« なでしこの架空イベントで参加費要求する案内書(12日) | トップページ | オウム・平田容疑者蔵匿 逮捕の斎藤明美容疑者、出頭の際に現金およそ800万円所持(12日) »

2012年1月12日 (木)

脱走事件、監視体制を検証…法務省がチーム設置(12日)

李国林受刑者(40)が脱走した事件で、法務省は12日、受刑者の監視体制に問題があったとして、原因を調べる検証チームを設置した。

脱走を許した問題点を検証し、改善策をまとめる方針。

 検証チームは、西田博・官房審議官をトップに計14人で構成。刑務官3人が李容疑者の逃走を見落としたことや、逃走経路とみられる処遇管理棟の屋上に逃走防止用の電線が設置されていなかったことなど、監視や設備の面で不備があったとして、職員6人を派遣して検証を進める。

 また、同省は、再発防止策として、処遇管理棟の屋上に仮の塀を建てることを検討している。

 法務省によると、広島刑務所と同じように、受刑者らを収容しながら施設の改築工事を行っている刑務所や拘置所は現在、全国に14か所あるという。同省は脱走の防止策が十分かどうか点検するよう、全国の刑務所長らに指示した。

 

« なでしこの架空イベントで参加費要求する案内書(12日) | トップページ | オウム・平田容疑者蔵匿 逮捕の斎藤明美容疑者、出頭の際に現金およそ800万円所持(12日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53721616

この記事へのトラックバック一覧です: 脱走事件、監視体制を検証…法務省がチーム設置(12日):

« なでしこの架空イベントで参加費要求する案内書(12日) | トップページ | オウム・平田容疑者蔵匿 逮捕の斎藤明美容疑者、出頭の際に現金およそ800万円所持(12日) »