« 消火栓ホース筒先、盗難続発…「命にかかわる」(16日) | トップページ | 近畿税理士会上京支部の21人がかけゴルフ 京都 一口500円(16日) »

2011年12月16日 (金)

刑法犯認知件数 9年連続減 ひったくりは大阪ワースト返り咲き見込み(16日)

今年1~11月の全国の刑法犯認知件数は前年同期比6・5%減の136万9279件で、通年では9年連続の減少となる見込みであることが15日、警察庁のまとめで分かった。都道府県別ではひったくりで昨年、大阪からワーストの座を譲られた千葉が今年は半分以上も減らしている一方、大阪がワーストの座に返り咲く可能性が高まっている。

 まとめによると、検挙件数は前年同期比6・9%減の43万3355件、検挙人数は同5・1%減の28万2955人、検挙率は31・6%で同0・2ポイント減だった。

 金融機関を狙った強盗は62件で同1・6%減と微減だったが、被害総額は約2億6千万円で前年1年間の約3800万円と比べて約6・7倍に激増した。

 体感治安の目安の一つとなる街頭犯罪(路上強盗、ひったくり、自動車盗、街頭での強姦など14罪種)は61万9066件で同8・3%減。昨年から大阪に代わってワーストとなった東京は8万353件で同0・5%減となっているが、今年もワーストとなりそうだ。

 ひったくりでは、昨年ワーストの千葉が978件で同52・9%減と激減して6位。昨年9月からの1年間で自転車のかごに取り付けるひったくり防止カバーを約8万個配布したことなどが奏功した。大阪は最多の1643件で、同18・6%減だったもののワーストに返り咲く可能性が高い。

 自動車盗でワーストの愛知は、4668件で同41・9%増と激増。トヨタのハイエースやランドクルーザー、セルシオといった高級車が狙われており、プロの手口による組織的窃盗が目立っているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/crm11121605010006-n1.htm

 

« 消火栓ホース筒先、盗難続発…「命にかかわる」(16日) | トップページ | 近畿税理士会上京支部の21人がかけゴルフ 京都 一口500円(16日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53496284

この記事へのトラックバック一覧です: 刑法犯認知件数 9年連続減 ひったくりは大阪ワースト返り咲き見込み(16日):

« 消火栓ホース筒先、盗難続発…「命にかかわる」(16日) | トップページ | 近畿税理士会上京支部の21人がかけゴルフ 京都 一口500円(16日) »