« 2012年1月1日 | トップページ | 2012年1月3日 »

2012年1月2日

2012年1月 2日 (月)

平田容疑者、最初は警視庁訪れる 首近くのほくろ決め手に(2日)

17年近く逃亡した後に逮捕されたオウム真理教元幹部の平田信容疑者(46)が当初、東京・霞が関の警視庁本部を訪ね、庁舎前で警備のため立っていた機動隊員に名乗り出て、「出頭」していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 また、警視庁が平田容疑者の本人確認をする際、指紋の鑑定結果が出る前に首近くのほくろの位置を決め手として判断していたことも判明した。

 捜査関係者によると、平田容疑者は「(隊員から)近くに丸の内署や交番があるから、そこへ行くように言われた」と話している。

 同容疑者は警視庁本部から約650m離れた丸の内署へそのまま歩いて向かったとみられる。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012010201001724.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクから火…放火か?アパート2階部分焼ける(2日)

埼玉県川口市で、アパートの軒下に止めてあった原付きバイクから火が出て燃え広がり、2階部分が全焼しました。警察は、放火の疑いもあるとみて調べています。

 2日午前11時すぎ、川口市の木造アパートで、1階の軒下に止められていた原付きバイク2台から煙が出ているのを近所の男性が見つけ、119番通報しました。火はそのままアパートに燃え広がり、約2時間後に消し止められましたが、2階部分の3部屋が全焼しました。けが人はいませんでした。警察によりますと、原付きバイクは2台ともアパートの2階に住む男性のもので、先月30日から軒下に止められていました。警察は、放火の疑いもあるとみて出火原因を詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220102029.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日)

警察への協力をsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Shirobai

 警視庁に出頭し、逮捕監禁致死容疑で逮捕されたオウム真理教の平田 信容疑者(46)が、同じ特別手配容疑者の高橋克也容疑者(53)と菊地直子容疑者(40)の行方について、「わたしは知らない」などと話しているという。

 16年余にわたり、アパートや逃走支援のオウム信者の部屋などに隠れて生活していたのだろうが、重要指名手配犯がこうも逃げ切れること事態、法治国家なんて言える状態ではない。

 実は、年賀状を12月中旬までに投函した。ところが26日ごろには「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押され年賀状が返された。1月1日に配達して宛先に該当者がいないのなら納得できるが、事前に「尋ね当たらない」とはどういうことか?

 電話で担当者に尋ねてみた。返事は、「リストがあり仕分けの時に事前に分かるので…」が回答。

 しかも、50世帯も60世帯もあるマンションが宛先。郵便局は、○○マンションの××号室は配達前に別人が住んでいることを把握している。なのに、警察は把握できない。つまり警察用語で言うなら「巡回連絡」なる〝調査〟が、住民の拒否にあい、住民と面会できないからだという。警察がマンションの××号室にだれが住んでいるか分からないのに郵便局が把握できている。

 こんな状態だから警察は指名手配犯が把握できない。国民みんなが巡回連絡に協力し、治安担当の警察が、「どこに誰が住んでいるか」を把握できる世の中の仕組みにしようではありませんか

 「人殺しの凶悪犯人やテロリストが隣に住んでいた」なんて、笑い話では済まされないことがありますよ。みんなで巡回連絡に協力しましょう。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・平田 信容疑者逮捕 高橋容疑者と菊地容疑者の行方について「知らない」(2日)

2011年12月31日深夜、警視庁に出頭し、逮捕監禁致死容疑で逮捕されたオウム真理教の平田 信容疑者(46)が、同じ特別手配容疑者の高橋克也容疑者(53)と菊地直子容疑者(40)の行方について、「わたしは知らない」などと話していることがわかった。
平田 信容疑者は、1995年、公証役場の事務長だった仮谷清志さん(当時68)をレンタカーに監禁、その後、教団施設で薬物を注射して死亡させた疑いが持たれている。
平田容疑者は、2011年12月31日深夜、丸の内警察署に出頭したが、その後の調べに対して、同じ特別手配容疑者の高橋克也容疑者と菊地直子容疑者の2人の行方について、「わたしは知らない」などと話しているという。
このうち、高橋容疑者は、仮谷さん拉致事件で、平田容疑者が運転する車に同乗していたことがわかっているほか、教団内でも関係が近かったとみられ、警視庁は、平田容疑者が高橋容疑者の潜伏先の手がかりも知っている可能性があるとみて追及する方針。
一方、平田容疑者と接見した滝本太郎弁護士は、2日午前、「(平田容疑者は)教祖の死刑執行は当然と考えている」と話した。
また、弁護士によると、平田容疑者は出頭の理由について、「長官狙撃事件が時効になり、間違った逮捕はないと思ったから」などと話しているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214564.htmlLogo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

科学鑑定、専門的に…「スプリング8」捜査組織(2日)

ごく微量の物質を分析できる大型放射光施設「SPring―8(スプリング8)」(兵庫県佐用町)で、犯罪捜査の科学鑑定を専門に行う組織が設立された。

 従来の1000倍の精度を誇る新しい分析技術に、警察OBら捜査のプロのノウハウを生かすのが狙いだ。

 組織は、和歌山・毒物カレー事件で鑑定人を務めた元兵庫県警科学捜査研究所長の二宮利男さん(69)や元警察庁刑事局長、元大阪府警科捜研所長ら4人。「ナノ・フォレンシック・サイエンス(法科学)グループ」の名称で今後、増員する。

 事件現場に残された微物を鑑定し、どう活用すれば容疑者特定や犯罪の立証に有効かなどをアドバイスする。合成麻薬MDMAや覚醒剤中の不純物の分析結果などもデータベース化し、他の事件解決に役立てる。

 1997年に建設されたスプリング8は、電子を光速近くまで加速して発生させる放射光によって1ピコ・グラム(ピコは1兆分の1)以下の物質も分析できる。98年の毒物カレー事件では、被告宅とカレー鍋から採取された亜ヒ酸を「同一」と鑑定し証拠採用された。以降、本格的に科学捜査で利用され、これまで計42件の捜査で活用されている。

 2011年には、1フェムト・グラム(フェムトは1000兆分の1)単位の成分分析ができる装置も開発。指紋の溝に残る物質も鑑定できるようになり、犯人が犯行前に何に触ったのかわかるという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒運転発覚怖い…「維新」市議、女性ひき逃げ(2日)

 ミニバイクの女性に接触してけがをさせ、そのまま逃げたとして、大阪府警黒山署は2日、堺市中区福田、同市議西井勝容疑者(69)を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕した。

 西井容疑者は大阪維新の会市議団に所属。調べに「何かに当たったが、人とは思わなかった」と容疑を一部否認している。

 発表では、西井容疑者は1日午後3時40分頃、大阪狭山市山本東の市道交差点を軽ワゴン車で走行中、堺市の調理師女性(31)運転のミニバイクと出合い頭に接触。女性はバイクごと転倒し、左腕に軽傷を負ったが、西井容疑者は救護措置を取らずに逃げた疑い。

 女性がナンバーの一部を覚えていたことから、西井容疑者が浮上した。西井容疑者は調べに「事故前に酒を飲んでおり、知人宅に向かう途中だった。飲酒運転がばれるのが怖くて逃げた」と供述しているが、呼気から基準を超えるアルコール分は検知されなかったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡の男性死亡、殺人容疑で長男を逮捕 「間違いです」と否認(2日)

 静岡県沼津市原の民家で、この家に住む無職、宮代次郎さん(60)が殺害された事件で、静岡県警沼津署は2日、殺人の疑いで、宮代さんと同居する長男で無職、新容疑者(27)を逮捕した。

 調べでは、新容疑者は1日午後10時ごろ、宮代さんの胸や背中などを刃物で数回刺し、殺害した疑い。新容疑者は調べに対し「間違いです」などと容疑を否認している。

 凶器となったとみられる刃物が家の中から見つかり、事件当時、外部から誰かが侵入した形跡がないことなどから同署は新容疑者が殺害した疑いが強いとみて逮捕に踏み切った。同署によると、新容疑者と宮代さんの間に目立ったトラブルは確認されていないという

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120102/crm12010212530003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

賽銭箱丸ごと泥棒 重要文化財の神社被害 京都・城陽(2日)

2日午前6時半ごろ、京都府城陽市寺田宮ノ谷の水(み)度(と)神社で、本殿(重要文化財)前にあった賽(さい)銭(せん)箱がなくなっているのを参拝者が発見、同神社が京都府警城陽署に届け出た。約1万円が入っていたとみられ、同署は窃盗事件として捜査している。

 城陽署によると、賽銭箱は木製で縦約60センチ、横約100センチ、高さ約60センチ。賽銭の取り出し口に南京錠がかけてあったが、箱自体は固定されていなかった。1日午後5時半ごろに神社関係者が日中の賽銭を回収して以降、盗難にあったとみられる。

 1日の初詣客は約5千人。水田清比古宮司(56)は「1人ではとても持ち運べず、まさか丸ごと盗まれるとは…。早く戻してほしい」と話した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120102/crm12010212540004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「教祖死刑は当然」「信仰心はない」弁護士に話す(2日)

東京の目黒公証役場事務長の拉致監禁致死事件で逮捕されたオウム真理教元幹部の平田信容疑者(46)が、麻原彰晃死刑囚(56)=本名・松本智津夫=について「死刑は当然」と話していることが2日、弁護士への取材で分かった。

 接見した弁護士によると、平田容疑者は「教祖の死刑は当然。信仰心はない」と話したという。

 また、出頭した理由に、平田容疑者が一時的に実行犯として疑われた警察庁長官狙撃事件が平成22年3月に公訴時効を迎えたことをあげ、「長官狙撃事件が時効になり、間違った逮捕はされないと思った」と話したという。

 捜査関係者によると、警視庁の調べには、事務長の仮谷清志さん=当時(68)=の拉致監禁致死容疑について「仮谷さんの親族を連れ戻すために車を運転した。なぜ、拉致することになったかは知らない。仮谷さんが亡くなったことは事件後に施設内で聞いて、初めて知った」と供述してういる。

 警視庁によると、平田容疑者は7年2月、麻原死刑囚らと共謀して東京都品川区の路上で、仮谷さんを車に乗せて拉致・監禁し、山梨県上九一色村(当時)の教団施設で麻酔薬を注射するなどして死亡させた疑いが持たれている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120102/crm12010213200005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「初日の出暴走」首都高で取り締まり (2日)

大晦日の夜から元旦にかけてのいわゆる「初日の出暴走」を警戒するため、警視庁は東京の首都高速道路などで取り締まりを行いました。無免許運転や車のマフラーを不正に改造するなどの整備不良で、12人が摘発されました。

 ここ数年、環状線を競争しながら暴走する「ルーレット族」と呼ばれるグループが目立っているということで、警視庁は2日まで総勢1500人態勢で初日の出暴走の警戒にあたる方針です。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4917419.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニに強盗、店長刺され大量の出血 静岡・沼津(2日)

2日午前3時35分ごろ、静岡県沼津市岡宮の「ファミリーマート沼津インター店」に男が押し入り、同県三島市若松町、店長佐々木正二さん(52)を刺し、現金を奪って逃走した。沼津署によると、佐々木さんは病院に運ばれたが、大量の出血があるという。同署は強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、男は30歳ぐらいで、黒色ニット帽に眼鏡、白色マスクをして顔を隠していた。黒色の上下のトレーナー姿で、赤色の手袋をしていたという。

 事件発生当時、店内には佐々木さんしかおらず、佐々木さんが非常ボタンを押して通報した。被害金額は捜査中という。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元日の未明、父親宅に…放火の疑いで男を逮捕(2日)

栃木県警小山署は1日、現住建造物等放火の疑いで同県小山市松沼100の2、無職福田勤容疑者(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は1日午前2時ごろ、父親(72)らが住む同市内の木造平屋住宅に隣接する車庫に火をつけ、住宅の一部約15平方メートルを燃やした疑い。

 同署によると、父親と同居の女性(61)にけがはなかった。住宅は2人暮らし。

 福田容疑者が小山署に放火をほのめかす電話をかけたため、同署が事情を聴いていた。

Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120101/crm12010114150015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「包丁もっとんねんぞ」と脅し…殴って財布奪う(2日)

30日午後10時40分頃、兵庫県南あわじ市八木養宜中の路上で、自転車で帰宅中の同市内の塗装工男性(53)が、前から歩いてきた男に、すれ違いざまに突き飛ばされ、転倒。

 男は「包丁もっとんねんぞ」と脅して男性の顔を数回殴り、ズボンのポケットから約3万円入り財布を奪って逃げた。

 南あわじ署は強盗容疑で捜査している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社経営の男性、胸や腰に刺し傷 都内であいさつ回り中(2日)

1日午後8時ごろ、東京都練馬区光が丘2丁目のマンションのエントランスで、住人から「人が刺されて倒れている」と119番通報があった。警視庁光が丘署によると、都内に住む30代の会社経営者の男性が胸や腰に刺し傷を負って倒れており、都内の病院に運ばれた。同署は傷害事件とみて調べている。

 同署によると、男性は同日午後3時ごろ、新年のあいさつ回りのため部下とともにマンションを訪問。同8時前、傷を負って倒れていたところを住人に発見され、自分の携帯電話を渡して通報してもらった。部下は付近に止めた車の中で待機していた。左胸と右腰に傷が2カ所あり、凶器は見つかっていないという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物で刺され? 60歳男性が自宅で死亡 静岡・沼津(2日)

1日午後10時10分ごろ、静岡県沼津市原の無職宮代(みやしろ)次郎さん(60)方で、帰省中の長女(30)から「(宮代さんが)血だらけで倒れている」と119番通報があった。宮代さんは救急搬送されたが、同11時40分ごろ、市内の病院で死亡した。沼津署は殺人事件とみて調べている。

 同署によると、宮代さん方は妻(57)と長男(27)の3人暮らし。事件当時は長女を含めた4人が在宅していたという。

 2階にいた長女が男性の悲鳴を聞き、階下に下りると、1階の八畳間の布団の上で、宮代さんが血を流してもがいていたという。刃物で複数箇所を刺されたとみられるという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム・平田 信容疑者逮捕 「わたしは警察庁長官狙撃事件とは関係ありません」(2日)

2011年12月31日夜遅く、警視庁に出頭し、逮捕監禁致死容疑で逮捕されたオウム真理教の平田 信容疑者(46)が、「わたしは警察庁長官狙撃事件とは関係がありません」などと話していることが、新たにわかった。
一時は、平田容疑者が捜査線上に浮上しながらも、未解決のまま時効を迎えた国松長官狙撃事件。
平田容疑者は、出頭したあとの警視庁の取り調べに対し、自らの関与を否定した。
逮捕監禁致死容疑で逮捕された平田容疑者は、1995年、公証役場の事務長だった仮谷清志さん(当時68)をレンタカーに監禁、その後、教団施設で薬物を注射して死亡させた疑いが持たれている。
平田容疑者は31日夜遅く、丸の内警察署に「平田 信です」と出頭したが、その後の調べに対し、「わたしは警察庁長官狙撃事件には関係ありません」などと話していることがわかった。
また、かつての師である松本 智津夫死刑囚(56)については、「もう帰依心はありません」と話しているという。
また平田容疑者は、逃亡生活の内容については「人に迷惑がかかるから、言えません」などと話し、何者かが平田容疑者の逃亡を手助けしていたことをほのめかしているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214548.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

事件後に女の信者と潜伏か(2日)

オウム真理教の元幹部で東京の公証役場の事務長の監禁致死事件で逮捕された平田信容疑者が、事件が起きた平成7年に教団側から逃走資金として1000万円を受け取り、翌年にかけて東北地方で、女の信者と潜伏していた疑いのあることが分かりました。その後の足取りは分かっておらず、警視庁は長期間にわたる逃亡生活を助けていた人物がいるとみて調べることにしています。

オウム真理教の幹部だった平田信容疑者(46)は平成7年2月下旬東京・品川区の公証役場の事務長だった假谷清志さん(当時68歳)を車に無理やり乗せて監禁したうえ、山梨県の旧上九一色村の教団施設で薬物を注射して死亡させたとして、1日、監禁致死の疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、調べに対して平田容疑者は「車を運転していただけだ」などと容疑の一部を否認している一方、「假谷さんには申し訳ないと思う」と話しているということです。

 これまでの捜査で、平田容疑者は事件から3週間余りあとの平成7年3月下旬、教団側から逃走資金として1000万円を受け取り、7月には福島市内のマンションに女の信者とともに滞在していたということです。

 また、11月から翌年の平成8年2月にかけては同じ女の信者が働いていた仙台市にある飲食店の従業員用アパートに潜伏していた疑いがあるということですが、その後の足取りは分かっていません。

 平田容疑者は、潜伏していた場所について「人に迷惑がかかる」と言って口を閉ざしているということで、警視庁は長期間にわたる逃亡生活を助けていた人物がいるとみて調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120102/k10015009991000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月1日 | トップページ | 2012年1月3日 »