« 2012年1月31日 | トップページ | 2012年2月2日 »

2012年2月1日

2012年2月 1日 (水)

長崎・女性殺害、千葉県警が遺族に謝罪 (1日)

去年12月、長崎県で男が女性2人を殺害した事件では、事件前に起きていた被害者の娘へのストーカー行為に対する千葉県警の対応が問題となっています。1日、千葉県警の幹部が遺族のもとを訪れ、殺人事件を防ぐことができなかったことを謝罪しました。

 1日午後、長崎県西海市を訪れた千葉県警刑事部の幹部ら3人。遺族十数人にお悔やみと謝罪の意思を伝えたということです。

 この事件は去年12月、筒井郷太容疑者(27)が西海市で山下美都子さんと久江さんを殺害したとされるものです。筒井容疑者は事件前、千葉県に住む山下さんの三女にストーカー行為をしていました。

 「早く捕まえてくれ」(遺族・山下誠さんのコメント)

 遺族の山下誠さんは事件前、娘につきまといや暴力を繰り返していた筒井容疑者を逮捕するよう千葉県警に再三要請していました。なぜ逮捕できなかったのでしょうか・・・山下さんからは千葉県警に質問状が渡されたということです。

 「結果的に2人が命を落とされているので、しっかり守れなかったという意味合いで謝罪を申し上げて参りました。ご遺族からいろんな意見を沢山うけたまわってきました」(千場県警刑事部 杉田義弘 参事官)

 千葉県警では、事件に至るまでの警察の対応について調査し、検証するとしています。(01日18:00)

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4941846.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

主婦らをターゲットにしたアクセサリーの訪問買い取りをめぐるトラブル相次ぐ(1日)

最近、自宅にいる主婦たちをターゲットにしたアクセサリーの買い取りをめぐるトラブルが増えているという。
街の人は、「1人の時に。(いきなり訪ねてきた?)そうですよ。『いらない貴金属類を買います』みたいな」、「うちも来ましたけどね」、「すごく変な感じでしたね。うっかり出られないですね」などと話した。
東京・銀座や巣鴨で聞いてみると、次々に在宅中の同じようなトラブルが挙がった。
突然、家に業者が訪れて、アクセサリーを安く強引に買い取るというものだという。
街の人は「『何でも買い取りに上がります』っていうことだったの。そうしたら、見るだけ見て、横の方に置いたり、いろいろやっていらして、『奥さん、金はないんですか』って」、「『貴金属なんでも結構です』ということで、『その場で換金する』と言っていた。すごく穏やかでしたよ。丁寧な感じの」などと話した。
巧みな話術で家に上がり込む買取業者を名乗る人物。
最終的な狙いは、自宅に眠るアクセサリーだという。
その場で鑑定などを行った業者は、極めて低い買取価格を提示し、その後、強引にアクセサリーを買い取っていくという。
街の人は、「それは、200万円のだったですね。それと金の指輪とで『1万円です』。何回も断ったんですけど、負けちゃいますよね」、「金の指輪を4,500円で(買い取られた)。疲れちゃって。うちに来て、いろんな物を出してね。損したと思っていますよ」などと話した。
「押し売り」ならぬ「押し買い」とも呼ばれる在宅中の主婦を狙った手口。
国民生活センターによると、2008年度には、69件だったこれらのトラブルの相談が、2011年度は、これまでに3,200件余りと、50倍近くに激増している。
背景には、最近の金の高騰があり、安く買い取った業者が高値で換金しているという。
国民生活センターは「女性が8割。年齢で言いますと、50歳代以上の人が6割となっています。商品を返してほしいと思ったけど、書面等がまったくないので、業者と連絡を取る手段がない。中には、家のタンスを勝手に開けられて、『じゃあ、これを買い取っていきます』という」と語った。
こうしたトラブルは、ついには殺人事件にまで発展している。
2011年末、指輪を買い取ろうとした業者の男が、訪問先の家に住む辻 艶子さん(当時68)を殺害する事件が発生した。
男は「買い取りを断られ、奪おうと思った」と供述している。
奥山喜裕容疑者(21)は1日午後、強盗殺人の罪で起訴された。
急増する在宅主婦を狙ったアクセサリーの買い取り。
専門家の紀藤正樹弁護士は「今回のケースというのは、業者が消費者から物を買い取るケースなので、クーリングオフ制度の適用も受けませんし、通常のセールスの範囲内であれば、直接処罰する法律がどこにもありません」と指摘した。
法整備が追いつかず、業者側の行為は、事実上野放しになっているという。
国民生活センターは「(買い取りに)応じる気がなければ、きっぱりと断ってください。(勝手に)家の中に上がり込んでくるような悪質なケースは、警察にも相談してください」と話した。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00216436.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

通信教育費22万円を詐取 3容疑者を再逮捕 愛知県警(1日)

通信教育講座の手続きの終了を装った詐欺事件で、愛知県警は詐欺グループのリーダーで福島県郡山市、無職大森遼容疑者(23)=詐欺罪などで起訴=ら3人を詐欺の疑いで再逮捕した。

 愛知県警安城署によると、ほかに逮捕されたのはいずれも郡山市の無職小林優作(27)=同=、川瀬裕太(24)の両容疑者。3人とも1月31日に再逮捕され、容疑を認めているという。

 3人は昨年11月、「コンサルト」という会社を名乗り、長野県内の会社員男性(51)に電話で「以前受講していた通信教育を終わらせるには42万円の費用が必要。分割払いができます」と偽り、昨年11~12月に計約22万円を振り込ませた疑いがある。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長官銃撃の教団関与確認へ 爆破・火炎瓶事件で再逮捕(1日)

オウム真理教の元信者らが平成7年3月、宗教学者の元自宅マンションの玄関を爆破し、教団総本部に火炎瓶を投げ込んだ両事件に関与したとして、警視庁は31日、爆発物取締罰則違反と火炎瓶処罰法違反の容疑で教団元幹部、平田信被告(46)=逮捕監禁罪で起訴=を再逮捕した。警視庁によると、平田容疑者は爆破事件について「爆発物とは知らなかった」と容疑を否認。火炎瓶事件について「弁護士と相談する」と認否を明らかにしていない。

 警視庁は平田容疑者が警察庁長官銃撃事件について何か知っている可能性があるとみて、平田容疑者からも事情を聴くなどして、改めて「教団の組織的テロ」とした見立ての裏付けも進めるとみられる。

 再逮捕容疑は、教団元幹部の井上嘉浩死刑囚(42)らと共謀し、7年3月19日午後7時25分ごろ、東京都杉並区上井草にあった宗教学者、島田裕巳さん(58)の元自宅マンション1階の出入り口に時限式発火装置を仕掛けて爆破。同日午後8時45分ごろには、港区南青山にあった当時の教団総本部に火炎瓶を投げ込んだとしている。

 

続きを読む "長官銃撃の教団関与確認へ 爆破・火炎瓶事件で再逮捕(1日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)

家庭の崩壊

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Ryupibig1

本日の写真1枚は福井県警のキャラクターマスコット「リュウピー君」。県内を流れる頭竜川の「竜」と福井県が恐竜化石発見の地にちなんで 「リュウ(竜)」、これに人々の「ピープル」のP、ポリスの Pの頭文字を取り入れて「リュウピー君」と名付けたという。

2006_0810_004208nisho

 昨年から始めた「家族に起因する事件」のカテゴリーだが、もう1月だけで26件の事件が掲載されている。

 なかでもひどいのは大阪府東大阪市で小学6年生の長女を包丁で刺し殺したとして30日に逮捕された母親が昨年12月にも、中学2年生の長男にも包丁を突きつけていたことが分かった。しかも、その時、児童相談所が連絡を受けて調査しているのだが、母親は否定、長男からも具体的な話が聞けなかったので危険がないと判断した。

 福島県棚倉町の5歳の男児が劇薬混入の目薬を約8カ月にわたって差され、大けがをした事件では、この事件でも子供の泣き叫ぶ声を聞いた近所の住民からの通報を受け、警察署員が男児宅を訪問していたにも係わらず虐待を見逃している。

 「素人集団」と思うほどプロ意識がかけている。何を遠慮しているんだね。ガキの使いではありませんぞ。

 それにしても、家族に起因する事件だが、このほかにも宮城県では66歳の妻の頭をバールで殴った上、腹や腹をハサミで刺した71歳の夫が逮捕されている。

 30日には東京都杉並区の住宅で次男が45歳の長男と42歳の三男を刺して自殺する事件が発生した。

 26件の内容を見ると、やはり家庭の崩壊としか思えない事件ばかりだ。家庭とは何か?を、真剣に考えてみる必要がある。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「のこぎり」男、タクシー強盗と同一人物(1日)

兵庫県の別荘地で警察官にのこぎりを振り回すなどして逮捕されたアメリカ人の男が、3日前に京都でタクシーを奪って逃げた男と同一人物だと分かりました。警察は強盗容疑でも逮捕する方針です。

 先月30日、兵庫県上郡町で職務質問した警察官にのこぎりを振り回し、けがをさせたとして、外国人の男が公務執行妨害の疑いで逮捕されました。男は当初、フランス国籍のマクセル・ペニョルと名乗り、裸足で足は凍傷にかかっていたということです。

 その後の調べで、男は29日に京都でタクシーを奪ったとして、京都府警が逮捕状を取っていたアメリカ国籍のジョディ・モンレノー容疑者(28)と判明、警察は強盗容疑でも逮捕する方針です。

 モンレノー容疑者は事件前、宿泊先の京都市下京区のホテルから裸足で出ていく姿が確認されていました。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4941644.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

毒素吸い取り薬投資事件 逮捕の女、自転車操業状態に陥りながらさらに金を集める(1日)

毒素を吸う貼り薬への投資話で69歳の女が逮捕された事件で、女が自転車操業の状態に陥りながら、さらに金を集めていたとみられることがわかった。
大阪市浪速区の無職・田中公子容疑者(69)は、知人の女性に「毒素を吸い取る貼り薬に投資すれば、年2割の配当が受け取れる」などと、うその投資話を持ちかけ、現金100万円をだまし取った疑いが持たれている。
警察の調べによると、田中容疑者は、10年ほど前から出資を募り始め、およそ40人から1億円以上を集めたとみられている。
逮捕前の田中容疑者は、取材に対し、「弁護士に言ってください! 怒りますよ!」と話していた。
被害者は「『この人が貸してと言ってるから、あんた20万(円)、今すぐ出せないか』と、(田中容疑者に)言われたことがあった」と話した。
警察は、田中容疑者が集めた金をほかの配当に回す、自転車操業の状態だったとみている。
田中容疑者は2010年、1億8,000万円の負債を抱え、自己破産している。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.htmlLogo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

関東地方火災相次ぐ:1都3県で6人死亡…空気乾燥続き(1日)

関東地方は空気の乾燥が続き、31日夜から1日未明にかけて各地で火災が相次いだ。東京、千葉、神奈川、山梨の1都3県では4件の火災で計6人が死亡。気象庁によると、乾燥注意報は東京で昨年12月16日から断続的に40日間続いており、同庁などは注意を呼びかけている。

 31日午後8時40分ごろ、千葉県市原市姉崎の無職、牧野道重さん(82)方から出火。木造平屋建て住宅約50平方メートルを全焼し、牧野さんとみられる遺体が見つかった。県警市原署で確認を急いでいる。火は隣家に燃え移り約60平方メートルを半焼、この家に住む男性(59)と女性(55)が軽傷を負った。

 山梨県中央市では31日午後11時40分ごろ、同市西新居のアパート「中込ハイツ」2階の職業不詳、武田照文さん(45)方から出火し、鉄骨2階建ての一室約10平方メートルを全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、県警南甲府署は武田さんと、同居していた内縁女性とみて確認を急いでいる。

 神奈川県平塚市でも1日午前1時55分ごろ、榎木町1の無職、根岸マサ子さん(89)方から出火。木造2階建て住宅を全焼し、1階から2人の遺体が見つかった。県警平塚署は、遺体が根岸さんと長男秀明さん(65)とみて確認を急いでいる。

 東京都調布市では1日午前2時5分ごろ、同市東つつじケ丘3の無職、大塚銀治さん(81)方の木造2階建て住宅から出火。この住宅と近くの店舗など計4棟約200平方メートルを焼いた。大塚さん方から病院に運ばれた男性が間もなく死亡し、警視庁調布署は1人暮らしの大塚さんとみて確認を急いでいる。【斎藤有香、春増翔太、山田麻未】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120201k0000e040175000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性に液体かけた中3少年補導「ほかにも数件」(1日)

北海道警札幌厚別署は31日、札幌市厚別区で帰宅途中の女性に液体をかけたなどとして、同市内の中学3年の少年(15)を公然わいせつと暴行の非行事実で補導したと発表した。

 同区では昨年12月~今年1月に女性が液体をかけられる事件が8件発生。少年は「ほかにも数件やった」と話しており、同署は関連を調べるとともに、液体の鑑定を進めている。

 同区に隣接する江別市でも、昨年5~9月に6件、今年1月に5件、歩行者が液体をかけられる事件が相次いでいるが、少年は「江別市の事件の報道を見てやりたくなった」と話しており、同署は関連が薄いとみている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人未遂容疑の17歳、鑑定留置に 連続切りつけ事件(1日)

 埼玉県三郷市と千葉県松戸市で相次いで子どもが切りつけられた事件で、さいたま地検は1日、殺人未遂容疑などで逮捕された無職少年(17)の鑑定留置を請求し、さいたま簡裁が認めた、と発表した。

 決定は1月31日付で、期間は今月1日~5月7日。鑑定結果を受け、さいたま地検は刑事責任能力の有無を判断する。

 少年は、猫を殺害したり、自宅近くでバイクや垣根に火をつけたりしたとして、逮捕後の1月25日に動物愛護法違反や器物損壊の疑いで追送検された。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「脂肪が蒸発」未承認のやせ薬を販売目的所持容疑 卸会社社長ら逮捕(1日)

未承認のやせ薬を販売するために保管していたとして、警視庁生活環境課は1日、薬事法違反(販売目的貯蔵)の疑いで、東京都品川区東品川の美容健康食品卸会社「リアル」社長、鈴木秀則(42)=同=と同社役員、角田航(35)=同区東大井=の両容疑者ら男3人を逮捕した。同課によると、鈴木容疑者は容疑を否認、ほかの2人は認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、昨年10月13日、静岡県浜松市の倉庫に、医薬品販売業の許可を得ずに、やせ薬と称して6種類170点の薬物を小売業者などに売るために保管していたとしている。

 同課によると、同社は、ネット通販などで未承認のやせ薬などを、小売業者や一般人に販売。顧客に送ったメールには、商品について、「のめば20分後に脂肪1キロが蒸発する」「体脂肪をためることに拒否反応を示すようになる」などと医学的根拠のない効能を示していた。

 同課によると、同社は平成21年10月からの約1年間で、約600万円を売り上げていたという。販売した薬物については現在、健康被害は確認されていない。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

連続放火殺人の疑いか 警視庁と山形県警が合同捜査本部 (1日)

東京都江東区で女性を殺害、放火したとして男らが逮捕された事件で、山形市内で2人が焼死した火災についても男が関与を供述したことを受け、警視庁と山形県警は1日、連続放火殺人事件の疑いがあるとみて、合同捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、江東区の事件などをめぐり逮捕・起訴された浅山克己被告(46)は、平成22年10月、山形市で山家武義さん=当時(71)=と妻、和子さん=同(69)=が焼死した住宅火災をめぐり、「1人で山形に行って火をつけた」と供述している。

 浅山被告はかつて、名古屋市内の自宅で山家さんの40代の長男と同居。その後に別居したが、山家さん宅まで押しかけ長男を連れ戻すなど、トラブルが相次いでいたという。

 浅山被告は昨年11月、妻とともに、東京都江東区の大塚達子さん=当時(76)=を殺害、自宅マンションに放火して全焼させた疑いで逮捕されているほか、大塚さんの長男にもつきまといを繰り返すなどしたとして、ストーカー規制法違反罪などで起訴されている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120201/crm12020113430007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

そごう八王子店で偽札か 閉店セール中 警視庁が捜査(1日)

1月31日に閉店したデパート「そごう八王子店」(東京都八王子市)で、偽札とみられる1万円札2枚が見つかっていたことが1日、警視庁八王子署への取材で分かった。同市内ではほかにも偽札とみられる1万円札の届け出が複数あり、同署は鑑定に出すとともに、偽造通貨行使の疑いで捜査している。

 同署によると、同店の閉店セール期間中の1月24日、地下1階の食品売り場で、店員が売上金の中から両替機で使用できない1万円札2枚を発見。大きさが通常のものよりやや小さく、すかしもなかったため「偽札ではないか」と届け出た。

 八王子市内では1月19日以降、たばこ店やすし店などで同様の特徴がある偽の1万円札数枚が見つかっているといい、同署は関連を調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120201/crm12020112520005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックにはねられパトロール中の35歳警察官重傷(1日)

茨城県の国道で31日夕方、パトロール中の男性警察官がトラックにはねられ、重傷を負いました。

 午後5時ごろ、潮来市の国道で、「警察官がトラックに衝突する事故があった」と通行人の男性から119番通報がありました。消防が駆けつけたところ、行方警察署の地域課巡査部長・染谷均さん(35)が倒れていて、病院へ搬送されました。染谷さんは胸を強く打つなどして重傷です。警察によりますと、染谷さんはバイクでパトロール中で、空き地から国道に飛び出した際、走行中のトラックにはねられたものとみられます。トラックを運転していた男性(29)は「警察官が急に飛び出してきた」と話していて、警察が事故の原因を詳しく調べています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐喝容疑:手話使って現金脅し取る 聴覚障害の3人逮捕(1日)

聴覚障害者から手話を使って現金を脅し取ったとして、愛知県警は31日、愛知県知立市、会社員、横井健太(33)、住所不定、無職、田中隆雄(30)の両被告=詐欺罪などで起訴=と、同県安城市、同、高田英寛容疑者(34)を恐喝の疑いで逮捕した。県警によると、3人とも聴覚障害者で、高田容疑者以外は容疑を認めている。

 容疑は共謀して09年12月、聴覚障害を持つ同県西尾市の女性会社員(25)に手話で、田中容疑者が心臓病になり入院費が必要とうそを言って金を要求。女性が応じないため、「田中が病気で死んでもいいのか」「このままでは(お前は)家に帰れない」と30万円を脅し取ったとしている。

 横井、田中両容疑者は11年11月~今年1月、警察官をかたって同県豊田市の40代の女性聴覚障害者から金融機関のキャッシュカードをだまし取り、現金計35万円を引き出したとして逮捕・起訴されている。【稲垣衆史】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120201k0000m040075000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「貼り薬」で投資話、詐欺容疑で69歳女を逮捕(1日)

 健康貼り薬への架空の投資話を持ちかけ、金をだまし取ったとして、大阪府警箕面署は31日、大阪市浪速区の元健康食品会社代表・田中公子容疑者(69)を詐欺容疑で逮捕した。

 「金は預かったが、だまし取るつもりはなかった」と容疑を否認しているという。同署は、府内の数十人が計1億円以上の被害相談を府警に寄せているとしており、余罪を調べる。

 発表では、田中容疑者は2009年3月、同府枚方市の知人女性(64)に「知り合いの男性が役所関係に薬を卸している。金を預ければ、1年間で約2割の利子が付いて戻ってくる」などと言い、約100万円を詐取した疑い。金は自分名義の銀行口座に振り込ませており、女性には「男性とは今は一切連絡が取れない」と話していたという。

 田中容疑者は約10年前から、体の毒素を吸い取る貼り薬の販売ビジネスに投資すれば、高配当があると知人らに持ちかけ、数億円を集めていたとされる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

介護していた父親、死なせた容疑 息子を逮捕 群馬(1日)

介護していた父に暴力をふるって死なせたとして、群馬県警は1月31日、高崎市竜見町、無職倉林亮二容疑者(38)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。

 県警によると、倉林容疑者は1月29日昼ごろ、自宅で介護していた父の秀次さん(76)の腹を殴ったり踏みつけたりして死なさせた疑いがある。

 倉林容疑者は容疑を認め、反抗的な態度に腹が立ったと話しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「FXで高配当」山梨の男性から525万円を詐取容疑 4人を逮捕(1日)

神奈川、静岡、埼玉の3県警は31日までに、外国為替証拠金取引(FX)で高配当を得られるとうそをつき、525万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで東京都江東区平野、無職、亀山克徳容疑者(43)を逮捕、男3人=詐欺罪などで起訴=を再逮捕した。

 4人の逮捕容疑は、平成20~21年、山梨県南アルプス市の男性会社員(63)に「投資組合で運用すれば必ず配当が得られる」などとうそをつき、手数料名目で525万円をだまし取ったとしている。

 神奈川県警によると、亀山容疑者は「実際に運用するためだった」と容疑を否認している。

 同県警は4人らの投資組合が20~23年に、9都県の約200人から計約7億5千万円をだまし取ったとみている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120131/crm12013117420011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本船舶の海賊被害11件 東南アジア周辺が大半(1日)

平成23年に日本の海運会社が運航する船舶が海賊に襲われた事件は、前年より4件少ない11件だったことが31日、国土交通省のまとめで分かった。

 国交省によると、うち東南アジア周辺では計9件。停泊中に係留ロープなどが盗まれる窃盗事件が相次いだ。

 インド洋と紅海で計2件あり、いずれもソマリア海賊とみている。昨年3月、オマーン沖で商船三井運航のタンカーが海賊に乗り込まれた。9月には紅海で、東京マリン運航のケミカルタンカーがロケットランチャーで襲撃されるなど、凶悪化している。

 国際海事局(IMB)が既に公表済みのデータでは、昨年の世界全体の海賊被害は前年よりも6件少ない439件で、うちソマリア海賊の被害は237件(前年比18件増)だった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120131/crm12013118380014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月31日 | トップページ | 2012年2月2日 »