« 2012年1月25日 | トップページ | 2012年1月27日 »

2012年1月26日

2012年1月26日 (木)

孫装い150万円詐取容疑、組員ら逮捕 (26日)

孫を装って「交通事故を起こしてしまい、示談金が必要になった」などと、うその電話をかけ、82歳の男性から現金150万円をだまし取った疑いなどで、山口組系暴力団組員・佐藤眞一容疑者(27)ら5人が警視庁に逮捕されました。

 取り調べに対し、佐藤容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は、これまでに佐藤容疑者らがあわせて7000万円以上をだまし取っていた疑いがあるとみて調べています。(26日18:22)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4937100.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルス作成:28歳の男を送検 全国初の適用 大阪府警(26日)

コンピューターウイルスを知人男性に送信したとして、大阪府警サイバー犯罪対策室は大阪府松原市天美南2、無職、小林浩忠容疑者(28)を不正指令電磁的記録供用の疑いで25日に逮捕、26日にこのウイルスを作った不正指令電磁的記録作成容疑と合わせて送検した。府警によると、改正刑法で新設されたウイルス作成容疑での立件は昨年7月の施行以来全国初。

 逮捕容疑は昨年9月中旬、関東地方に住む知人男性のパソコンを誤作動させる目的で、インターネットサービスを提供するサーバーにウイルスを送信したとしている。

 府警によると、小林容疑者と男性はいずれもサイト運営者で、ネット上でトラブルになっていたという。サーバーを通じて男性のパソコンにウイルスを送ることで、「掲示板を閉鎖しろ。さもなくば両親を殺す」などと男性が小林容疑者を脅迫する内容の文面をネット上の掲示板に書き込んだように見せかける仕組みだったという。小林容疑者は、男性に脅迫されたとして府警に被害届を出していた。【服部陽】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120126k0000e040202000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車男「邪魔だ」と女性蹴り倒し、髪と服切る(26日)

26日午後0時55分頃、愛知県岡崎市大平町の岡崎署大平交番に、同市の無職女性(20)が「男に服と髪を切られた」と届け出た。

同署は傷害事件として捜査している。

 発表によると、女性は同日午後0時半頃、生後5か月の長女を抱いて散歩していたところ、交番から南へ約1キロ離れた同町の路上で、後から自転車で近づいてきた男に「邪魔だ」と言われ、いきなり蹴られた。男は転んだ女性の髪をハサミのようなもので約5センチ切った後、女性のジャンパーの両ひじ部分と、長女のジャンパーの右腕部分などを切って自転車で逃走したという。2人にけがはなかった。

 男は30歳代~40歳代で、黒色の野球帽にダウンジャケット、ズボン姿。ショルダーバッグを持っていたという。

 現場は名鉄男川駅の約400メートル北東で、畑などが点在する人通りの少ない場所。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「タバコ吸いたい」裁判所と捜査員ダマしてひき逃げ犯が逃亡!(26日)

和歌山県白浜町でひき逃げ死亡事故を起こしたとして、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)などの罪で起訴され、病気の検査のため拘留執行停止中だった会社員の横谷邦彦被告(43)=大阪市鶴見区=が同県田辺市の入院先の病院から逃走したことが26日、和歌山地検などへの取材で分かった。逃走したのは25日未明で、和歌山県警が行方を追っている。

関連記事

記事本文の続き 地検などによると、横谷被告は昨年8月28日午前0時5分ごろ、白浜町の県道で横断中の男性=当時(60)=を車ではねて死亡させたうえ、逃走したとされる。

 担当弁護士が今月、「心臓の動脈に異常がある可能性があり、検査入院をさせてほしい」と和歌山地裁に申し立て、地裁は23日から25日までの勾留執行停止を決めた。

 横谷被告は25日午前2時ごろに、監視中の県警白浜署員に「たばこを吸う」と伝え、屋外に置いてあった付き添いの弟の車を運転して逃走したという。横谷被告は無免許状態だといい、県警は道交法違反(無免許運転)容疑で指名手配して行方を追っている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ハーブ店を家宅捜索 福岡、薬事法違反容疑(26日)

福岡県警小倉北署は26日、違法薬物を混ぜたハーブを合法と称して販売した疑いなどがあるとして薬事法違反容疑で北九州市小倉北区のハーブ専門店「カオサンロード」2店舗を家宅捜索した。小倉北署によると、同店は麻薬などに似た作用がある薬物「脱法ハーブ」を主に販売していた。

 県警から情報提供を受けた福岡県薬務課が昨年12月、同店のハーブを入手して検査。「おまけ」として渡された製品から薬事法で販売などが禁止されている指定薬物が検出された。

 薬務課は今月11日に小倉北署に告発。指定薬物が検出された製品は、紙巻きたばこ状で、幻覚などをもたらす大麻の類似成分が含まれていた。

 小倉北署によると、福岡県内では昨年、ハーブを吸引して手足のしびれや吐き気を訴え16人が救急搬送された。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012620120027-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)

喉もと過ぎれば…

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Chiba1

本日の写真1枚は千葉県警のキャラクターマスコット「シーポック」です。胸のCPは千葉ポリスと、シチズン&ポリス(市民と警察)の両方を意味し、シーポックの名もこれに由来しているという。

2006_0810_004208nisho

 26日の日本テレビ朝8時からの「スッキリ」で、「ストーカーの果て2人刺殺遺族が公表した経緯書」を取り上げていた。それによると
 □平成23年11月21日 「殺してやる」と周囲の友人にメー送信
 □12月6日 被害者が宮崎から出向き千葉県警習志野署へ被害届け出しに。ところが「刑事課員が1人も空いていないので1週間待て」
 □12月9日 一週間待つため娘の部屋に泊まると部屋のチャイムが鳴る。110番通報して「男が来ているので捕まえてほしい」に、警察官「顔を見たのですか」と放置。
 □12月13日 「周辺をうろついているので捕まえて」の訴えに「まだ書類がそろっていないので逮捕できない」
 12月16日事件発生

 ストーカー規制法の制定の要因となった桶川女子大生殺人事件と扱いが酷似している。

 【桶川事件】
 □平成11年6月15日 被害者宅に相手の男ら3人押しかけたため相談したのに対して「民事の事に首を突っ込むとこちらも困る」
 □7月13日 自宅周辺にビラを貼られた被害届けのため訪れた母親に対して「すぐには行けない」と断る。
 □7月15日 被害が及ぶ危険性を訴えた母親に「告訴がなければ動けない。7月下旬に再度、来るように」
 □7月29日 告訴を受理したが動かず
 □8月24日 父親の会社に郵送された中傷文を持参して「早くなんとかしてほしい」の要望に対して「じっくり捜査します」の回答。
 □10月26日桶川駅前で事件発生。

 双方を比べても分かる通り、経緯を見ると逮捕のタイミングがあったにも係わらず、放置されて事件に結び着いている。

 まさに不作為という行為だ

 これに対して警察刷新会議は、「国民の声に真摯に耳を傾けること」として「不作為」に警告する緊急提言をした。さらに数年間は、委員による点検も行ってきた。今や、座長を務めた氏家斎一郎さんも逝去され、「10年ひと昔」前の話である。

 あの時の国民の厳しい叱咤激励を今の警察はすっかり忘れている。片桐裕長官が26日、3県警が検証していることを明らかにしたが、ストーカー規制法の一部改正など警察刷新会議以上の改革に期待したい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

公判中の元大阪府警巡査部長、焼身自殺か(26日)

自宅で違法に拳銃などを隠し持ったとして、銃刀法違反罪などで公判中の元大阪府警巡査部長(49)が26日、大阪市内の路上で遺体で見つかった。府警西淀川署は焼身自殺とみて詳しく調べている

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012614360020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

3県警が対応を検証 長崎2女性殺害事件 ストーカー被害相談に迅速に対応せず(26日)

長崎県西海市の2女性殺害事件で、警察庁の片桐裕長官は26日、被害者側からのストーカー被害の相談に千葉、三重、長崎県警が迅速に対応しなかったことが適切だったか、3県警が検証を進めていることを明らかにした。国家公安委員会後の記者会見で述べた。

 長官は「検証結果を踏まえて、捜査の改善すべき論点を抽出し、対策を講じたい」とした。

 事件では、殺害された山下美都子さん(56)の夫誠さん(58)が昨年12月、筒井郷太容疑者(27)による三女へのストーカー被害について3県警に相談したにもかかわらず「刑事課が一人も空いていない。1週間待ってくれ」などと対応された。

 誠さんは今月24日、3県警の対応に「誰も助けてくれないと絶望的な気持ちになった」との心情をつづった文書を、弁護士を通じ報道機関に配布した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012615010022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災地へ出向の警察官 壮行式(26日)警視庁

警察官の不足が懸念されている東日本大震災の被災地に、全国から750人の警察官が出向することになり、最も多い200人が出向する警視庁で壮行式が行われました。

警視庁の本部で行われた壮行式には、来月1日付けで岩手、宮城、福島の3つの県に出向する警察官200人が出席しました。式では、樋口建史警視総監が辞令を渡したあと、「皆さんの活躍が被災地の復旧復興の成否を握るといっても過言ではない。

 期待と信頼に応えてほしい」と訓示しました。これに対し、出向する警察官を代表して岩手県警に赴任する今智洋警部補(35)が「警視庁の代表として、被災地でのいかなる困難にも毅然と立ち向かい、全力で勤務してきます」と決意を述べました。

 東日本大震災の被災地には、来年の3月末にかけて全国から750人の警察官が出向し、地域のパトロールや、復興に伴って増えるおそれがある犯罪の取り締まりや交通事故の防止などに当たることになっています。阪神・淡路大震災の際も同様の措置が取られ、兵庫県警に全国から500人の警察官が出向しています。

 岩手県警に出向する山田拓利巡査部長は「陸前高田市の実家が津波で流され、多くの知人が亡くなった。地元の復興のために一生懸命頑張りたい」と意気込みを語りました。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120126/k10015545801000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官4人の金盗んだ21歳警官…署内の更衣室(26日)

警察署内で同僚から現金などを盗んだとして、大阪府警は25日、住之江署地域課所属の男性巡査(21)を停職3か月の懲戒処分にした。

 巡査は同日、退職した。

 府警監察室によると、巡査は昨年4~11月にかけ、同署内の更衣室ロッカーで、別の警察官4人の財布に入っていた計約11万円などを盗んだとされる。

 昨年11月末、4人が「盗難に遭った」と上司に申告。府警が被害直前に出入りしていた巡査から事情を聞いたところ、「小遣いがほしかった」と認めたという。

 巡査は主に交番に勤務。全額弁済しており、4人の警察官も被害届は出していない。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男2人組の刃物強盗、6万円入り財布奪い逃走(26日)

25日午後11時50分頃、さいたま市大宮区三橋の市道で、徒歩の同市、土木作業員男性(32)に後方から男2人が乗ったスクーター型のバイクが近づき、1人が刃物を見せて「財布を出せ」と脅し、現金約6万3000円入りの財布を奪い逃走した。

 男性にけがはなかった。大宮西署が強盗事件として調べている。発表によると、男2人はいずれも20歳代とみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の懲戒処分は367人 高止まり傾向 警察庁まとめ(26日)

警察庁は26日、平成23年中の全国警察の懲戒処分者数を発表した。処分者は前年比18人減の367人。内訳は、免職45人▽停職83人▽減給123人▽戒告116人。行為責任は347人で、このうち業務上は106人、私行上は241人。監督責任は20人だった。

 懲戒処分者は、神奈川や新潟の両県警をはじめとした一連の警察不祥事を受けて警察改革要綱が策定された12年(546人)から減少傾向にあり、21年には242人と半分以下にまで減った。しかし、22年には前年より6割近くも増えて385人となり、23年もほぼ同数で高止まっている。

 また、行為責任の年齢別では30歳未満が前年より20人増えて97人と最多。これに50代の94人、30代と40代の78人が続いている。

 警察庁の幹部はこうした傾向について、「20代の警察官の大半は警察改革以降に入ってきており、意識の面で心配がある。全体的に高止まりとなっている背景にも意識の緩みが生じていないかとの危惧がある」と話す。そのため、警察庁では24年度の第1四半期に全国の警察本部を対象に行う監察で、警察改革の精神を踏まえた不祥事対策の推進状況を検証するという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012610430002-n1.htm

 

続きを読む "昨年の懲戒処分は367人 高止まり傾向 警察庁まとめ(26日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の捜査本部事件は54件 過去最少 警察庁まとめ(26日)

殺人や強盗殺人といった殺人の絡む事件のうち、全国の警察本部が平成23年中に刑事部長をトップとする捜査本部を設置した事件数は54件で、統計が残る昭和54年以降、最少だったことが26日、警察庁のまとめで分かった。最多だった平成14年の176件と比べ、3分の1以下となっている。

 解決した捜査本部事件は62件だった。事件が発覚してから解決するまでの期間は、1カ月未満が24件と最多で、半年未満の21件と合わせて全体の7割超が半年未満で解決している。これに、3年以上の9件▽1年未満の5件▽3年未満の3件-が続いた。

 また、解決した事件のうち、客観的証拠(DNA資料、遺留指掌紋、ビデオ画像)のいずれかがあったのは40件で全体の64・5%を占めた。都道府県警別で最も設置が多かったのは大阪府警の8件で、これに警視庁の7件などが続いた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/crm12012610480003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺 被害額2億円か(26日)

息子などを装って現金をだましとったとして、振り込め詐欺グループの男ら6人が、逮捕・起訴され、警察は、男らが神奈川や東京など18の都道県で150件余りの振り込め詐欺を繰り返し、被害額が合わせて2億円に上るとみて調べています。

逮捕・起訴されたのは、東京・渋谷区の無職、名古屋康英被告(33)ら6人です。警察の調べによりますと、男らは、去年10月、茨城県古河市に住む60歳の女性の自宅に息子を装って電話をかけ、「会社の金を使い込んだ。監査が入るので金を振り込んでほしい」とだまし、現金180万円を口座に振り込ませた詐欺などの疑いが持たれています。

 警察が押収した携帯電話の通話履歴などを調べたところ、6人は、おととし11月ごろから1年間にわたって、神奈川や東京など18の都道県で、150件余りの振り込め詐欺を繰り返していたとみられ、警察は、被害額が合わせて2億円に上るとみています。

 また、振込先の口座は、男らが多重債務者にうその融資話をもちかけて、担保名目でだまし取ったとされるキャッシュカードの口座が使われていたということです。警察は、男らの供述などから、だましとった現金の多くが、別のグループに渡っていたとみて、組織の実態解明を進めています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120126/k10015534981000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗の疑いで男逮捕、余罪 数十件か(26日)

埼玉県南部で数十件のひったくりを繰り返していたとみられる男が逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは川口市前川町の無職、石上晃崇容疑者(27)です。石上容疑者は今月12日、蕨市の路上で52歳の女性の後ろから原付きバイクで近づき、現金およそ1万円などが入ったショルダーバッグを盗んだ疑いがもたれています。

 警察によりますと、石上容疑者は自宅から現場近くまで自転車で移動し、犯行の際は、あらかじめ用意しておいた原付きバイクを使っていたということです。

 取り調べに対し、石上容疑者は容疑を認めているということで、警察は数十件の余罪があるとみて調べを進めています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4936617.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

なりすまし容疑者:兄の免許証書き換え…タクシー運転用に(26日)

病死した1歳違いの兄になりすまして自分の死亡届を提出したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で逮捕された東京都足立区の無職、大泉司容疑者(58)が、兄が死亡する2年前、兄の運転免許証もなりすまして書き換えていたことが警視庁西新井署への取材で分かった。警視庁は本人確認時に気づかなかった。大泉容疑者は一時、兄名義の免許証でタクシー運転手をしており、同署は免許証の不正発覚を恐れ、兄の死亡を隠そうとしたとみている。

 西新井署によると、大泉容疑者は以前、タクシー運転中に交通違反を繰り返したとして免許を取り消され、仕事ができなくなった。このため06年4月、府中運転免許試験場(府中市)で兄になりすましてタクシー運転に必要な2種免許試験を受験し合格。兄の免許証を書き換え、写真も変えたという。その後、大泉容疑者はタクシー会社に就職した。08年1月に兄(当時56歳)が病死したが、自分が死んだとする虚偽の死亡届を足立区役所に提出したとされる。

 大泉容疑者は10年4月には母の介護を理由に退職し、同年7月からは兄名義で生活保護を受給。「生活が苦しかった」と供述しているという。【浅野翔太郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120126k0000m040119000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

チェックアウト日に外出、ホテルの覚醒剤発覚(26日)

 ホテルで大量の覚醒剤を所持したとして、大阪府警は25日、暴力団組員・川口博海容疑者(54)(大阪府東大阪市)ら2人を覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)容疑で逮捕した、と発表した。

 チェックアウトの日であることを忘れて外出中、従業員が室内の金庫から覚醒剤を発見したという。府警は関係先も含めて計723グラム(末端価格5780万円)を押収、大がかりな密売組織とみて調べる。

 発表では、2人は知人の男(63)(別の覚醒剤取締法違反で起訴)と共謀。昨年5月16日、大阪市内のホテルで、覚醒剤513グラムを密売目的で所持した疑い。2人とも否認している。

 2人と知人の男は約1週間前から宿泊。同日夜、ホテルに戻った男が従業員に「大事な物を忘れた」と申し出たが、「警察が来ている」と言われ、逃走したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「先生、元気ですか」教え子装い詐欺容疑 44歳男逮捕(26日)

先生、元気ですか――。そう呼びかけて自分を教え子だと思わせ、元教員の女性から現金をだましとったとして、沖縄県警は25日、那覇市内の男を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。同じ手口の被害が県内で数十件あり、県警は、教え子に「顔を忘れた」とは言いにくい教員心理につけ込んだ犯行とみて余罪を調べる。

 逮捕されたのは、那覇市与儀の無職山入端(やまには)大作容疑者(44)。発表によると、15日昼過ぎ、元小学校教諭の女性(67)宅を訪問。女性に「先生、元気ですか」とあいさつし、「仕事で近くに来たが、うっかり車の鍵をしめてしまった。お金を貸してもらえないですか」などと言って現金2万円をだましとった疑い。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男児に劇物を点眼した疑い 福島、母の交際相手逮捕(26日)

目薬に劇物を入れて交際女性の男児の目を傷つけたとして、福島県警棚倉署は25日、同県白河市旗宿大久保、トラック運転手伊藤保容疑者(48)を傷害容疑で逮捕した、と発表した。容疑を認めているという。

 同署の調べによると、伊藤容疑者は昨年4月ごろから12月8日までの間、交際していた同県棚倉町の20代女性の長男(5)の目薬に劇物を入れ、角膜を傷つけるなど重傷を負わせた疑いがある。バッテリー用の硫酸が入れられていたとみられ、長男は右目が白く濁り、ものが見えにくい状態になっているという。

 長男はもともと右目の病気で病院から目薬を処方され、ほぼ毎日、女性がさしていたが、伊藤容疑者は女性が見ていない間に劇物を入れたという。長男が痛がるため、女性は病院を少なくとも4、5カ所替えたが、伊藤容疑者は薬を替えるたびに入れていたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ行くため乳児を段ボール入れ放置 夫婦実刑(26日)

パチンコに行くため、生後10カ月の長男を自宅で段ボール箱に閉じ込めて死なせたとして、監禁致死罪に問われた横浜市鶴見区の無職、大町勇希被告(31)と、妻の綾被告(29)の判決公判が25日、横浜地裁で開かれた。秋山敬裁判長は勇希被告に懲役3年(求刑懲役5年)、綾被告に懲役2年6月(同)の実刑を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 秋山裁判長は判決理由で、「非常に狭い段ボール箱内で通気性に乏しい空間に、乳児を長時間閉じ込めたまま放置する行為が極めて危険であることは明らか」と指摘。「虐待とも言える行為を繰り返すうちに起こったもので、酌量の余地はない」と非難した。

 判決によると、大町被告らは昨年4月29日、パチンコに行くため、午前9時ごろから正午ごろにかけ自宅マンションの脱衣場で、段ボール箱に長男の燈希(ともき)ちゃんを入れ、上から毛布と布団をかぶせて放置し、窒息死させた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパス損失隠し 米に捜査共助を要請(26日)

 オリンパスの損失隠し事件で、東京地検特捜部が刑事共助条約に基づいて、米司法省に捜査共助を要請したことが25日、分かった。また、損失隠しに利用されたファンドがある英領ケイマン諸島の司法当局にも、外務省を通じて捜査協力を求めた。

関連記事

記事本文の続き オリンパスの第三者委員会などによると、同社は財テク失敗で多額の含み損を抱えたことから、海外ファンドに損失を移す飛ばしを開始。いずれも証券OBの中川昭夫氏、佐川肇氏、横尾宣政氏がスキーム作りに助言したとされる。

 特捜部などは昨年12月、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で同社などを家宅捜索し捜査を進めている。だが、米国を拠点とする佐川氏の行方が分からないほか、海外ファンドの出入金の全容は把握できていない。

 特捜部は米司法省に対し、関連口座の照会や佐川氏の所在確認などを依頼したもようで、ケイマン諸島の司法当局へはファンドの預金残高の照会などを求めたとみられる。

 すでに証券取引等監視委員会は昨年末に米国シンガポールなどの証券当局に対して、資料提供を要請している。

News_pic1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「生活費に困って…」 娘に窃盗指示、容疑の母親逮捕(26日)

小学生の娘に指示して盗みをさせたとして、静岡県警富士署は25日、窃盗容疑で、住所不定の無職、田中友紀子容疑者(34)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。「背の低い子供を使えば見つからずに犯行をやれると思った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、2日午前11時ごろ、同県富士市国久保のショッピングセンター食品売り場で、小学校低学年の次女に指示して、買い物中の女性がカートのフックに掛けていた現金7万円が入った手がけバッグを盗ませた疑い。

 同署によると、田中容疑者は昨年末、母親と暮らしていた自宅を出て、2人の娘と宿泊施設を転々とし、「生活費に困ってたため、犯行に及んだ」という。今月6日、別のショッピングセンターで現金1万8千円の入ったリュックサックを盗んで現行犯逮捕された。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120125/crm12012515520014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月25日 | トップページ | 2012年1月27日 »