« 松戸の事件関与か 高校生再逮捕へ(26日) | トップページ | 災害廃棄物 3千ベクレル以下で再利用可能(26日) »

2011年12月26日 (月)

国際線旅客の10%、抽出検査へ テロ対策強化で国交省(26日)

爆発物による航空機テロを防ぐため、国土交通省が来年4月にも、成田空港などで国際線の出国旅客の10%前後を無作為抽出し、身に着けている物を確認する「接触検査」や手荷物検査を始める方向で検討していることが25日、空港関係者への取材で分かった。

 金属探知機を擦り抜ける爆薬などの持ち込みに備え、保安検査場の対策を強化してテロの抑止力向上を図るのが狙い。

 検査対象の人数は数倍に増えるとみられ、国交省は旅客が滞留して搭乗が遅れるなどの問題が生じないか、航空会社とも対策を協議している。http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122501001315.html

2010_0123_11120247newslogo1

 

« 松戸の事件関与か 高校生再逮捕へ(26日) | トップページ | 災害廃棄物 3千ベクレル以下で再利用可能(26日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53571861

この記事へのトラックバック一覧です: 国際線旅客の10%、抽出検査へ テロ対策強化で国交省(26日):

« 松戸の事件関与か 高校生再逮捕へ(26日) | トップページ | 災害廃棄物 3千ベクレル以下で再利用可能(26日) »