« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 脱走事件、監視体制を検証…法務省がチーム設置(12日) »

2012年1月12日 (木)

なでしこの架空イベントで参加費要求する案内書(12日)

日本サッカー協会は12日、日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバーが参加する架空のイベントを、参加費11万円で勧誘する案内が出回っていることを明らかにした。

 福岡県警博多署も同日、詐欺未遂事件として捜査していることを発表。日本協会も、管轄の警視庁本富士署に通報した上で、「引っかからないようにしてほしい」と注意を呼び掛けている。

 この案内書では、全国9会場で120人ずつを募集。佐々木則夫監督と選手が参加する「写真撮影会とティーパーティー」との触れ込みで、撮影は著名な写真家が担当するとしている。直筆のサイン入りボールや色紙もプレゼントされるとし、一人11万円の参加費を、静岡市内の住所に現金書留で送るよう求めている。案内書は全国の広域にわたり、少年団や女子チームに送られているとみられる。

 日本協会の田嶋幸三副会長兼専務理事は「協会は全く無関係で、なでしこ関係者も一切聞いていないイベント。詐欺まがいだ」と話している。

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 脱走事件、監視体制を検証…法務省がチーム設置(12日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53721442

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこの架空イベントで参加費要求する案内書(12日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 脱走事件、監視体制を検証…法務省がチーム設置(12日) »