« 48歳無職長男の首締め死亡 74歳男を逮捕 埼玉県警(24日) | トップページ | 白バイから逃走中、女性はねる 無免許容疑で少年逮捕(24日) »

2012年1月24日 (火)

内職斡旋、占い装い…出会い系の手口巧妙化(24日)

出会い系サイトの勧誘方法が巧妙化している。就職難や先行き不透明な世相を反映し、最近は内職斡旋(あっせん)や人生相談などの専用サイトを装い、誘導するのが特徴だ。出会い系と知らずに会員登録し、金銭トラブルに巻き込まれるケースも相次いでいる。消費生活センターへの相談は女性が7割を占め、これまで出会い系と無縁だった30~50代に被害が多く、被害額も高額化しているという。

関連記事

記事本文の続き 「話し相手になってくれたら800万円を振り込む」

 長崎県の20代女性は、内職情報を提供するというサイトに登録した直後、そう書かれたメールを受け取った。続けて、サイト業者を思わせる文面で、報酬を受け取るには別途、手数料がかかるというメールが送られてきた。信じた女性は、複数回に分けて数十万円を支払ったという。

 言葉巧みに相談を持ちかける「サクラ」もいるとみられる。別の学生は、人生相談のサイトに登録。依頼を受けて相談者とメールのやり取りをするなかで、「両親が被災してお金に困っている」という自分自身の悩みを打ち明けたところ、逆に「援助する」と言われ、やはり、受け取り手数料などの名目で約10万円をだまし取られた。

 「出会い系」と呼ばれるサービスは従来、異性を紹介するため、有料でメール交換を仲介するサービスだった。会員になると、異性からメッセージが届いたことをサイト業者がメールで知らせる。そのメールに記された専用サイトに行くとメッセージ全文が読める、というのが一般的な仕組みだ。利用料金の設定が不明確な場合が多く、高額な利用料や、青少年が性犯罪に巻き込まれるトラブルが社会問題化してきた。

 新手の「出会い系」は、登録時に利用規約が示されないため、知らずに登録する人が多いという。

 例えば、利用者が「携帯電話1台で仕事ができます」と書かれた広告をクリックすると、メール送信画面に切り替わり、何も記入しない「空メール」を送るよう指示される。すると、サイト業者から返信メールが届き、ニックネームなどを書き込むと「登録」される。占いや懸賞サイトを装うケースもある。

 異性ではなく、仕事や収入を誘い文句とした出会い系に関して、全国の消費生活センターに寄せられた相談は平成18年度は300件程度だったが、22年度は5371件と急増。相談者の約7割は女性で、これまで出会い系と縁の薄かった30~50代に多く、「3700万円をだまし取られた」など、被害金額も高額化の傾向にある。

 こうした被害はサイト業者側に申告しても、取り合ってもらえないのが現状だ。国民生活センターは甘い誘いに乗らないことを前提とした上で「メールや支払いの記録を保存しておき、被害に遭ったと感じたら、最寄りの消費生活センターや各地の弁護士会に相談してほしい」と呼びかけている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 48歳無職長男の首締め死亡 74歳男を逮捕 埼玉県警(24日) | トップページ | 白バイから逃走中、女性はねる 無免許容疑で少年逮捕(24日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53809874

この記事へのトラックバック一覧です: 内職斡旋、占い装い…出会い系の手口巧妙化(24日):

« 48歳無職長男の首締め死亡 74歳男を逮捕 埼玉県警(24日) | トップページ | 白バイから逃走中、女性はねる 無免許容疑で少年逮捕(24日) »