« 元大関でタレントのKONISHIKIさん、近所の男性とトラブル 暴行容疑で書類送検(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年12月14日 (水)

通り魔で県境警察が情報交換(14日)

埼玉県と千葉県で小中学生が刃物で襲われる事件が起きたことを受けて、県境をまたいだ事件に備えて、警察が情報共有を強化するための対策会議が茨城県古河市で開かれました。
埼玉県三郷市で中学生が切りつけられた事件で殺人未遂の疑いで逮捕された男子高校生は、隣接する千葉県松戸市で起きた小学生が刺された事件についても関与を認める供述をしています。
こうした県境をまたいだ事件に速やかに対処しようと、茨城、栃木、群馬、埼玉の4つの県の警察の担当者が集まって、茨城県の古河警察署で初めての対策会議が開かれました。
会議ではこれまでに寄せられている子どもや女性に対する不審者の情報をそれぞれ提供して似た人物がいないかなどを確認しました。そして、大きな事件が起きたときに迅速に情報交換ができるよう、担当者の直通の電話番号を交換しました。
会議に参加した埼玉県加須警察署生活安全課の渡辺半課長は「犯罪は県境に関係なく広域で起きる状況にある。情報を共有して犯人や不審者を囲い込む態勢を築きたい」と話していました。
会議を主催した古河警察署の菅原英夫署長は「各警察署とも同じ危機意識を持っていることがわかった。これからもこうした機会を設けて連携を強化したい」と話していました。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004581591.html

 

« 元大関でタレントのKONISHIKIさん、近所の男性とトラブル 暴行容疑で書類送検(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53483238

この記事へのトラックバック一覧です: 通り魔で県境警察が情報交換(14日):

« 元大関でタレントのKONISHIKIさん、近所の男性とトラブル 暴行容疑で書類送検(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »