« オリンパス損失隠し 米に捜査共助を要請(26日) | トップページ | 男児に劇物を点眼した疑い 福島、母の交際相手逮捕(26日) »

2012年1月26日 (木)

パチンコ行くため乳児を段ボール入れ放置 夫婦実刑(26日)

パチンコに行くため、生後10カ月の長男を自宅で段ボール箱に閉じ込めて死なせたとして、監禁致死罪に問われた横浜市鶴見区の無職、大町勇希被告(31)と、妻の綾被告(29)の判決公判が25日、横浜地裁で開かれた。秋山敬裁判長は勇希被告に懲役3年(求刑懲役5年)、綾被告に懲役2年6月(同)の実刑を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 秋山裁判長は判決理由で、「非常に狭い段ボール箱内で通気性に乏しい空間に、乳児を長時間閉じ込めたまま放置する行為が極めて危険であることは明らか」と指摘。「虐待とも言える行為を繰り返すうちに起こったもので、酌量の余地はない」と非難した。

 判決によると、大町被告らは昨年4月29日、パチンコに行くため、午前9時ごろから正午ごろにかけ自宅マンションの脱衣場で、段ボール箱に長男の燈希(ともき)ちゃんを入れ、上から毛布と布団をかぶせて放置し、窒息死させた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« オリンパス損失隠し 米に捜査共助を要請(26日) | トップページ | 男児に劇物を点眼した疑い 福島、母の交際相手逮捕(26日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パチンコ行くため乳児を段ボール入れ放置 夫婦実刑(26日):

« オリンパス損失隠し 米に捜査共助を要請(26日) | トップページ | 男児に劇物を点眼した疑い 福島、母の交際相手逮捕(26日) »