« 女性看護師、自宅で頭から血を流し死亡…奈良(27日) | トップページ | 埼玉でひき逃げ、女子大学生が死亡 (27日) »

2011年12月27日 (火)

長崎ストーカー殺人:「家族だけでは守れない」遺族、訴え(27日)

長崎県西海市の山下美都子さん(56)と久江さん(77)が殺害された事件で、美都子さんの夫山下誠さん(58)が27日、弁護士を通じて現在の心境などを書面で明らかにした。長崎、千葉、三重県警に被害を相談していたにもかかわらず、妻と実母を殺害された誠さんは「法律を変えてほしい。家族だけではストーカー加害者から被害者を守れない」などと記し、ストーカーやDV(ドメスティクバイオレンス)被害に対する法制度の不備や警察の連携不足を訴えた。

 書面によると、山下さんは三女(23)の同僚らの連絡で、三女が筒井郷太容疑者(27)から暴行を受け監禁状態にあることを知った。10月30日に千葉県内の三女宅に上司らが突入。家族が三女を長崎に連れ帰った。この時、同行した千葉県警習志野署員が筒井容疑者を署に傷害容疑で任意同行したが、同署は「三女にはもう近づかない」との誓約書を取り、逮捕しなかった。

 筒井容疑者は、その後も三女の関係先に「居場所を教えなければ殺す」と脅迫メールを送るなどしたため、山下さんは逮捕を求めて今月6日、同署を訪ねたが「1週間待ってほしい」と言われた。脅迫メールはその後も続き、筒井容疑者は周囲をうろついたが、被害届が受理されたのは8日後の14日。この間、脅迫メールを送られた人たちの保護も相談したが「メールを受けた人が住んでいる管轄の警察に相談するよう」言われたという。

 また、山下さんは筒井容疑者の行方が分からなくなったため、筒井容疑者の実家がある三重県警桑名署にも相談したが「その後何の連絡もなかった」としている。

 こうした警察の対応について山下さんは「威迫行為が続いていたのに野放しにされていた」として「この国で誰が筒井容疑者のような危険人物から守ってくれるのか、今も分からずにいます」と訴える。

 更に「警察からは筒井容疑者に手を出すな、と言われたが、結局それは、黙って殺されろ、と言われたのと同じ」と書いた。

 書面は、長崎県警記者クラブが弁護士を通じて出した質問に答える形で出された。【梅田啓祐】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111228k0000m040084000c.html

 

« 女性看護師、自宅で頭から血を流し死亡…奈良(27日) | トップページ | 埼玉でひき逃げ、女子大学生が死亡 (27日) »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53584946

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ストーカー殺人:「家族だけでは守れない」遺族、訴え(27日):

« 女性看護師、自宅で頭から血を流し死亡…奈良(27日) | トップページ | 埼玉でひき逃げ、女子大学生が死亡 (27日) »