« 万引き防止対策 官民が会議(12日) | トップページ | 軽とトラック正面衝突し全焼、3人死亡…岡山道(13日) »

2011年12月13日 (火)

路線バス代わり「あいのりタクシー」運行(13日)

熊本県山鹿市は、山鹿、鹿本地区の中山間地と市街地を結ぶ予約制のあいのりタクシー「山鹿チヨマツ号」の委託運行を始めた。

 これで合併前の旧5市町すべてで運行が実現したことになる。

 同タクシーは、路線バスの停留所から500メートル以上離れた集落と市街地などを毎週火曜、金曜日に運行する。料金は200~500円。

 山鹿地区の平山温泉街では2日、出発式が行われた。バス停から約2・5キロの距離にある堂ノ原の山口純一区長も出席し、「堂ノ原は高齢化が著しい。タクシーは自宅まで来てくれるので、特に、車を持たない一人暮らしのお年寄りにはありがたい」と話していた。

 予約制のあいのりタクシーは菊池市が2004年から、長洲町が今年10月から運行するなど、高齢化が進む地区で普及。多くは、赤字の路線バス廃止の代替措置として行われている。

 山鹿市は07年6月に導入。山鹿、鹿本地区は、バス路線が赤字で、運行会社に補助金を出しており、あいのりタクシーと合わせて費用がかさむが、市は「すべての交通弱者を救うという理念で取り組んでいる」と説明している。

 

« 万引き防止対策 官民が会議(12日) | トップページ | 軽とトラック正面衝突し全焼、3人死亡…岡山道(13日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路線バス代わり「あいのりタクシー」運行(13日):

« 万引き防止対策 官民が会議(12日) | トップページ | 軽とトラック正面衝突し全焼、3人死亡…岡山道(13日) »