« 警官がアダルトサイト開設 750万円広告収入(27日) | トップページ | 盗撮・麻薬・万引き…県警と教委、やまぬ不祥事(27日) »

2012年1月27日 (金)

偽名保険証の波紋…斎藤容疑者、正規の手続きで入手(27日)

オウム真理教幹部、平田信(まこと)容疑者(46)をかくまったとして犯人蔵匿(ぞうとく)容疑で逮捕された元信者、斎藤明美容疑者(49)が、偽名の健康保険証を入手していたことが波紋を広げている。斎藤容疑者は偽造ではなく、正規の手続きを経て取得しており、携帯電話の購入などに使われていたことも判明。保険証は身分証明にも利用されるが、加入団体は「偽名かどうかは申請時に勤務先で精査してもらうしかない」としており、専門家は「保険証への信頼性が損なわれる」と問題視している。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者らによると、保険証は勤務先の整骨院(大阪府東大阪市)を運営する有限会社が申請し、社会保険事務所(現・全国健康保険協会)が平成12年に発行。「吉川祥子」という斎藤容疑者の偽名が使われていた。

 斎藤容疑者が加入していた健康保険は「協会けんぽ」と呼ばれ、主な加入者は中小企業の従業員や家族。加入手続きは、申請者の勤務先から提出される「資格取得届」に基づいて行われる。

 ただ、資格取得届に必要なのは氏名や住所、生年月日などの簡単な個人情報で、住民票や戸籍謄本など個人を特定できる書類の添付は必要ない。現在は記載が義務づけられている基礎年金番号も、斉藤容疑者が申請した12年当時は省略が可能だった。

 斎藤容疑者が勤務していた整骨院の男性院長は「(保険証は)正式な手続きを経て、会社として申請した。おかしなことはやっていないし、身分証の確認なども必要なかった」と釈明。全国健康保険協会大阪支部も、当時は偽名で保険証を入手することが可能だったことを認め、「元看護師だった斎藤容疑者が保険証制度を熟知していた可能性がある」と推察する。

 斉藤容疑者は、この保険証を携帯電話の契約や銀行口座の開設に利用。保険証を使い、自宅近くの病院にも通っていたという。

 これに対し、府内のある社会保険労務士は「保険証は公的な身分証明書として認められており、今回のケースは保険証への信頼の根幹を揺るがす大問題だ」と指摘。「斎藤容疑者が保険証を使って通院していれば、偽名の人物に医療費が支払われていたことになる」とも話す。

 同協会によると、協会けんぽには現在、全国で約3500万人が加入しているが、同協会は「不正がないかを調べるとなれば、膨大な人員やコストがかかる。基本的には、勤務先の情報に基づいて保険証を発行しており、勤務先が申請する段階で人物を精査してほしい」としている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警官がアダルトサイト開設 750万円広告収入(27日) | トップページ | 盗撮・麻薬・万引き…県警と教委、やまぬ不祥事(27日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53837479

この記事へのトラックバック一覧です: 偽名保険証の波紋…斎藤容疑者、正規の手続きで入手(27日):

« 警官がアダルトサイト開設 750万円広告収入(27日) | トップページ | 盗撮・麻薬・万引き…県警と教委、やまぬ不祥事(27日) »