« 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月23日 »

2012年1月22日

2012年1月22日 (日)

暴排条例:「無関係認証」と金銭要求 経営者心理つけこみ(22日)

「あなたの会社が暴力団と無関係だと認証する」「取引先が暴力団と関係ないか調べます」--。こんなうたい文句で金銭を要求する文書が企業に送りつけられるケースが全国で相次いでいる。昨年10月に各都道府県で暴力団排除条例が出そろい、暴力団関係企業との取引を行うと社名公表もあり得ることを懸念する経営者心理を突いたとみられるが、詐欺まがいの勧誘や高額の金銭を支払わされそうになるケースもあり、警察や業界団体が注意を呼びかけている。【浅野翔太郎】

 日本証券業協会(東京都中央区)によると、三重県内のロータリークラブ役員の男性が昨年10月、「全国暴力団関係評価認証機構」を名乗る団体から県内に作る支部の代表者への就任話を持ちかけられ、「必要経費」として1000万円を求められた。

 同機構のパンフレットによると、大阪市天王寺区に事務局を置いた財団法人になる予定で、顧客の企業・法人に暴力団と無関係であることを認証するマークを付与することを主な事業としていた。

 この役員の男性は、就任の話を不審に思い、警察に連絡したうえ、現金は支払わなかった。

 この機構は、暴力団と無関係と認証する年間5万円のライセンス料や社員1人あたり1000円の審査料を求めるファクスを大阪の会社に送りつけていた。

 このファクスには、「調査データベースへの協力関連会社」として毎日新聞などの報道機関の名前を無断で掲載していた。

 同機構の連絡先は使われなくなっており、証券業協会は「詐欺の可能性が高い」として昨年末、会員企業に注意を喚起する通知を送った。

 一方、全国暴力追放運動推進センター(文京区)によると、福岡県の企業にも昨年10月、「暴力団犯罪関係者調査社」を名乗る団体からファクスが送られてきた。取引先などに暴力団と関係がないかを調べるとし、1枚1000円の調査チケットの販売を持ちかける内容だった。

 この会社の電話番号は大阪市内になっていたが、現在は連絡が取れない状態という。

 同センターの相原秀昭担当部長は「公的機関が暴力団に関する情報を提供することはあっても、営利目的で『暴力団と無関係』と証明することはありえない。暴排条例につけ込んだ詐欺の可能性がある」と話している。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120122k0000e040141000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性監禁で新たに男女3人逮捕「成功すればカネをやる」(22日)

東京都清瀬市の路上で、都内に住む女性が車で無理やり連れ去られた事件で、警視庁捜査1課は22日、逮捕監禁の疑いで、新たに埼玉県春日部市粕壁、無職、栗城裕昭容疑者(36)ら男女計3人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、東京都羽村市羽中、ネイリスト、森田美寿々容疑者(32)と多摩市に住む職業不詳の少年(17)の2人。同課によると、3人は容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、13日午後2時ごろ、清瀬市中清戸の路上で、自転車に乗っていた専門学校生の女性(21)を乗用車の後部座席に押し込み、埼玉県所沢市の所沢インターチェンジ近くの駐車場まで監禁したとしている。

 女性は翌14日、群馬県高崎市内で元交際相手の千葉県松戸市小山、職業不詳、永島孝太郎容疑者(34)=同容疑で逮捕=と一緒にいるところを保護され、けがはなかった。

 同課によると、永島容疑者の供述などから3人の関与が浮上。調べに対し、栗城容疑者は「永島容疑者に『成功すればおカネをやる』と言われた」と供述しているという。同課は、この他にも森田容疑者の娘の知人の男1人が事件に関与したとみて調べている。

 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

幻覚で局部が怪獣に?男性変死、高まる自殺の可能性(22日)

【衝撃事件の核心】

 東京都昭島市のアパートで今月16日、局部を切断されたタクシー運転手の男性(49)の遺体が見つかった“事件”。警視庁は殺人事件とみて捜査に乗りだしたが、具体的な犯人像は浮かばないまま。その後、男性が薬物を使用していた疑いが浮上し、自殺の可能性も高まってきている。男性はなぜ死亡したのか。局部はなぜ切り取られたのか。謎に包まれた男性変死を追った。

関連記事

記事本文の続き ■「あるべき物がない」 血の海のベッドの下に…

 16日午前10時過ぎ。男性の自宅アパート前を訪れた勤務先のタクシー会社の上司は、胸騒ぎに襲われていた。

 男性は連休を終えて、14日に会社に出勤する予定だったのに、いまだに出勤してきていない。新聞受けにたまった新聞は外廊下にこぼれ落ち、ドアのチャイムを押しても反応がない。

 「何かがおかしい」。上司は迷った末、ドアノブをそっと回してみると、鍵はかかっていなかった。ドアを開くと直後、想像を絶する光景が目の前に広がっていた。

 2DKの6畳間のベッドに、全裸に靴下だけを履いて、血だらけの男性が倒れていた。

 「死んでいることはすぐに分かった」。上司は、当時の状況を言葉少なに振り返る。仰向けのまま大の字になり、手は「バンザイ」をした状態。床は血の海だった。変わり果てた男性の姿に絶句しながらも、上司は、すぐさま110番通報した。

 間もなく駆けつけた警察官は、遺体の異様な状態にくぎ付けになった。「男性の体には、あるべき物がなかった」(捜査関係者)からだ。局部は切り取られ、男性が倒れていたベッドの下にあった。

 

続きを読む "幻覚で局部が怪獣に?男性変死、高まる自殺の可能性(22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

年金の使い道で口論…母親刺した無職男、殺人未遂で逮捕 警視庁(22日)

同居する母親の背中を包丁で刺したとして、警視庁葛飾署は22日、殺人未遂の現行犯で、東京都葛飾区高砂、長男で無職、戸辺恵嗣容疑者(34)を逮捕した。同署によると、「かっとなって刺した」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、22日午後4時半ごろ、自宅で無職の母親(60)と口論になり、包丁で背中を刺したとしている。同署によると、母親は重傷という。

 同署によると、戸辺容疑者は母親と2人ぐらし。戸辺容疑者は母親の年金で生活しており、事件の直前、年金の使い道をめぐって口論になったという。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012221220017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)

やがて自分の身に降りかかれ!

【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_3

Mascot_hibarikun_tochigi61_2

本日の写真1枚は茨城県警のキャラクターマスコット「ひばり君」です。デビューは平成11年1月10日(110番の日)。みんなの平和(安全)な生活を守りたい願いが込められているようです。

 「震災ガレキ」の受け入れを巡り、静岡県島田市の市長がネットで脅迫されたり、受け入れを表明している神奈川県の黒岩知事は住民説明会の会場から「帰れコール」をあびた。

 知事は「ひとりぐらい賛成してくれると思いましたが全員、100㌫完璧に反対で怒号の嵐だった」と嘆いている=産経新聞

 既に受け入れている東京都の場合は石原知事が「黙れ」の一言。あと2ヶ月で1年になろうとしているのに、なんで安全基準以内なのに、こうも反対するのか。日本列島に「絆」なんて存在しないのか。あるいはかけ声だけだったのか…無念である。

 静岡県と言えば最も心配されているのが東海大地震。太平洋ベルト地帯の一角、殊に東海道ベルト地帯の中央で起こる大地震ということで、その被害は甚大な規模になると予想されている。余地能力を高めるため、国民の税金も使われている。反対者は「明日は我が身」ということを知らないわけではあるまい。

 神奈川県も同じだ。南関東地域直下の地震 (相模原市東部・西部直下の地震)は、相模原市直下で起こる比較的浅い地殻内で発生するマグニチュード6.9クラスの地震。さらに同県は国府津・松田断層帯の直下型も予想されている。反対者はそれを承知か?

 今回の東日本大震災は、世界中から暖かい支援を受けた。先日のニュースでは、被災地の起業家にアメリカのある団体は資金を融資するという。なのに、国内では、安全なガレキの受け入れに反対している。そんな自分勝手な地域には今後、支援の和は必要ない。

 「絆」なんて存在しない地域は放置すれば良いだけの話である。国民は記憶しておくべきだ。
首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

難民認定申請中の犯罪相次ぐ 日本滞在できる制度悪用か(22日)

 「母国に帰国すれば迫害される恐れがある」として難民認定を申請中の外国人が、刑事事件で摘発されるケースが起きていることが警視庁への取材でわかった。生活を支えるために支給される保護費を不正受給したり、覚醒剤の密売に関わったりしていた。難民認定申請は急増しているが、在留資格を失っても申請期間中は日本に滞在できるという制度が悪用されている可能性がある。

 埼玉県のトルコ人の男(42)は15年前に短期滞在の資格で入国し不法滞在。その後、難民認定を申請し、2009年1~8月、「日本では無収入、無資産で生活に困窮している」として計100万円の保護費を受給した。だが50万円の預金を隠していたことが判明、昨年4月、詐欺容疑で警視庁に逮捕された。

 男は調べに「保護費を不正受給するために、うその難民認定申請をした。周りがやっていたので自分もやった」と供述したという。

 同年9月、覚醒剤を売った容疑で逮捕されたイラン人密売グループは、男5人のうち3人が難民認定申請中だった。別の事件で逮捕・服役後に強制退去処分とされたが、入管施設に収容中に難民認定申請をし仮放免された。その後、薬物密売グループとして活動していたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー事件で経産省を捜索(22日)

経済産業省の元審議官がインサイダー取引の疑いで逮捕された事件で、東京地検特捜部は、経済産業省の関係部署を捜索し、容疑の裏付けを進めています。

経済産業省の元審議官、木村雅昭容疑者(53)は、平成21年、自分が再建計画を担当した東京の半導体メーカーなどの株でインサイダー取引をした疑いで、逮捕されました。この事件で東京地検特捜部は、21日、経済産業省の関係部署を新たに捜索し、関係資料などを押収しました。捜索を受けたのは、木村元審議官の元部下が所属している製造産業局の部署で、元部下は、当時、半導体メーカーの経営再建を巡って、メーカー側との連絡や調整に当たっていたということです。これまでの調べによりますと、木村元審議官は勤務中に、役所から貸与された携帯電話で株取引を繰り返していたということで、特捜部は元審議官が内部情報を入手したいきさつを解明するため、捜索に乗り出したとみられます。弁護士によりますと元審議官は、インサイダー取引の容疑を否認し「株は妻の指示で買った」と供述しているということです。

これについて経済産業省は、「家宅捜索を受けたかどうかについてはコメントは差し控えるが、これまでも捜査には協力してきており、引き続き最大限、協力していく」とコメントしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120122/k10015444651000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:被害計800万円に 和工卒業生実家狙う /和歌山(22日)

和歌山工業高(和歌山市)の卒業生の実家を狙った振り込め詐欺が、今年に入って頻発している。20日現在で警察への相談は27件、被害は4件計約800万円に上り、県警が注意を呼び掛けている。

 20日も和歌山西署が、同様の手口で和歌山市の女性(68)が100万円をだまし取られたと発表した。女性の息子は同校卒業生。息子に成りすました男から電話で「女性を妊娠させてしまった。旦那に請求されている」と言われ、18日に現金を振り込んだという。

 名前をかたられた人の大半が40歳前後で、犯人側が同校出身者の名簿を使っている可能性もあるという。県警生活安全企画課の鈴木清人次席は「電話番号が変わったと言われても、本来の番号にかけ直して本人かどうか確認してほしい」としている。【岸本桂司】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20120121ddlk30040409000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:被害2件を未然防止 県警の「コールセンター」、金融機関への連絡奏功 /神奈川(22日)

振り込め詐欺の多発地域に警戒を呼びかける県警の「振り込め詐欺被害防止コールセンター」の連絡で、伊勢原市と茅ケ崎市で17日、被害の未然防止が続いた。センターの電話を受けても被害者がだまされ続けたケースがあったが、昨年11月から始めた付近の金融機関への連絡が奏功。県警は「今後も個人と金融機関への二重の呼びかけを続けたい」としている。

 県警によると、同日午前、伊勢原市内で「大事なものが入ったバッグを落とした。現金を立て替えてほしい」と息子を装った振り込め詐欺の電話が相次いだ。情報を受けたコールセンターで、電話帳に載っている個人宅と全金融機関に注意するよう連絡。午後0時半ごろ、市内の金融機関を訪れた女性(67)が300万円を下ろそうとし、警戒していた職員が声をかけて詐欺を防いだという。女性はセンターから警戒するよう連絡を受けていたが、既に犯行グループからの電話を信じきっており、詐欺に気が付かなかったという。

 茅ケ崎市でもこの日午後、市内の女性(79)が孫を装った振り込め詐欺にだまされ350万円を下ろそうとしたが、センターの連絡で振り込め詐欺の多発を知らされていた職員が防いだ。

 県警では昨年5月から、民間への業務委託で同センターを設置。昨年11月10日からは、詐欺防止の呼びかけを金融機関にも広げている。【松倉佑輔】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20120120ddlk14040161000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

罰当たりさい銭ドロ…巻き尺に両面テープ(22日)

 京都市南区九条町の東寺でさい銭を盗んだとして、京都府警捜査3課と南署は21日、住所不定、無職水谷彰容疑者(73)を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 弘法大師ゆかりの同寺では同日、今年最初の縁日「初弘法」が開かれて境内や参道は多くの買い物客でごった返しており、水谷容疑者は調べに容疑を認め、「この日を狙った」と供述している。

 発表では、水谷容疑者は同日午前11時頃、境内の

御影堂

(

みえいどう

)

北側のさい銭箱に両面テープをつけたメジャーを差し入れ、千円札1枚を盗み、約15分後にも別のさい銭箱から同じ手口で1000円を盗んだ疑い。

 多数の客でにぎわうため、同署などは雑踏警戒にあたっていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

原野売買持ちかけ測量代詐取、被害総額4億円?(22日)

原野の所有者に架空の売買話を持ちかけ、測量費名目で金をだまし取ったとして、愛知、富山両県警の合同捜査本部は22日、振り込め詐欺グループの2人を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 このグループは全国各地の約500人から計約4億円をだまし取ったとみられ、捜査本部が余罪を追及する。

 逮捕されたのは、グループのリーダー格、大阪市西区南堀江、不動産会社社長横田猛被告(36)(別の詐欺事件で起訴)と同市中央区道頓堀、無職渡久地洋平容疑者(32)。

 発表によると、横田容疑者らは昨年6月、北海道釧路市内に原野を所有していた松山市の無職女性(87)に電話をかけ、「土地を売ってほしいという会社がある。売買に測量が必要」とウソをつき、測量費などとして84万円をだまし取った疑い。

 このグループでは、昨年10~11月に、別のメンバー2人が同様の詐欺容疑で逮捕、起訴されている。捜査本部は、さらに6人前後が関与していたとみて、行方を追っている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生、帰宅途中に液体かけられる 女2人組、バッグ奪おうと 兵庫・西宮(22日)

21日午後9時45分ごろ、兵庫県西宮市上大市の市道で、徒歩で帰宅中の女子大学生(23)が2人組の女からペットボトルに入った液体を顔にかけられた。女性は「目が痛い」と訴え、病院に搬送されたが、けがはなかった。

 西宮署によると、女性は後ろから「道を教えて」と声をかけられ、振り返ったところ、液体をかけられた。持っていたショルダーバッグを奪われそうになったが、大声で助けを求めると2人は立ち去ったという。

 同署は液体の成分を調べるとともに、強盗事件とみて捜査する。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012209150000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

社民党本部に車で突っ込む 自称右翼を現行犯逮捕 けが人なし(22日)

社民党本部に乗用車で突っ込んでシャッターを損壊したとして、警視庁麹町署は22日、器物損壊の疑いで、埼玉県鴻巣市本町、自称右翼団体構成員、上野琢也容疑者(41)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、22日午前6時50分ごろ、東京都千代田区永田町の社民党本部1階で、運転してきた乗用車で正面玄関に数回体当たりし、閉まっていたシャッターをへこませて損壊したとしている。

 同署によると、当時、社民党本部に職員などはおらず、けが人はいなかった。ビルの警備員が気付き110番通報、駆けつけた同署員が取り押さえた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012210290001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パンツ1丁で未明の皇居に不法侵入 「泳いできた」30歳くらいの男逮捕(22日)

皇居内の宮内庁管理区域に侵入したとして、皇宮警察は22日、建造物侵入の現行犯で30歳くらいの男を逮捕した。男はパンツだけの下着姿で、「(内堀を)泳いできた」などと話しているという。身元は分かっていないが、政治的背景はないとみられる。

 逮捕容疑は、22日午前4時35分ごろ、正当な理由なく、皇居内の宮内庁管理区域に侵入したとしている。

 内堀に面した東京都千代田区大手町の内堀通り歩道に、ジャージーなどが脱ぎ捨てられているのが見つかり、皇宮警察は男の着衣とみて調べている。

 22日早朝の東京・大手町の気温は4度だった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012210470002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロボット「アシモ」開発者を逮捕 酒気帯びで接触事故(22日)

宇都宮東署は、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、宇都宮市下岡本町、ホンダの上席研究員、広瀬真人容疑者(55)を逮捕した。

 広瀬容疑者は二足歩行する人間型ロボットASIMO(アシモ)の開発者として知られる。

 逮捕容疑は21日午後8時ごろ、宇都宮市の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。交差点で同市の会社員(19)の貨物自動車と接触事故を起こし、駆けつけた警察官が呼気検査を実施したところ、1リットル中に0.15ミリグラム以上のアルコール濃度が検出された。

 同署によると、広瀬容疑者は親類の結婚式に出席し、酒を飲んで帰宅。その後乗用車で自宅近くのコンビニに向かう途中だった。「弁解することはない」と容疑を認めている。

 ホンダ広報は「詳細は分からないが、非常に残念だ」とコメントしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012211370003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

救急隊長はねられ死亡…出動中に事故、車外へ(22日)

 21日午後10時40分頃、神戸市垂水区本多聞の第2神明道路上り線で、緊急走行中の同市消防局西消防署伊川谷出張所(神戸市西区)の救急車がトラックに追突。

車外に出た救急隊長の金谷謙児さん(43)が、後続の乗用車にはねられた。金谷さんは全身を強く打ち、病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡した。トラックの男性運転手と乗用車を運転していた男性も軽傷。

 兵庫県警高速隊の発表などによると、救急車は急病人の搬送要請を受け、同市垂水区内の民家に向かう途中で、金谷さんら救急隊員3人が乗車。現場は片側3車線の直線で、救急車は中央車線を走っていた。民家には別の救急車が向かった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻の実家に放火の27歳男を再逮捕(22日)

長野県警は21日、妻の実家に火をつけたとして、静岡県下田市敷根、無職宮坂裕介被告(27)(建造物等以外放火罪で起訴)を現住建造物等放火容疑で再逮捕した。

 この火災で2人が死亡している。

 発表によると、宮坂被告は昨年1月7日深夜から翌8日未明の間、妻の父親斎藤兼美さん(58)らが住む長野県安曇野市

三郷温

(

みさとゆたか

)

の店舗兼住宅に火をつけ、木造一部2階住宅272平方メートルを全焼させた疑い。宮坂被告は「覚えていない」と否認しているという。火災で斎藤さんの義父(当時85歳)と義母(同78歳)が焼死した。

 宮坂被告は当時、妻とこの家に暮らし、放火後に離婚している。約半月前の2010年12月23日にも、車庫にあった妻の乗用車のタイヤに火をつけ車の一部を焼いたとし、建造物等以外放火容疑で逮捕、今月20日に起訴された。昨年11月から今月16日まで鑑定留置され、責任能力を認める鑑定結果が出ていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR名古屋駅:新幹線線路に侵入、高校生を逮捕(22日)

21日午後8時ごろ、名古屋市中村区のJR名古屋駅で、東海道新幹線上り15番線ホームから同市東区の高校2年の男子生徒(17)が線路内に立ち入った。愛知県警中村署は生徒を新幹線特例法違反(線路内への立ち入り)容疑で現行犯逮捕。生徒はホームの端から柵を乗り越えて線路内に入ったらしい。

 JR東海によると、新幹線は上下線で一時運転を見合わせ、計13本が最大で31分遅れ、約8000人に影響した。【山田一晶】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120122k0000m040103000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たに男女2人逮捕 ネパール人男性殺害容疑 大阪府警(22日)

大阪市阿倍野区で、ネパール国籍の調理師、ビシュヌ・プラサド・ダマラさん(42)=同市住吉区墨江=が殺害された事件で、大阪府警捜査1課などは21日、殺人容疑で新たに同市西成区岸里東の建築工、伊江弘昌(21)と同市天王寺区東高津町の無職、塚本訓子(くにこ)(21)の両容疑者を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、同市住吉区上住吉の自称彫師、白石大樹(ひろき)(21)容疑者らと共謀し、16日午前4時20分ごろ、阿倍野区松崎町の路上で、ダマラさんの顔を蹴ったり踏みつけたりしたほか、ダマラさんに自転車を投げつけるなどし、殺害したとしている。

 伊江、塚本両容疑者は事件後に逃走。同課が行方を追っていたところ、21日午後1時半ごろ、東京都内の伊江容疑者の親類宅近くで両容疑者を発見した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120121/crm12012122590008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月21日 | トップページ | 2012年1月23日 »