« 2012年1月3日 | トップページ | 2012年1月5日 »

2012年1月4日

2012年1月 4日 (水)

監禁容疑:70歳知人男性縛り6日間 容疑者男女逮捕(4日)

知人の70歳男性を年末年始の6日間、ガムテープで縛って監禁したとして、青森県警青森署は4日、青森市新城平岡、無職、白戸武治(57)と住所不定、同、古川美知子(61)の両容疑者を逮捕監禁容疑で現行犯逮捕した。男性は衰弱しているものの命に別条はないという。

 容疑は、12月29日午後6時半ごろから1月4日午後5時45分ごろまで、白戸容疑者のアパートで、青森市金沢2の無職の男性(70)の体にガムテープなどを巻き付け、不法に監禁したとしている。4日午後、男性が自宅に戻ってこないと知人女性から交番に通報があり、同署が捜したところ、監禁されている男性を発見した。動機などを調べている。監禁現場は住宅街。【宮城裕也】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120105k0000m040076000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸の女性遺体、殺人と断定 兵庫県警が捜査本部設置(4日)

神戸市北区の国道脇の斜面で3日午前、同区の主婦川本とき子さん(37)が遺体で見つかった事件で、兵庫県警は4日、死因は首が圧迫されたことによる窒息死と発表した。県警は川本さんが首を絞められて殺害されたとみて、神戸北署に捜査本部を設置した。

 県警によると、川本さんは2日午前中に死亡したとみられ、のど仏の骨が折れていたという。県警は、何者かが素手で川本さんの首を絞めたとみている。

 川本さんは1日夜に神戸市兵庫区の居酒屋で知人2人と飲酒。川本さんと2人暮らしの夫は県警に「午後11時55分ごろに携帯に『これから帰る』と電話があったが、帰宅しなかった」と説明しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物持ち息子連れ逃走 逮捕状の男、名古屋 車で逃走か(4日)

4日午前10時20分ごろ、名古屋市西区上小田井のアパートで、暴力行為法違反容疑の逮捕状を愛知県警の捜査員に執行されそうになった男が、息子(1)を連れ、刃物を持って逃走した。県警が行方を追っている。

 県警によると、男は逮捕しようとアパートの外で待機していた捜査員の動きに気付き、息子を抱え自宅を飛び出してきたという。

 現場近くで「乗用車が盗まれた」という通報があり、県警は男が車で逃走した可能性が高いとみて調べている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010412330010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

旅行で留守中、貴金属769万円相当盗まれる 水戸(4日)

4日午前0時40分ごろ、水戸市三の丸、事務員の男性(42)宅から、旅行で留守中に腕時計やネックレスなど三十数点の貴金属が入った金庫(計約769万円相当)が盗まれたと110番があった。

 1階台所の窓ガラスが割られ、室内が荒らされていることから、水戸署が窃盗事件として調べている。

 水戸署によると、男性は妻と子ども2人の4人暮らし。2日午後4時15分ごろから4人で旅行に出かけており、自宅は無人だった。4日午前0時半ごろに帰宅し、直後に盗難に気づいたという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010419540014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

住吉会系組幹部を傷害容疑で逮捕 あいさつ回り刺傷事件 警視庁(4日)

新年のあいさつ回り中に住宅設備会社会長の男性(36)が刃物で刺され重傷を負った事件で、警視庁光が丘署は、傷害の疑いで、東京都練馬区光が丘、指定暴力団住吉会系組幹部、鳴海基裕容疑者(43)を逮捕した。同署の調べに対し、「酔っ払って勝手に刺さっただけだ」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は1日午後7時45分ごろ、自宅の公団住宅内で、北区に住む住宅設備会社会長の知人男性の左胸と右腰を包丁で刺して、全治1カ月の重傷を負わせたとしている。

 同署によると、男性はこの日、鳴海容疑者宅に新年のあいさつに来ていたといい、何らかの理由でトラブルになったとみて詳しい経緯を調べている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010416080012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4,5日単位・レベル)

共謀罪に躊躇するなsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Dvc00058

国際テロなど組織犯罪集団が犯罪の計画や準備をした段階で、実行行為がなくても取り締まることができる「共謀罪」の創設が話題になっている。

 政府は今年5月までに共謀罪の創設を国際機関などに伝達したというが、民主党内には同法に対する反対や慎重論が根強く、調整は難航しそうだという=産経新聞

 共謀罪の創設については、国連総会で採択された「国際組織犯罪防止条約」で求められているのです。

 ところが現政権の民主党には革マル系を含めた極左と繋がりを持つ議員が多く、イデオロギーから反対するのでしょう。

 しかし、テロというのはどれだけ危険で卑怯な犯罪なのかは地下鉄サリン事件で経験済みのはずです。創設ができなければ、国際的にも「非協力国」と認定され国際社会から孤立することになるでしょう。

 ループホールは我が国がテロリストから標的にされる危険性があります。国民は、反対議員をチェックし、国民の生命・財産を守るためには辞めてもらうしかありません。
首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川 コンビニ強盗3件続く(4日)

神奈川県内で、コンビニエンスストアに男が押し入り現金を奪う事件が3件相次ぎました。
4日午前4時20分ごろ、横浜市港北区新横浜の「ローソン新横浜店」に男が押し入り、従業員の男性に包丁のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅しました。
このため男性がレジにあった現金およそ10万円を差し出すと男はこれを奪ってそのまま逃げました。警察によりますと、逃げた男は、身長1メートル70センチぐらい、黒のダウンジャケットと青いジーパンを着て、白いマスクをしていました。
この事件の50分ほど前の午前3時半ごろ、川崎市麻生区百合丘の「ファミリーマート百合ヶ丘駅南口店」でも男が従業員を刃物で脅して現金およそ5万円を奪って逃げました。
男の特徴が港北区の事件とよく似ているということで、警察は関連を調べています。
一方、午前3時前には、横須賀市三春町の「セブンイレブン横須賀三春町5丁目店」に、金属バットを持った男が押し入り現金およそ3万5000円を奪って逃げました。
駆けつけた警察官が現場近くにいた20歳の男から事情を聴いたところ容疑を認めたため緊急逮捕しました。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005030551.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・平田 信容疑者逮捕 出頭前、JR品川駅や大崎駅にいた疑いが強いことが判明(4日)

逮捕監禁致死の疑いで逮捕されたオウム真理教の平田 信容疑者(46)が、出頭する前に、JR品川駅や大崎駅にいた疑いが強いことがわかった。
弁護士によると、平田容疑者は2011年12月31日午後9時ごろ、捜査本部のある大崎警察署を訪れた。
しかし、署の前に警察官がいなかったことなどから、大崎署をあとにした。
その後、恵比寿駅へ行き、さらに地下鉄に乗り換えて、霞ケ関駅へ向かった。
そして、午後11時35分ごろ、平田容疑者は警視庁本部に出頭した。
しかし、いたずらだと思った機動隊員に門前払いされ、歩いて移動。
日付が変わる直前の午後11時50分ごろ、丸の内警察署に出頭し、翌1月1日未明、指紋照合の結果、逮捕に至ったという。
逮捕監禁致死の疑いで逮捕された平田容疑者は、大みそかの深夜に出頭する前に、JR恵比寿駅から、東京メトロ・日比谷線に乗車、霞ケ関駅に向かったことが、防犯カメラの解析などからわかっている。
その後、警視庁が、JRなどの防犯カメラを解析したところ、平田容疑者が、恵比寿駅の前は大崎駅に、その前は品川駅にいた疑いが強いことがわかった。
また、警視庁が調べたところ、大みそかの午後9時48分に、「平田 信は大崎署の手配ですか?」という110番通報があったという。
対応した警察官が、「警視庁の手配です」と答えると、「はい、わかりました。すみませんでした」と言って電話が切れたということで、平田容疑者本人が、出頭先を確認したものとみられている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:道内被害額が倍増 道警分析、犯人が何度も電話 /北海道(4日)

道内で昨年、振り込め詐欺被害が再び増加に転じた。11月末時点での被害総額は約1億6300万円で、10年の年間被害額の1・7倍に達している。依然多いのが、離れて暮らす子供の久しぶりの電話を装い、窮状を訴えて現金を振り込ませるケースだ。

 道警によると、振り込め詐欺は06~08年に年5億~6億円の被害があり、その後は減って10年は約9400万円だった。11年の認知件数(11月末現在)は93件で、昨年同期比8件増とほぼ横ばいだが、1件当たりの被害額は10年の約93万円から約175万円へと、ほぼ倍増した。道警生活安全企画課は「犯人が被害者に何度も電話をかけ、取れるだけ取る傾向がある」と分析する。

 11月には上川地方の60代女性が、息子を装う男から「借金で困っている」と電話を受け、3回にわたり現金246万円をだまし取られた。札幌市の60代女性も同じ月に同様の電話で150万円を詐取された。いずれも実際に息子に連絡したのは現金を振り込んだ後だった。

 金融機関が振り込め詐欺への警戒を強化しているのを背景に、犯人がキャッシュカードを直接受け取る手口も登場している。道職員や金融機関職員を装って「給付金が出る」「医療費の払い戻しがある」などと電話し、その後、仲間がカードを取りに自宅に現れるのが典型例という。

 「親思う心にまさる親心」--。道警幹部は、幕末に処刑された吉田松陰が家族へ残した歌の一節を思い起こし、親に日ごろの生活を知らせておくことの大切さを訴える。「親心が悲劇を生まないよう、正月休みは親子で近況を語り合い、絆を深めてほしい」【伊藤直孝】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20120104ddlk01040138000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

荒川河川敷で小屋全焼、焼け跡から遺体…女性か(4日)

4日午前1時頃、埼玉県熊谷市村岡の荒川右岸河川敷にある小屋から出火、約10平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 熊谷署は小屋に住んでいたホームレスの女性とみて身元の確認を急いでいる。

 発表によると、小屋は、鉄パイプを組んでトタン板を貼り付けたもので、女性は少なくとも数年前から住んでいたとみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の交通事故死4611人、11年連続減少(4日)

 昨年の全国の交通事故死者数は前年より252人少ない4611人(前年比5・2%減)で、2001年から11年連続で減少したことが4日、警察庁のまとめでわかった。65歳以上の高齢者が2262人で全体に占める割合が49%と依然として高く推移している。

 発表によると、昨年の事故件数は69万907件(同3万4866件減)で、92年以来19年ぶりに70万件を下回った。負傷者数は85万2094人(同4万4114人減)で、2005年から7年連続減となった。

 死者数が最も多かった地域は愛知県の225人で、東京都215人、埼玉県207人、兵庫県198人、大阪府197人と続いた。死者数は15府県で前年より増加した一方、前年より40人減の三重県(95人)を始め、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島3県を含む30道府県で減少した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗12万円奪う 岐阜・大垣市(4日)

4日午前1時45分ごろ、岐阜県大垣市草道島町のコンビニ「ミニストップ草道島店」に、包丁を持った男が押し入り「金を出せ」と女性のアルバイト店員(22)を脅し、レジから現金約12万円を奪って逃げた。他のアルバイト店員が1人いたが客はおらず、けが人はなかった。

 大垣署が強盗事件として調べている。男は20~40歳で、身長170~180センチのやせ形。白色のパーカとズボンに、黒色のニット帽をかぶり、黒色のマスクで鼻と口を覆っていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010411050007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で男性刺される 北九州、男と話した直後(4日)

4日午前3時40分ごろ、北九州市小倉北区堺町1丁目の路上で、同区の職業不詳、竹村昇悟さん(22)が男に背中を数カ所刺された。竹村さんは病院に搬送されたが命に別条はない。男は徒歩で立ち去ったといい、小倉北署は殺人未遂事件として捜査している。

 小倉北署によると、路上で竹村さんが20代くらいの男と話をしているのを友人男性が目撃。その後、竹村さんが友人に「刺された」と伝えたという。

 同署は、竹村さんと男が顔見知りの可能性があるとみて、状況を詳しく調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010409530006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

散弾銃の暴発か、誤発射か 三重・南伊勢町議が死亡(4日)

3日午後2時45分ごろ、三重県南伊勢町古和浦の牧場で、経営者で同町議の上村康広さん(64)がワゴン車の中で胸から血を流しているのを親族の女性が見つけ、119番通報した。伊勢署員が約45分後に駆けつけた時にはすでに意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。車の近くに上村さんの散弾銃が落ちており、伊勢署は、銃の暴発や誤発射などの事故と、事件の両面で調べている。

 同署によると、上村さんは運転席に座った状態で、座席の外の地面に上村さん所有の2連式散弾銃が落ちていた。上村さんはこの日午前10時半ごろ、家族に「牧場にカラスの駆除に行く」と伝え、1人で出かけたといい、駆除の跡とみられる空の薬莢(やっきょう)が大量に落ちていたという。

 上村さんは町議3期目。合併前の旧南島町議も務め、地元に中部電力が建設を計画し、後に断念した芦浜原発をめぐっては、同町議長として住民の反対運動を主導。昨年の福島第一原発事故後は「原発を止めた町から」と題し、講演するなどしていた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「共謀罪」を国際公約 政府が5月まで法整備を伝達(4日)

国際テロなど組織犯罪を防止するため、政府が5月末までに「共謀罪」を創設する方針を国際機関などに伝達したことが3日、分かった。中国によるサイバー攻撃アルカーイダなどテロリスト集団の重大犯罪の実行前に、共謀段階で処罰するのが狙い。だが、民主党内には共謀罪に対する慎重・反対論が根強く、国内での調整難航は必至だ。

関連記事

記事本文の続き 共謀罪の創設は、平成12年11月に国連総会で採択された「国際組織犯罪防止条約」が求める法整備の一環。15年9月に発効した条約は「長期4年以上の自由を剥奪する刑またはこれより重い刑を科すことができる犯罪」を共謀罪の対象犯罪とするよう義務付けている。日本は12年に条約に署名したが共謀罪を創設していないため主要国(G8)で唯一、条約を締結できていない。

 政府が法整備を急ぐのは、米国英国など34カ国・地域と欧州委員会など2国際機関でテロ対策を検討している政府間機関「金融活動作業部会」(FATF)から昨年春、「早期改善」を要求されたためだ。FATFは資金洗浄・テロ資金供与対策に協力しない国を「非協力国」として公表しており、日本にはテロ組織などに対する拠点・物資の提供といった「現物供与」の罰則規定や共謀罪の創設を要求している。

 このため、政府は具体的な法整備として、12年に施行された組織犯罪処罰法を改正し「組織的な犯罪の共謀行為」の処罰規定を設ける方針。昨年秋には5月末までに必要な法整備を終え、条約の早期締結を目指す考えを米国や国際機関に伝達している。

 政府は、条約に基づき「死刑または無期、長期4年以上の懲役または禁錮の刑に当たる罪」を共謀罪適用の対象にすることを想定している。法改正が実現すれば、国際テロ組織などが犯行を計画し、実際には実行されなくても謀議に加担した段階で罪に問われる。

 だが、民主党内には共謀罪への慎重論が根強い。組織犯罪処罰法改正案は15年3月と16年2月、17年10月に国会に提出されたが、当時野党だった民主党は「拡大適用の恐れがある」などと反対し、いずれも廃案となった経緯がある。

 特に法務行政トップとなった平岡秀夫法相は、17年10月31日提出の質問主意書で、共謀罪に関し「未遂や予備にいたらない共謀をより広範に犯罪の対象とすることは刑事法の体系として矛盾している」と指摘。18年11月22日の質問主意書では「国民の自由、権利を著しく狭め、侵害する懸念がある」との持論を展開している。

 現在も「共謀罪創設には法相が反対している」(政府高官)とされ、政府が無理に法案作成を急げば、閣内不一致の事態に陥る可能性もある。

 加えて、24日召集予定の通常国会は野田佳彦首相が強い意欲を示す消費税増税関連法案など重要法案が山積しており、国会日程上も5月末までの「国際公約」実現は困難視されている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【平田容疑者逮捕】「ずっと国内にいた」 警察へ10回電話も話し中(4日)

平成7年2月の東京・目黒公証役場事務長監禁致死事件で逮捕されたオウム真理教元幹部、平田信(まこと)容疑者(46)が3日、接見した弁護士2人に16年10カ月の逃亡生活について「ずっと国内にいた」と話していることが分かった。滝本太郎弁護士が明らかにした。出頭日の行動に関しては、JR大崎駅から警視庁大崎署に行った説明しているというが、それ以前の足取りは明らかになっていない。警視庁は周辺の駅の防犯カメラや切符などを分析し、足取りの裏付けを進める。

 滝本弁護士によると、平田容疑者は12月31日午後9時ごろ、JR大崎駅から大崎署に着いた。署内への入り方が分からなかった上、自分の手配ポスターも見つからず、署員の姿もなかったため「捜査本部ではないのかな」と思い、同署への出頭をあきらめたという。

 大崎駅へ戻る途中の公衆電話から、警察当局が教団特別手配容疑者の情報提供を求めるフリーダイヤルに電話すると、話し中でつながらなかった。電話は約10回したという。

 その後、「平田信の担当はどこか」と自ら110番通報。指示された警視庁本部に行くことにした。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010401340000-n1.htm

 

続きを読む "【平田容疑者逮捕】「ずっと国内にいた」 警察へ10回電話も話し中(4日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【平田容疑者逮捕】アレフ関係者ら聴取へ 爆破事件「責任取る」と関与認める 警視庁(4日)

オウム真理教元幹部の平田信容疑者(46)が逮捕された東京・目黒公証役場事務長、仮谷清志さん=当時(68)=監禁致死事件で、警視庁は3日、平田容疑者の逃亡を長期間にわたり手助けした支援者がいるとの見方を強め、教団主流派団体「アレフ」の関係者などから任意で事情聴取する方針を固めた。平田容疑者は逃亡当初、教団側から逃走資金を受け取り、女性信者(49)と一時潜伏していた形跡があることから、アレフなど教団関係者からの任意聴取は不可欠と判断したとみられる。

 一方、宗教学者の島田裕巳さん(58)元自宅が爆破された事件について、平田容疑者が「「そのことについて責任を取るために来た」と関与を認める説明をしていることが3日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は爆発物取締罰則違反容疑で再逮捕する方針。

 警視庁によると、平田容疑者は潜伏先について「人に迷惑がかかるから言わない」と話した。職業については「働いていない」としたが、現金約10万円を所持していた。整形手術も施さず、容姿は手配時とほぼ変わっていなかった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010401370004-n1.htm

 

続きを読む "【平田容疑者逮捕】アレフ関係者ら聴取へ 爆破事件「責任取る」と関与認める 警視庁(4日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月3日 | トップページ | 2012年1月5日 »