« 父親に買ってもらった刃物も…三郷の切りつけ(9日) | トップページ | 強制わいせつ:容疑で外務省職員逮捕 女性の胸触る 東京(9日) »

2011年12月 9日 (金)

「次郎長」の神社に放火容疑、少年3人を逮捕(9日)

「清水の次郎長」ゆかりの美濃輪稲荷神社(静岡市清水区美濃輪町)で本殿が全焼した火事で、静岡県警は8日、非現住建造物等放火などの疑いで、少年3人を逮捕した。

 県警の発表によると、逮捕されたのは、いずれも県内の土木作業員(18)、無職(18)、高校1年生(15)の少年3人で、共謀して11月26日夜、同神社の本殿に火をつけて全焼させるなどした疑い。

 3人は遊び仲間で、境内でトイレットペーパーにライターで火をつけて火遊びをしていたといい、「本殿に火がついたのを見てびっくりして逃げた」と供述しているという。

 同神社は、幕末から明治にかけての

侠客

(

きょうかく

)

として知られる清水の次郎長が氏子として名を連ね、本名である「山本長五郎」の名が刻まれた石柱が奉納されている。

 

« 父親に買ってもらった刃物も…三郷の切りつけ(9日) | トップページ | 強制わいせつ:容疑で外務省職員逮捕 女性の胸触る 東京(9日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「次郎長」の神社に放火容疑、少年3人を逮捕(9日):

« 父親に買ってもらった刃物も…三郷の切りつけ(9日) | トップページ | 強制わいせつ:容疑で外務省職員逮捕 女性の胸触る 東京(9日) »