« 【福岡銃撃】建設業者に発砲後絶たず 立件わずか(18日) | トップページ | 「幽霊見える」悩む被災者 相談できず癒えぬ心の傷(18日) »

2012年1月18日 (水)

【福岡銃撃】工事のまとめ役務める被害者の社長 トラブルの有無捜査(18日)

福岡県中間市で黒瀬建設の黒瀬隆社長(52)=同県岡垣町=が銃撃され重傷を負った事件で、大手ゼネコンが仕切る工事の土木作業に関し、同社が1次下請けとして下請け業者をまとめる「名義人」を務めていたことが17日、建設業関係者への取材で分かった。

 県警は、仕事の分配に不満を持った暴力団が銃撃に関与した可能性もあるとみてトラブルの有無を捜査している。県警は同日、折尾署に捜査本部を設置した。

 複数の建設業関係者によると、黒瀬さんは中間市の建設業者40社でつくる市建設協同組合の副理事長と県土木組合連合会北九州支部の副支部長を務めていた。黒瀬建設は従業員約30人で、複数の大手ゼネコンの1次下請け業者として2次下請け以下の業者に影響力がある。黒瀬さんを知る中間市の建設業者は「トラブルは聞いたことがない。運転手が足りないときは自らダンプカーを運転するような責任感の強い人だ」と話している。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120117/crm12011721350026-n1.htm

 

« 【福岡銃撃】建設業者に発砲後絶たず 立件わずか(18日) | トップページ | 「幽霊見える」悩む被災者 相談できず癒えぬ心の傷(18日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53763614

この記事へのトラックバック一覧です: 【福岡銃撃】工事のまとめ役務める被害者の社長 トラブルの有無捜査(18日):

« 【福岡銃撃】建設業者に発砲後絶たず 立件わずか(18日) | トップページ | 「幽霊見える」悩む被災者 相談できず癒えぬ心の傷(18日) »