« 昨年の捜査本部事件は54件 過去最少 警察庁まとめ(26日) | トップページ | 男2人組の刃物強盗、6万円入り財布奪い逃走(26日) »

2012年1月26日 (木)

昨年の懲戒処分は367人 高止まり傾向 警察庁まとめ(26日)

警察庁は26日、平成23年中の全国警察の懲戒処分者数を発表した。処分者は前年比18人減の367人。内訳は、免職45人▽停職83人▽減給123人▽戒告116人。行為責任は347人で、このうち業務上は106人、私行上は241人。監督責任は20人だった。

 懲戒処分者は、神奈川や新潟の両県警をはじめとした一連の警察不祥事を受けて警察改革要綱が策定された12年(546人)から減少傾向にあり、21年には242人と半分以下にまで減った。しかし、22年には前年より6割近くも増えて385人となり、23年もほぼ同数で高止まっている。

 また、行為責任の年齢別では30歳未満が前年より20人増えて97人と最多。これに50代の94人、30代と40代の78人が続いている。

 警察庁の幹部はこうした傾向について、「20代の警察官の大半は警察改革以降に入ってきており、意識の面で心配がある。全体的に高止まりとなっている背景にも意識の緩みが生じていないかとの危惧がある」と話す。そのため、警察庁では24年度の第1四半期に全国の警察本部を対象に行う監察で、警察改革の精神を踏まえた不祥事対策の推進状況を検証するという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012610430002-n1.htm

 

懲戒処分の理由別では、窃盗詐欺横領等が78人で最多。これに、飲酒上信用失墜・異性関係59人▽交通事故違反53人▽特別法犯等52人▽職務不適切31人▽勤務規律違反等26人-が続く。都道府県警別では、警視庁が44人と最多。これに、北海道31人▽岐阜23人▽大阪21人▽兵庫18人▽神奈川17人-が続いた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012610430002-n2.htm

 

« 昨年の捜査本部事件は54件 過去最少 警察庁まとめ(26日) | トップページ | 男2人組の刃物強盗、6万円入り財布奪い逃走(26日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の懲戒処分は367人 高止まり傾向 警察庁まとめ(26日):

« 昨年の捜査本部事件は54件 過去最少 警察庁まとめ(26日) | トップページ | 男2人組の刃物強盗、6万円入り財布奪い逃走(26日) »