« 団地の駐車場で強盗 福岡・東区、バッグ奪い男逃走(6日) | トップページ | 茨城殺人:さいたま市の65歳の男に容疑 再逮捕へ(6日) »

2011年12月 6日 (火)

性犯罪、懲役が合わせて50年になったわけ(6日)

静岡県県東部で女性9人に乱暴し、けがをさせたなどとして、

強姦

(

ごうかん

)

致傷罪などに問われた同県長泉町下長窪、無職小沢貴司被告(35)の裁判員裁判の判決が5日、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)であり、計50年の懲役という厳しい判断が示された。

 判決理由には「卑劣かつ非道」「女性の人格を無視した重大犯罪」などの厳しい言葉が並び、性犯罪への社会の目の厳しさが改めて浮き彫りとなった。

 小沢被告は2009年3月、窃盗罪で懲役1年執行猶予4年の判決を受け、確定している。このため、刑法の規定に基づき、判決前に起こした01~08年の5件に懲役24年(求刑・懲役30年)、判決後の09~10年の4件に懲役26年(同・懲役30年)と量刑が分けられた。

 判決はまず、車で

徘徊

(

はいかい

)

して襲う女性を捜し、全く面識のない女性を人気のない場所に連れ込む手口を「常習的犯行」と認定。女性が意識を失いかけるほど首をしめ、頭部を数回コンクリートに打ちつけた行為を「凶暴極まりない」と断罪した。さらに、09年に窃盗罪で確定判決を受けた後、計4件の犯行に及んだことについて、「一層厳しい非難に値する」と指摘、被害者に苛烈な暴行・脅迫を加えるなど「凶暴性をエスカレートさせた」とした。

 判決後、奥村淳一・静岡地検沼津支部長は「異例の求刑で裁判員は判断に悩んだと思うが、妥当な判決が得られたと考える」とのコメントを出した。一方、弁護側は「(確定判決の前後で量刑を分ける)刑法45条の形式的な適用は問題」などと述べ、控訴する方針を明らかにした。しかし、小沢被告は「被害者のことを考えれば、この判決を受け入れざるを得ないのかな」と話したという。

 記者会見に応じた裁判員経験者2人のうち、40歳代男性は「判決は確かに長いが、評議を通じて結果的に長くなった。妥当な判決を導いた」と振り返った。

 

« 団地の駐車場で強盗 福岡・東区、バッグ奪い男逃走(6日) | トップページ | 茨城殺人:さいたま市の65歳の男に容疑 再逮捕へ(6日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪、懲役が合わせて50年になったわけ(6日):

« 団地の駐車場で強盗 福岡・東区、バッグ奪い男逃走(6日) | トップページ | 茨城殺人:さいたま市の65歳の男に容疑 再逮捕へ(6日) »