« 千葉の空き地に白骨遺体 20~30代の男性か(8日) | トップページ | みずほ銀が不審メールで注意呼びかけ(9日) »

2011年12月 9日 (金)

「メール発信元は中国」 国会議員サイバー攻撃 参院が中間報告(9日)

国会議員のパソコンなどに攻撃メールが相次いだ問題で、参院は8日、送り付けられたウイルス付きメールの発信元は中国とみられると発表した。

 参院事務局の中間報告によると、8月5日に受信した「資料送付のお知らせ」「内部資料 中国権力継承の動き」という件名のメールを開いた3議員のパソコンが最初に感染。その後、サーバー2台とパソコン26台に感染が拡大した。

 感染したパソコンは中国やシンガポールにある不正サイトに勝手にアクセスしていた。衆院の調査でも同じ不正サイトにパソコンなどがアクセスしていた痕跡が見つかっている。

 感染したサーバーは、議員と秘書の計約700のIDとパスワードを管理しており、同事務局は、全議員のIDやパスワードが盗まれた可能性があるとみている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111209/crm11120901230001-n1.htm

 

« 千葉の空き地に白骨遺体 20~30代の男性か(8日) | トップページ | みずほ銀が不審メールで注意呼びかけ(9日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メール発信元は中国」 国会議員サイバー攻撃 参院が中間報告(9日):

« 千葉の空き地に白骨遺体 20~30代の男性か(8日) | トップページ | みずほ銀が不審メールで注意呼びかけ(9日) »