« 東京・昭島市のアパートで男性がベッドで全身を刺され死亡 陰部が切り取られる(16日) | トップページ | 昭島市で男性死亡 殺人で捜査(16日) »

2012年1月16日 (月)

乳児虐待:傷害容疑で38歳父を逮捕(16日)

自宅で生後2カ月の次女を揺さぶって寝たきりにさせたとして、警視庁捜査1課は16日、東京都八王子市小比企町、会社役員、吉村元実(もとみ)容疑者(38)を傷害容疑で逮捕した。吉村容疑者は「ミルクを思うように飲んでくれなかった。泣きやまなかったので揺さぶった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、10年12月27日深夜から28日午前にかけて、自宅2階寝室で、次女(1)の頭を何度も激しく揺さぶるなどの暴行を加え、全治不明の重傷を負わせたとしている。同日、自宅を訪問した児童相談所の保健師が、ぐったりしている次女を発見し、病院に運んだ。

 捜査1課によると、吉村容疑者は事件当時、次女と2人きりだった。寝不足だった妻(33)の代わりに面倒を見ていたという。次女は、「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の可能性が高く、現在も入院中。寝たきり状態で、目は開けるが、笑うことはないという。

 吉村容疑者は現在、妻のほか、長女(3)と母親(66)、事件後に生まれた長男(0)との5人暮らし。

 乳児は頭蓋骨(ずがいこつ)と脳の間の空間が広いため、激しく揺さぶられると、脳が損傷を受けやすい。【内橋寿明、小泉大士、喜浦遊】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120116k0000e040122000c.html

 

« 東京・昭島市のアパートで男性がベッドで全身を刺され死亡 陰部が切り取られる(16日) | トップページ | 昭島市で男性死亡 殺人で捜査(16日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳児虐待:傷害容疑で38歳父を逮捕(16日):

« 東京・昭島市のアパートで男性がベッドで全身を刺され死亡 陰部が切り取られる(16日) | トップページ | 昭島市で男性死亡 殺人で捜査(16日) »