« 「三女の保護最優先していたが…」と千葉県警幹部 傷害事件で捜査の矢先 長崎2女性殺害事件(18日) | トップページ | 500メートル追走し職務質問、直後に男性死亡 大阪(19日) »

2011年12月19日 (月)

インサイダー疑惑の経産省幹部を任意聴取 地検特捜部(19日)

経済産業省の審議官だった資源エネルギー庁前次長(52)による半導体大手「エルピーダメモリ」株のインサイダー取引疑惑で、東京地検特捜部が18日までに、前次長から任意で事情聴取したことがわかった。前次長側は「報道で公知となった後の取引で、インサイダー取引にはあたらない」などと、これまで同様の主張をしたとみられる。

 前次長は今年6月に証券取引等監視委員会から強制調査を受けた。特捜部の聴取は、金融商品取引法違反容疑で立件できるかどうか見極めるためで、監視委と詰めの協議を進めている。

 特捜部の調べなどによると、前次長はIT業界を担当する経産省商務情報政策局担当の審議官だった2009年2~6月に、経営危機にあったエルピーダの「救済計画」に携わる過程で未公表の重要事実を知りつつ、妻名義の口座でエルピーダ株約1万株を購入した疑いがある。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 「三女の保護最優先していたが…」と千葉県警幹部 傷害事件で捜査の矢先 長崎2女性殺害事件(18日) | トップページ | 500メートル追走し職務質問、直後に男性死亡 大阪(19日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53518203

この記事へのトラックバック一覧です: インサイダー疑惑の経産省幹部を任意聴取 地検特捜部(19日):

« 「三女の保護最優先していたが…」と千葉県警幹部 傷害事件で捜査の矢先 長崎2女性殺害事件(18日) | トップページ | 500メートル追走し職務質問、直後に男性死亡 大阪(19日) »