情報を投稿していたことが9日、県警監察課への取材で分かった。

 フェイスブックは実名登録が原則で公開範囲を指定できる。県警は「詳細は調査中だが、誤解のないように指導する」としている。

関連記事

記事本文の続き 監察課によると、警視は今月1日、「火事の現場では2人死んでました。明るくなったら本格的検証です」と投稿。昨年12月28日には「仕事納め式の後、職場の事務室が居酒屋になってしまいました」などと書き込んでいた。

 投稿は勤務時間外だった。火事の内容について、県警は「投稿時、既に警察として発表していた内容」としている。

 フェイスブックは世界最大の会員制交流サイト。2006年に一般に開放され、08年に会員が1億人を突破、11年に8億人を超えた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

姉殺害の疑いで再逮捕 2女性遺棄容疑の23歳無職男(9日)

北海道北斗市の大工、藤林利輝さん(64)宅で妻、幸恵さん(62)と長女、美香さん(31)の遺体が見つかった事件で、函館中央署は9日、美香さんへの殺人容疑で次男で無職、一輝容疑者(23)を再逮捕した。2人の死体遺棄容疑で逮捕していた。

 再逮捕容疑は先月17日朝、2階の居間で口論になった美香さんの背中を刃物で数回刺し、殺害した疑い。

 調べに対し、美香さんの殺害は認め、幸恵さんが死亡した経緯については「(幸恵さんが)口論を止めに入った際、姉が持っていた包丁が刺さった。その後、憎悪から姉を刺した」という内容の供述をしているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020914330012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「パトロールの下見」 女子高生強姦未遂容疑の元巡査が職質に言い逃れ(9日)

女子高校生に乱暴しようとしたとして強姦未遂などの疑いで愛知県警に再逮捕された元豊橋署地域課巡査の森崎港平容疑者(22)=強制わいせつ未遂罪などで起訴=が昨年7月、豊橋市内で同署員に職務質問された際「パトロールの下見だ」などと説明して逃れていたことが9日、県警への取材で分かった。

 県警によると、署員は交番で事情を聴いたが、森崎容疑者が身分を明かして説明したため不審な点はないと判断していた。同容疑者は当時、署の特別警戒隊所属で、住民からの通報や不審者情報を把握して行動していた可能性もあり、県警は対応に問題がなかったか調べている。

 県警によると、豊橋市内で起きたわいせつ事件の現場で森崎容疑者によく似た若い男がたびたび目撃されており、昨年7月、現場近くをうろついていた同容疑者を見た住民が「不審者がいる」と通報していた。同容疑者は勤務後で私服だったという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020914090010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ハーブ、麻薬取締官の捜査権限拡大へ(9日)

健康被害が相次いでいる「脱法ハーブ」について厚生労働省は、現状では取り締まることができない麻薬取締官の権限を広げ、捜査などができるよう薬事法を改正する方針を固めました。

 薬事法で規制している薬物の成分の一部を変えて合法だとして販売されている、いわゆる「脱法ハーブ」をめぐっては、今月6日、名古屋市で男性(24)が暴れ出して死亡するなど健康に異常をきたすケースが相次いでいます。

 このような事態を受け、厚生労働省は現在、麻薬や覚せい剤などの捜査権限しかない麻薬取締官が「脱法ハーブ」の捜査などをできるよう、薬事法を改正し、捜査権限を広げる方針を固めました。

 さらに、薬事法で規制されている68の薬物に極めてよく似た「脱法ハーブ」について、今後、一括で規制できないか、検討しています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4947394.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出会い系サイト詐欺12人逮捕(9日)

出会い系サイトに登録した女性4人に対し、架空の男性になりすましてメールを送り、連絡先を交換するための手数料の名目で1300万円あまりをだまし取ったとしてサイト運営会社の男ら12人が詐欺の疑いで逮捕されました。
警視庁は、このグループが、同様の手口で全国の会員からおよそ1億円を騙し取った疑いがあるとみて調べています。
逮捕されたのは、東京・千代田区のサイト運営会社の社長、嶋川慎也容疑者(27)とこの会社の社員やアルバイトの男女あわせて12人です。
警視庁によりますと、このグループは、去年7月から11月にかけて、運営する出会い系サイトの40代から60代の女性会員4人に対し、架空の男性になりすまして、メールを送り、交際できると信じ込ませた上、連絡先を交換するための手数料の名目であわせて1300万円あまりをだましとったとして詐欺の疑いがもたれています。調べに対し、一部のメンバーは容疑を認め、他のメンバーは否認しているということです。
警視庁によりますとグループは複数の名前の出会い系サイトを運営し、千代田区内の拠点からメールを送り続けていましたが、実際の男性会員は全くいなかったということです。
警視庁は、グループが同じ手口でおよそ1億円をだまし取った疑いがあるとみて捜査しています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005847341.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・江東区マンション殺人放火事件 逮捕の夫婦を殺人などの罪で起訴(9日)

2011年11月、東京・江東区のマンションで女性を殺害し、部屋に火をつけたとして逮捕された夫婦について、東京地検は、殺人などの罪で起訴した。
殺人と放火などの罪で起訴されたのは、浅山克己被告(46)と妻・小夕里(さゆり)被告(42)。
調べによると、2人は2011年11月、江東区のマンションで、大塚達子(みちこ)さん(76)の手足を縛り、炭を燃やして一酸化炭素中毒で殺害、現場の部屋に灯油をまいて火をつけたという。
2人は、大塚さんの長男にストーカー行為をしたことから、大塚さんとトラブルになっていたという。
克己被告は2010年、山形市の住宅で男女2人が死亡した火事についても、放火を認める供述をしていて、警視庁と山形県警が裏づけ捜査を進めている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.htmlLogo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士法違反:無資格で会社登記、行政書士を逮捕(9日)

無資格で会社登記をしたとして、神奈川、千葉両県警と警視庁の合同捜査本部は8日、東京都墨田区京島1の行政書士、伊東秀樹容疑者(52)を司法書士法違反容疑で逮捕した。不正な会社登記が韓国人らの不法滞在に広く使われたとみて調べを進めている。

 逮捕容疑は09年4月~10年4月、法務局への申請ができる司法書士の資格を持たないまま、いずれも韓国人を役員とする7社の設立申請を横浜地方法務局などに提出、登記したとしている。神奈川県警によると、7社はいずれも経営実態がなかった。短期滞在ビザなどで来日した外国人も経営者になれば長期在留資格が得られるため、役員として登記することで不法滞在に利用していたとみられる。

 伊東容疑者には韓国人ブローカーが不法滞在しようとする韓国人を紹介。韓国人らは謝礼50万円程度をブローカーに渡し、伊東容疑者は44万円を受け取っていた。捜査本部は伊東容疑者がブローカーと組み、他にも20社以上の不正な登記に関与したとみている。【松倉佑輔、山田麻未】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120209k0000m040121000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

受注偽り融資金詐取容疑 元社長ら逮捕、40億円未返済(9日)

工事を受注したと偽って三菱東京UFJ銀行などから約2億円をだまし取ったとして、警視庁は8日、破産した不動産開発会社「千代田興産」(旧グローバルエンタープライズ、東京都千代田区)の元社長大石智一容疑者(54)=東京都港区芝浦4丁目=と、妹で元専務薫容疑者(47)=同=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。ともに容疑を否認しているという。

 2人は2006~08年、同行を含む七つの金融機関から約100億円の融資を受けた。うち今回の立件分を含む約40億円が未返済という。同社はリーマン・ショックなどの影響で資金繰りが悪化。09年6月には東京地裁から破産手続きの開始決定を受けており、捜査2課は、100億円の融資金のほとんどは架空の工事受注に基づくもので、会社の運転資金や借金の返済に充てたとみている。

 同課によると、2人は08年8月、広島市のシネマコンプレックスの内装工事を同社に発注したとする都内の総合レジャー会社の注文書などを偽造し、同行などから融資金2億1千万円を詐取した疑いがある。グループ会社の商号を建設会社と分かるような名称に変え、その会社に融資金の一部を振り込むことで、工事を下請けに出したように装っていたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻の顔面に往復ビンタ、DVキャリア官僚逮捕(9日)

妻の顔面に往復ビンタなどの猛攻を加え、けがを負わせたとして、千葉県警千葉西署は7日、傷害の疑いで総務省大臣官房企画課の課長補佐、陶山昇平(すやま・しょうへい)容疑者(33)=千葉市稲毛区=を逮捕した。陶山容疑者は同署の調べに対して、「(往復ビンタなどの)暴力を働いたことは間違いありません」などと容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き ブチギレた総務省のキャリア官僚が、同様にブチギレた妻とほおの張り合い。本来なら犬も食わない夫婦ゲンカが、警察介入の大騒動となってしまった。

 千葉西署などによると、陶山容疑者は公務員試験の中でも最難関といわれる「国家公務員1種」を突破。2003年に総務省へ入省したという。いわゆる「キャリア官僚」として前途洋々の将来が開けていたが、私生活では妻(32)の家事や、子供への教育姿勢に不満を抱いていたようだ。

 逮捕容疑は5日午後10時ごろから約20分間、自宅で妻の髪をつかんで顔面を平手打ちするなどして、全治約1週間のけがを負わせた疑い。

 捜査関係者によると、事件当夜、長男にはがきの書き方を教えていた陶山容疑者が、途中、反抗的な態度を示した長男に激怒。ほおを張った。しかし、これを見ていた妻が憤慨。反撃できない長男に成り代わって、陶山容疑者にビンタを見舞ったことから“開戦”となった。

 子供の眼前で妻に逆襲され、父親としての威厳を完全に失った陶山容疑者は、怒りの矛先を長男から妻にスイッチ。妻の髪の毛をワシづかみにすると“これでもか”というほどの往復ビンタで反撃。さらに太ももを蹴るなどしたという。

 耐えかねた妻はその後、自宅近くの病院で診断を受け、千葉西署に「被害届」を提出。傷害容疑での逮捕となった。

 陶山容疑者は千葉西署の調べに、「女房が(日頃から)家事をきちんとしなかった。子供の教育もしっかりしなかった」などと供述。逮捕されてなおも妻への不満を爆発させているというが、捜査関係者は「教育を言うのなら、子供の目前で暴力を振るうことが、教育的に一番よくないと思うけどね」と呆れた。

 総務省は7日、サンケイスポーツの取材に「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処します」とコメントした。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

誤認逮捕は自白偏重捜査が要因 15年前の女性殺害で容疑の32歳男を起訴 千葉地検(9日)

千葉県流山市で平成9年、会社員、田島由美さん=当時(24)=が殺害された事件で、千葉地検は8日、強盗殺人と強盗強姦などの罪で、無職、橋詰雄介容疑者(32)を起訴する一方、同年6月に殺人容疑で県警に誤認逮捕された田島さんの祖母(故人)と姉夫婦の3人を「嫌疑なし」として改めて不起訴とした。

 県警は当時、祖母の「自白」をもとに姉夫婦とともに逮捕したが、3人は嫌疑不十分で不起訴となっていた。地検は改めて不起訴とした理由を「嫌疑不十分のままでは好ましくないと判断した」と説明した。

 県警が事件を再捜査し、別の事件で服役中だった橋詰被告が容疑者として浮上。DNA型鑑定などを行い、今年1月に強盗殺人容疑で逮捕した。捜査関係者によると県警は、橋詰被告の供述に基づき凶器とみられる包丁を現場から数百メートル離れた排水路で発見し、鑑定を進めている。

◇ 事件をめぐって千葉県警は15年前、被害者の家族3人による犯行と見立てた。調べを進めるうち、疑問を抱かせる証拠が複数出てきたにもかかわらず、捜査方針を修正せず誤認逮捕に至った。“自白”をもとに組み立てたストーリーにとらわれ、抜け出せなかったことが要因だ。

 県警は早くから、被害者の田島由美さんと同居していながら、遺体発見まで1日半以上を要した祖母に疑惑の目を向けた。祖母は任意の事情聴取で犯行を認め、田島さんの姉夫婦との共謀や役割分担も“自白”。3人を逮捕した。

 しかし姉夫婦は一貫して容疑を否認。祖母も起訴間際になって否認に転じた。さらに、姉の夫とは背格好の違う男が、田島さんの口座から現金を引き出す姿が銀行の防犯カメラに写っていることも分かった。

 それでも県警は、防犯カメラの男は「新たな共犯者かもしれない」と解釈するなど誤りを変えなかった。ある捜査関係者は、自白偏重で捜査に甘さがあったことを認めた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020901080001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府警巡査部長を逮捕、警察手帳偽造容疑「金に困ってやった」(9日)

警視庁の警察手帳を偽造し、模造品として販売したとして大阪府警は8日、有印公文書偽造容疑で、府警住之江署地域課の巡査部長、松田久嗣(ひさし)容疑者(53)=大阪市天王寺区東上町=を逮捕した。ほかに同府警など数冊の警察手帳を偽造・販売した疑いがあるといい、府警が捜査している。松田容疑者は「借金の返済に困り、本物そっくりの手帳を偽造した」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成21年11月ごろ、インターネットのオークションで知り合った東京都内の30代男性に持ち掛け、男性の写真を張るなどして警視庁の警察手帳1冊を偽造したとされる。男性の要望で「警視庁」にしたといい、同月、15万円で販売。男性はコレクション用に買ったといい、悪用された形跡はないという。

 府警によると、松田容疑者は、男性の制服姿の合成写真を作り、氏名と「警部補」との階級を記したカード(証票)をパソコンで偽造。「警視庁」などと刻印された金属製記章と革製手帳を「退職者の記念品にする」と偽って知人業者に発注し、警察手帳を偽造していた。証票がホログラム加工されていない以外は、本物に酷似しているという。

 一方、松田容疑者はネットオークションで、貸与された制服のズボンや帽子などを販売していた疑いもあり、府警は業務上横領容疑でも捜査する。

 府警の南野伸一監察室長は「言語道断の行為で厳正に対処する」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020900030000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月8日 | トップページ | 2012年2月10日 »