« 水源ビジネス事件のリーダー格の男を再逮捕 詐欺容疑で大阪府警など(5日) | トップページ | 神奈川県警が自転車走行初実験(5日) »

2012年1月 5日 (木)

被災郵便局の非常払い制度悪用、40万円詐取(5日)

埼玉県警は5日、東日本大震災で被災した郵便局の非常払い制度を悪用して現金をだまし取ったとして、川崎市高津区新作、会社員宮崎賢史被告(27)(別の詐欺罪で起訴)ら男4人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。

 発表などによると、他に逮捕されたのは、住居不定、無職早津克至(24)と新潟県妙高市学校町、会社員吉越岳(26)両被告(いずれも詐欺罪などで公判中)と東京都新宿区上落合、自営業鶴身浩司容疑者(41)。

 同制度は、オンラインサービス機能を失い貯金残高照会ができない郵便局で、20万円を上限に貯金を払い戻すことができる仕組み。4人は昨年3月29日、岩手県大船渡市の郵便局窓口で、早津被告と鶴身容疑者の口座残高がそれぞれ20万円以上だとうその説明をし、本人確認用として両被告のキャッシュカードや保険証を身分証明書として示した上、40万円をだまし取った疑い。

 

« 水源ビジネス事件のリーダー格の男を再逮捕 詐欺容疑で大阪府警など(5日) | トップページ | 神奈川県警が自転車走行初実験(5日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53664529

この記事へのトラックバック一覧です: 被災郵便局の非常払い制度悪用、40万円詐取(5日):

« 水源ビジネス事件のリーダー格の男を再逮捕 詐欺容疑で大阪府警など(5日) | トップページ | 神奈川県警が自転車走行初実験(5日) »