« 被災地へ出向の警察官 壮行式(26日)警視庁 | トップページ | 公判中の元大阪府警巡査部長、焼身自殺か(26日) »

2012年1月26日 (木)

3県警が対応を検証 長崎2女性殺害事件 ストーカー被害相談に迅速に対応せず(26日)

長崎県西海市の2女性殺害事件で、警察庁の片桐裕長官は26日、被害者側からのストーカー被害の相談に千葉、三重、長崎県警が迅速に対応しなかったことが適切だったか、3県警が検証を進めていることを明らかにした。国家公安委員会後の記者会見で述べた。

 長官は「検証結果を踏まえて、捜査の改善すべき論点を抽出し、対策を講じたい」とした。

 事件では、殺害された山下美都子さん(56)の夫誠さん(58)が昨年12月、筒井郷太容疑者(27)による三女へのストーカー被害について3県警に相談したにもかかわらず「刑事課が一人も空いていない。1週間待ってくれ」などと対応された。

 誠さんは今月24日、3県警の対応に「誰も助けてくれないと絶望的な気持ちになった」との心情をつづった文書を、弁護士を通じ報道機関に配布した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012615010022-n1.htm

 

« 被災地へ出向の警察官 壮行式(26日)警視庁 | トップページ | 公判中の元大阪府警巡査部長、焼身自殺か(26日) »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3県警が対応を検証 長崎2女性殺害事件 ストーカー被害相談に迅速に対応せず(26日):

« 被災地へ出向の警察官 壮行式(26日)警視庁 | トップページ | 公判中の元大阪府警巡査部長、焼身自殺か(26日) »