« 家族会 拉致問題の解決を要望(20日) | トップページ | 脱北者「政治的混乱、確実では」 国境警備強化も予想(20日) »

2011年12月20日 (火)

「シー・シェパード」関係者 暴行容疑で滞在ホテルを家宅捜索(20日)

反捕鯨団体「シー・シェパード」の関係者が和歌山県太地町で男性会社員を暴行したとされる事件で、県警が関係先として、団体のメンバーらが滞在する隣町のホテルなど数カ所を暴行容疑で家宅捜索したことが19日、分かった。捜査関係者が明らかにした。

 捜索は18日。県警は団体メンバーらが使っているパソコンや携帯電話などを押収したとみられ、太地町の捕鯨への妨害、監視の実態を調べる。

 暴行事件は16日午後0時40分ごろ発生。立ち入り禁止区域となっていた太地町の堤防道路に無理やり入ろうとした団体関係者でオランダ国籍の男(42)が、制止した男性会社員の胸を手のひらで突いたとして、県警が暴行の疑いで現行犯逮捕した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111219/crm11121918550013-n1.htm

 

« 家族会 拉致問題の解決を要望(20日) | トップページ | 脱北者「政治的混乱、確実では」 国境警備強化も予想(20日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シー・シェパード」関係者 暴行容疑で滞在ホテルを家宅捜索(20日):

« 家族会 拉致問題の解決を要望(20日) | トップページ | 脱北者「政治的混乱、確実では」 国境警備強化も予想(20日) »