« 信号無視でパトカー追跡 信号機に衝突し男性死亡(15日) | トップページ | 政治活動中の男女殴られる 京都市長選に立候補表明の陣営(16日) »

2012年1月16日 (月)

相次ぐ大人の“逆上型”犯罪 ストレス、希薄な人間関係が背景か(16日)

些細(ささい)なことから怒りを爆発させ、他人に暴行を加えるなどする大人による“逆上型”の犯罪。逆上の根底にストレス社会や、希薄な人間関係の存在を指摘する声がある。

 逆上型事件の一因に、精神科医の影山任佐・東工大教授(犯罪精神病理学)は「日常のストレス」を挙げる。「注意されただけで犯罪を行うとは考えにくい。仕事、家庭などのストレスをため込んでいたところで引き金となり、爆発したのではないか」と推測する。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳さんも「不況の中で、ストレスやイライラがガスのように社会全体に充満している」と指摘する。

 こうした状況に加え、「核家族化などで人間関係が希薄になり、叱られ慣れていない人が増えていることが逆上型事件につながっている」ともみる。そのうえで田中さんは、「非がある人を注意する際には自分が被害者になることを防ぐため、強い口調にならないなど冷静な行動が必要だ」と話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120115/crm12011523010017-n1.htm

 

« 信号無視でパトカー追跡 信号機に衝突し男性死亡(15日) | トップページ | 政治活動中の男女殴られる 京都市長選に立候補表明の陣営(16日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ大人の“逆上型”犯罪 ストレス、希薄な人間関係が背景か(16日):

« 信号無視でパトカー追跡 信号機に衝突し男性死亡(15日) | トップページ | 政治活動中の男女殴られる 京都市長選に立候補表明の陣営(16日) »