« 2012年1月13日 | トップページ | 2012年1月15日 »

2012年1月14日

2012年1月14日 (土)

オウム・平田容疑者蔵匿 斎藤明美容疑者、2001年に偽名で銀行口座を開設(14日)

オウム真理教の平田 信容疑者(46)をかくまった疑いで逮捕された元信者の斎藤明美容疑者(49)が、2001年に、偽名を使って銀行口座を開設していたことがわかった。
斎藤容疑者をめぐっては、「吉川祥子」の偽名で、健康保険証を取得していたことが明らかになっていて、その後の警視庁への取材で、2001年に、同じ偽名で銀行口座を開設していたことがわかった。
不正に取得した健康保険証で、口座を開設したものとみられている。
斎藤容疑者は、1月10日に自首した際、現金800万円を所持していたが、口座の残高はおよそ2万円だったということで、警視庁は、口座からの金の出し入れの状況などを調べている。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00215280.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

復縁迫り21歳女性連れ去り、1日監禁の疑い(14日)

 元交際相手の女性を車で連れ去り監禁したとして、警視庁は14日、千葉県松戸市小山、職業不詳永島孝太郎容疑者(34)を逮捕監禁容疑で逮捕した。

発表によると、永島容疑者は13日午後2時頃、東京都清瀬市の路上で、自転車で知人宅に向かっていた元交際相手の専門学校生の女性(21)を仲間数人と乗用車に押し込み、監禁した疑い。

 埼玉県所沢市で自分の車に乗り換えて、女性と2人で群馬県に向かったが、14日午後3時過ぎに高崎市の路上で発見された。女性にけがはないという。

 調べに対して容疑を認めており、同庁は復縁を迫るため女性を拉致したとみて調べている。

 永島容疑者は、昨年秋に女性と別れた後も付きまとうなどし、それまで千葉県内に住んでいた女性は清瀬市の知人宅に身を寄せた。しかし清瀬市でも待ち伏せられたため、女性は昨年12月27日、同庁東村山署に相談。同署は、ストーカー規制法に基づき、永島容疑者に警告をしようとしていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニで強殺未遂容疑 元土浦市議を逮捕(14日)

静岡県警沼津署は14日、コンビニの店長を刃物で刺し現金を奪ったとして、強盗殺人未遂の疑いで住所不定、元茨城県土浦市議でトラック運転手、中田正広容疑者(39)を逮捕した。同署によると「知らない。店に入ったこともない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2日午前3時半ごろ、静岡県沼津市岡宮のコンビニ「ファミリーマート沼津インター店」で、男性店長(52)を「金をよこせ。刺すぞ」などと脅し、刃物で腹などを数回刺し、レジから約4万円を奪ったとしている。店長は大けがを負った。

 同署によると、防犯カメラ映像の解析などから中田容疑者を特定。勤務先の川崎市の駐車場で逮捕した。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120114/crm12011418510013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)

誰を信じていいのか?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20120107134926

 年明け早々、名乗り出た特別手配犯を捕まえなかったり、捕まえた被疑者に自殺されたり-と、警察関連の事案がマスコミの話題になったが、官庁を含めて民間企業にもあってはならない「事件」が多すぎる。この世の中、何を信じてよいのか分からない時代になってきた。

 広島刑務所の脱走問題は、刑務所の運動場の一部分が建物の陰になり監視の死角になっているのを受刑者が知っていた-など刑務所の不手際が明白になりつつある。

 経済産業省という監督官庁の、しかも審議官という役職にある人間がインサイダー取引をしていたという信じがたい事件が明らかになった。しかも、公用携帯電話を使って株取引をしたり、妻名義の口座に購入資金を振り込んでいるなど巧妙な手口だ。

 また、「信用」が商売のはずの銀行の63歳になる職員が顧客の口座から勝手に現金を引き出していたとして警視庁に逮捕されたほか、自転車を利用して女性の下半身触るなどしていた東京法務局練馬出張所登記相談官の49歳の男が捕まった。

これだけではない。自衛隊の44歳の1等陸曹は、42歳の主婦が運転する乗用車に追突して逃げたほか、東京都内で女子高校生(17)のスカートの中を盗撮した大分県立高校の非常勤講師(38)が現行犯逮捕されるなど年末から新年にかけて「不祥事」が相次いだ。

 かくなる上は徴兵制度により責任感と緊張感を強いる「成人教育」が必要のようだ。

2006_0810_004208nisho

警察庁がまとめた年末年始(12月29日から1月3日)の交通事故発生は7982件で前年同期より105件減少したのに対して、交通死者は78人で前年同期より39.3㌫22人も多い78人。死者数の最も多いのは千葉県の6人で以下神奈川県、岐阜県、愛知県、福岡県がそれぞれ5人のワースト5だ。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱走の男 空き巣宅で東京に電話(14日)

広島刑務所から殺人未遂などの罪で服役していた中国人の男が脱走し、13日、逮捕された事件で、男は逃走中に空き巣に入った広島市内の住宅から東京に電話をかけていたことが警察への取材で分かりました。警察は逃走の手助けを求めた疑いもあるとみて、通話記録などを詳しく調べることにしています。

この事件は、広島市中区の広島刑務所に殺人未遂などの罪で服役していた中国人の李国林容疑者(40)が、今月11日の午前、刑務所の塀に取り付けられていた工事用の足場を使って脱走したもので、警察は特別手配をして行方を捜査し、13日夕方、広島市西区で李容疑者を見つけ、逃走の疑いで逮捕しました。

 李容疑者は、逃走中に広島市西区の住宅に空き巣に入り、ニット帽やダウンジャケットなどおよそ50点を盗んだ疑いも持たれていますが、その際、空き巣に入った住宅の電話機を使って、東京都内に電話をかけていたことが警察への取材で新たに分かりました。

 電話機には03で始まる番号の発信履歴が残っていたということです。これまでのところ、李容疑者は1人で逃走していたとみられていますが、警察では誰かに電話をかけて逃走の手助けを求めていた疑いもあるとみて通話記録などを詳しく調べることにしています。

 調べに対し、李容疑者は容疑を認めたうえで「今は大変疲れており、事件のことについては何も話したくありません」などと話しているということで、警察は脱走した動機や逃走経路などについても、さらに捜査を進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120114/k10015262241000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小川法相、死刑執行「職責果たしたい」 (14日)

新しい法務大臣に就任した小川敏夫大臣は、1年半にわたって停止している死刑の執行について、「法務大臣の職責なのでしっかり果たしたい」と述べ、執行に前向きともとれる発言をしました。

 「(死刑執行命令は)法務大臣の職責であるということをしっかり認識していますので、その職責は果たすと考えております」(小川敏夫法相)

 小川法務大臣は初閣議の後の記者会見でこのように述べ、死刑執行の可能性に言及しました。死刑は千葉元法務大臣がおととし7月に執行を命じたのを最後に1年半にわたって執行されていません。

 小川大臣は死刑確定囚の数が戦後最多の130人に上っている現状について、「死刑囚が執行されないまま、どんどん増えていくのは法律の趣旨に合っていない」とも述べ、「死刑制度そのものについても議論する必要がある」との考えを示しています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4926547.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島刑務所脱走事件 空き巣に入った家で国際電話をかけようとしていたことが明らかに(14日)

広島刑務所から脱走し、13日に逮捕された中国人の男が、脱走後、空き巣に入った家で、複数回、国際電話をかけようとしていたことが明らかになった。
13日夕方に逮捕された李国林容疑者(40)の身柄は、近くにある警察の留置施設に置かれている。
その李容疑者は、脱走の翌日に空き巣に入った家から、複数回、国際電話をかけようとしていたことが、周辺への取材で明らかになった。
警察もこの事実を把握していて、李容疑者が単独で脱走を図ったとの見方を強め、動機の解明を急いでいる。
一方、犯行現場の周辺住民は、容疑者の逮捕にほっとした様子を見せている。
近所の住民は「まあ、安心しましたよね。結局は、刑務所の安全対策がなってなかったから、こういう思いをしたので。もうちょっとしっかりしたほうがいいと思う」と話した。
警察は、14日朝から李容疑者に対する本格的な捜査を始め、くわしい動機や経緯を調べている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00215247.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死角に気付いていた…広島刑務所の元受刑者指摘(14日)

広島刑務所の受刑者脱走事件について、同刑務所で服役経験がある元受刑者の男性(78)も「監視カメラの発達などで、刑務官たちに『脱走なんてできない』という慢心があったのではないか」と指摘する。

男性は「長期受刑者の中には『脱走したい』と思う者も多いし、私も何度か考えた。実行するかどうかだけの違いだ」と明かす。

 広島刑務所の運動場では、近くの建物の陰が監視している刑務官からは死角になると気付いていたといい、実際、李容疑者もそこを起点に逃げたとみられている。

 「(補修で)外塀の内側に足場が組まれていたり、(容疑者が逃げる姿が)監視カメラ1台にしか映っていなかったりと、驚くことばかりだ」と男性は言う。

 「私がいた頃の刑務官は、受刑者が何を考えているかを察し、心情を把握していた。今は癒着を避けるため、受刑者との間に一線を引く傾向にあるようで、受刑者の心情がつかみにくくなっているのでは」と話した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査車両に車ぶつけ逃走 窃盗容疑の男 愛知県警、行方追う(14日)

愛知県豊田市で、県警捜査員が13日に窃盗事件の容疑者の男を逮捕しようとしたところ、男は乗っていた車を捜査車両にぶつけながら逃走したことが14日、分かった。男は逃走中で、豊田署が行方を追っている。

 県警関係者によると、駐車中の車から金品を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕状が出ていた男(25)で、捜査員約10人が13日午前、職務質問しようと張り込んでいたところ、男は捜査員らに気付き、突然車を発進させたという。

 同署は「捜査中なので詳しいコメントはできない」としている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120114/crm12011411440005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元勤務先のホストクラブでホスト刺す 殺人未遂で35歳男逮捕(14日)

かつて勤務していたホストクラブに押し入り、ホストを包丁で刺すなどしたとして、警視庁八王子署は、殺人未遂の現行犯で、東京都八王子市小比企町、無職、矢沢恵一容疑者(35)を逮捕した。同署によると、「包丁で刺した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、13日午後10時25分ごろ、東京都八王子市三崎町のホストクラブ「BALIKAN(バリカン)」で、店内にいたホストの男性(28)の背中を包丁で刺すなどし、重傷を負わせたとしている。

 同署によると、矢沢容疑者は同店の元ホスト。突然、店内に入り、隠し持っていた包丁で男性に襲いかかったという。事件当時、かつて矢沢容疑者を指名していたことのある女性客が来店しており、刺された男性がこの女性客の指名を受けて接客していたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120114/crm12011411460006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞男性社員ひき逃げ死亡事件 62歳の男ら2人を逮捕(14日)

読売新聞の28歳の男性社員が2011年6月、皇居近くの路上で、車にひき逃げされて死亡した事件で、警視庁は62歳の男ら2人を逮捕した。
自動車運転過失致死などの疑いで逮捕されたのは、トラック運転手・三浦新平容疑者(62)ら2人。
三浦容疑者らは、2011年6月、皇居近くの内堀通りで、読売新聞東京本社の広告局社員・宮地正弘さん(当時28)が路上で横たわっていたところを、トラックで相次いでひいて逃走し、死亡させるなどした疑いが持たれている。
警視庁は、宮地さんの衣服についたタイヤの跡や、周辺の防犯カメラ映像などから、三浦容疑者らの車を特定したという。
三浦容疑者らは、「ハンドルをきってよけた」と容疑を否認しているという。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00215231.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・美里町2人死傷ひき逃げ事件 34歳女を逮捕「無免許運転で怖くなって逃げた」(14日)

埼玉・美里町で1月8日、乗用車が軽自動車と衝突し2人が死傷したひき逃げ事件で、34歳の女が逮捕された。
逮捕された飲食店従業員の今井裕美容疑者(34)は8日正午ごろ、美里町で乗用車を運転中、軽自動車と正面衝突し、軽自動車に乗っていた49歳の夫婦を死傷させ、そのまま逃走した疑いが持たれている。
今井容疑者は13日午前、警察署に出頭し、「無免許運転で怖くなって逃げた」と容疑を認めているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00215234.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

顧客の口座から現金盗む、ゆうちょ銀行の期間職員逮捕(14日)

 ゆうちょ銀行の顧客に頼まれて開設手続きをした口座から勝手に現金を引き出したとして、警視庁中野署は13日、窃盗の疑いで、同行期間雇用職員、藤原政明容疑者(63)=埼玉県白岡町白岡=を逮捕した。同署によると「覚えがない」と容疑を否認している。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べでは、藤原容疑者は訪問集金などで顔見知りだった中野区内の90代の女性に依頼され、60代の息子名義の口座を開設。平成21年11月27日、同区内の現金自動預払機ATM)で、この口座から、女性が入金した20万円を盗んだ疑いが持たれている。

 同署によると、ゆうちょ銀行からの通知で、身に覚えのない口座が開設されていることに息子が気付き、事件が発覚。同署は、藤原容疑者が口座開設の際、キャッシュカードを自分で保管し、何度も現金を引き出した疑いもあるとみて、裏付けを進めている。

 同行広報部によると、藤原容疑者は17年に退職。18年3月に再雇用された。同行は「心からおわび申し上げる。内部管理体制の充実強化を図り、信頼回復に全力を挙げて取り組んで参りたい」とコメントした。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

針で恐喝未遂容疑の男を再逮捕へ 偽計業務妨害容疑でも立件の方針 奈良県警(14日)

奈良県大和郡山市の大型スーパーが食品に針を入れると脅され、現金1千万を要求された事件で、奈良県警は13日、恐喝未遂容疑で逮捕された奈良市法華寺町の無職、天野偉(ひで)正(ただ)容疑者(55)が、大和郡山市の製麺会社にも現金を要求する脅迫状を送り付けた疑いが強まったとして、週明けにも同容疑で再逮捕する方針を固めた。

 天野容疑者は、奈良市内のスーパーで年末に相次いだ針混入についても認めているといい、県警は偽計業務妨害容疑でも立件する。

 一方、奈良地検は同日、恐喝未遂罪で天野容疑者を起訴。起訴状によると、昨年12月20日、大和郡山市の大型スーパーに「針混入事件の当事者で『狼』と申します。貴社に現金1千万円を要求します」などと書かれた脅迫状を送り付け、同24日に現金受け渡し方法を電話で指示して現金を脅し取ろうとしたとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120113/crm12011321120044-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交差点で発見 呼び止めた私服女性警察官 マスク外すと頬に傷痕(14日)

広島市内の路上で13日夕に李国林容疑者(40)が身柄を確保されたときの様子が分かった。

 県警などによると、午後4時半ごろ、広島市西区の小学校近くで警戒に当たっていた私服の女性警察官が、交差点を渡る黒のニット帽に白い靴を履いた男を発見。特別手配中の李容疑者とよく似ていた。着ていた紺と水色のジャンパーの胸部分には日本人の名前が刺しゅうされていた。警察官がその名前を出して呼び止めると、男は「李国林です」。マスクを外すと、こけた頬に、見覚えのある傷痕が見えた。

 その場で李容疑者を逮捕。持ち物は胸ポケットに入った十円玉1枚と果物ナイフだった。抵抗する様子もなくナイフを差し出し、「刑務所に帰る。疲れた。何も食べていない」と日本語で答えたという。パトカー10台と30人余りの警察官が取り囲んだ。「取り押さえろ」「人垣をつくれ」。怒号が飛び交い緊迫する中、見つめる住民で周囲には人だかりもできた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120113/crm12011322360045-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

李容疑者、身柄確保時「3日も食べてない」(14日)

李国林容疑者の身柄が確保されたのは午後4時35分。空き巣に入ったとみられる男性会社員宅から北に約2キロの広島市西区天満町の小学校近くの路上だった。女性警察官に職務質問された李容疑者は自らの名前を名乗るとともに、「食べてない」と疲れたように話したという。

 車を運転中、現場を通りかかり、確保の瞬間を偶然目撃した広島市内の男性(57)は「歩道で黒いニット帽の男に女性警察官が職務質問していた。身体チェックをしていたように見えた」。数メートル離れたところでは別の女性警察官が電話をしており、男性警察官もそばにいたという。

 目と鼻の先の李容疑者は逃走に疲れた様子で暴れることもなかった。男性が車の窓を開けると、「3日も食べてない」という声が聞こえたという。女性警察官にナイフを差し出した。

 

続きを読む "李容疑者、身柄確保時「3日も食べてない」(14日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月13日 | トップページ | 2012年1月15日 »