« 「偽米ドル札を持ち込むため北朝鮮に」と供述(1日) | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »

2012年1月 1日 (日)

犬猫100匹盗まれてた…防護服姿で15人(1日)

東京電力福島第一原発事故で設定された警戒区域内にあるペット繁殖業者が昨年4月、犬や猫など約100匹を盗まれる被害を受けていたことが福島県南相馬市や業者などへの取材で分かった。

 被害総額は約1000万円相当に上るという。

 被害にあったのはブリーダーの井戸川牧子さん(34)で、被害届を南相馬署に提出した。井戸川さんは、同市小高区で犬や猫など約100匹を繁殖していたが、4月22日に政府によって警戒区域が設定されたため、同市原町区に避難した。

 4月27日に、一時立ち入りで自宅を訪問した際には約30匹、4月30日に訪問した際は、残りの70匹も盗まれていた。犬猫が生活していたケージの鍵などはドライバーで開けられていたほか、リードなど商品も盗まれており、5月中旬に南相馬署に被害届を出した。

 4月下旬、小高区で見回りをしていた消防団が、防護服を着た約15人が井戸川さん宅にトラックなど3台で乗り付け、犬猫を運び出しているのを見たという。

 盗まれたのは、猫のアメリカンショートヘアや、セントバーナード犬など1匹10万円以上する高額の動物で、ペット保護に当たっている民間団体からも捕獲したなどの情報提供もないという。

 井戸川さんは「動物がすべて逃げるとは考えられず、どこかで生きていればと思っている」と話し、現在もインターネットなどで犬や猫の行方を捜している。

 

« 「偽米ドル札を持ち込むため北朝鮮に」と供述(1日) | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫100匹盗まれてた…防護服姿で15人(1日):

« 「偽米ドル札を持ち込むため北朝鮮に」と供述(1日) | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »