« 2011年12月29日 | トップページ | 2011年12月31日 »

2011年12月30日

2011年12月30日 (金)

東京・世田谷区と渋谷区でコンビニ強盗相次ぐ 同一犯の疑いが強いとみて捜査(30日)

東京・世田谷区と渋谷区で30日朝早く、コンビニ強盗が相次いだ。
30日午前4時半ごろ、世田谷区松原のコンビニエンスストアで、マスク姿の若い男が、いきなり店員に包丁のようなものを突きつけ、現金4万円を奪い取って逃走した。
その2時間後、渋谷区笹塚のコンビニでも、現金およそ10万円が奪われる強盗事件が発生、警視庁は、男の特徴が似ていることから、同一犯の疑いが強いとみて調べを進めている。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214499.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤もデリバリー、街角の密売人消える(30日)

大阪市西成区のあいりん地区の路上で出没していた覚醒剤の密売人が姿を消しつつある。

大阪府警は、密売グループが、携帯電話などで顧客から注文を受けて届ける「デリバリー(配達)方式」に移行しているとみて、潜在化に警戒を強めている。

 府警によると、今年1~11月、同地区で摘発した密売人と顧客は約430人で、前年同期と比べて約50人減った。以前は、一日中、路上で客待ちをしている密売人の姿を確認できたが、最近は、夕方から未明の限られた時間帯だけしか現れなくなったという。

 その一方で、数年前からは、「デリバリー方式」が目立つようになった。密売人は路上で、客に対し、覚醒剤ではなく、他人名義や架空名義の「飛ばし」と呼ばれる携帯電話の番号を書いたメモを渡して受注。

 待ち合わせ場所は、捜査当局の監視が厳しいあいりん地区を避け、大阪市内のコンビニ店やコイン駐車場などを指定し、近くの路地で取引しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)

児童虐待をどうする!

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

200909270850261l

治安の悪化の要因のひとつに家庭の崩壊がある。そこで小欄は、昨年12月31日、平成23年は、「家族に起因する事件」が多くなるのではと予測。クローズアップしていた「振り込め詐欺」のカテゴリーに、「家族関係の事件簿」を新たに加えメーンにしてみた。

 まだ1日残しているが30日現在でまとめると、実に報道された分の一部であるが、362件のニュースを掲載した。

 12月に入り20日以降では26日に三重県で病院に入院中の35歳の男性の顔に濡れタオルがかけられて死亡した事件では、病院近くの駐車場で69歳の父親が自殺。25日には滋賀県の林道に止まっていた乗用車で1歳くらいの男児が死亡、近くの河川敷で母親が死亡。23日には横浜市の住宅で親子が死亡しているなど心中事件が目立っている。

 特に今年は児童虐待が目立った年でもあった。37歳の父親が1歳の子供を10階から投げたり、5歳児に食事も与えず栄養失調状態にまで追い込み、最後には顔や頭を殴って殺害した父親もいた。我が娘に売春させたり、物乞いさせた親もあった。

 昔、尊属殺人罪なる罪があったが廃止されている。つまり親等上で父母と同列以上にある人を殺害した場合は死刑か無期懲役の刑が科せられるのだが、憲法違反として廃止になった。

 これに対して、犯罪弱者である子供を殺害するのだから、もっと悪い犯罪だ。子供が「母ちゃん、父ちゃん…どうして?」と言いながら意識を失っていく…。

 子供にとって最も信頼していた親に殺される-こんな親、許せない。むしろ「仇討ち罪」なるものを設けて、同じ手口で仕返ししてやりたくなると思うのは、小欄だけか?。

 「銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」-正月は、思いっきり子供たちと遊んであげて下さい。抱きしめてやって…
2006_0810_004208nisho

 東京・渋谷区で29日夜、タクシー強盗があった。同区周辺では先週末から同様の被害が4件相次いでいるという。報道等を勘案するに首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴力団やめた」急増、排除条例が効果か…宮城(30日)

宮城県暴力団排除条例が今年4月に施行されて以降、県内を拠点とする暴力団から、例年を大幅に上回る59人の組員が脱会したことが県警のまとめでわかった。

暴力団排除の機運が高まり、暴力団の活動が困難となったことが背景にあるとみられるが、県警は「組員としての実態を隠し、地下に潜る可能性もある」として、引き続き警戒を強めている。

 県警によると、県内の暴力団組員数は、条例施行前の3月は1050人だったが、11月末には991人に減った。捜査関係者によると、条例施行以前の脱会者数は例年、多くても十数人程度という。

 同条例の施行で、組員は、事業者からサービスを受けられなくなった。また、金融機関や宿泊施設などが暴力団排除の条項を設け、口座の開設を拒否したり、宿泊を断ったりするようになったことで、組員の日々の生活に支障をきたし、脱会を促したとみられる。

 組員による犯罪は、傷害など暴力が絡む事件が減る一方で、万引きなどの窃盗事件で逮捕される組員が目立っている。捜査幹部は「資金源が閉ざされ、日常生活すら困難になっている実態がうかがえる」と話す。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡した父の埋葬や届け出せず 容疑の50歳男を逮捕 岩手(30日)

自宅に死亡した父親の遺体を放置したとして、岩手県警北上署は30日、死体遺棄の疑いで、同県北上市下江釣子、無職、阿部政人容疑者(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は、父親の政之助さん(79)が死亡したのに届け出や埋葬をせず、自宅1階の8畳間のふとんに放置したとしている。

 同署によると、阿部容疑者は政之助さんと2人暮らし。北上市役所の職員から「政之助さんの姿をしばらく見ていない」と相談があり、28日午後に署員らが自宅で遺体を発見。30日に市内の路上で阿部容疑者を見つけ、逮捕した。

 遺体の損傷が激しく死因は不明だが、死後数カ月で目立った外傷はないという。

 阿部容疑者は「父親が自宅で死んでいたのは知っていたが、届け出はしていない」と大筋で容疑を認めているという。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111230/crm11123019310006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷区でタクシー強盗、周辺で被害4件(30日)

東京・渋谷区で29日夜、タクシー強盗がありました。先週末から渋谷区周辺では同様の被害が4件相次いでいて、警視庁は関連を調べています。

 29日午後9時40分ごろ、渋谷区西原で、タクシーに乗っていた客の男が突然、男性運転手(64)にナイフのようなものを突きつけて「金を出せ」と脅し、売上金およそ2万円を料金箱ごと奪って逃げました。運転手にけがはありませんでした。

 警視庁によりますと、男は渋谷駅近くからタクシーに乗車し、人通りの少ない路地へ行くよう指示したということです。

 また、1週間ほど前から渋谷区周辺で同様の被害が4件相次いでいて、警視庁は同一犯の可能性もあるとみて逃げた男の行方を追っています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4916036.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区と渋谷区でコンビニ強盗相次ぐ 同一犯の疑いが強いとみて捜査(30日)

東京・世田谷区と渋谷区で30日朝早く、コンビニ強盗が相次いだ。
30日午前4時半ごろ、世田谷区松原のコンビニエンスストアで、マスク姿の若い男が、いきなり店員に包丁のようなものを突きつけ、現金4万円を奪い取って逃走した。
その2時間後、渋谷区笹塚のコンビニでも、現金およそ10万円が奪われる強盗事件が発生、警視庁は、男の特徴が似ていることから、同一犯の疑いが強いとみて調べを進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

震災がれき「受け入れない」6割 東西で意識格差(30日)

東日本大震災に伴い発生した宮城県、岩手県の震災がれきの処理について、「現状で受け入れをする考えがない」と回答した都道府県と政令市が計36団体あり、約6割に及ぶことが、産経新聞の調査で分かった。ほぼ全ての自治体が「放射能への不安」を理由に挙げた。受け入れに消極的な自治体は西日本に多く、東西の意識格差が浮き彫りになった。

関連記事

記事本文の続き 調査は電話での聞き取り方式で、12月中旬から下旬に実施。

 被災3県と距離的な理由で受け入れ困難な沖縄を除く43都道府県、仙台市を除く18政令市の計61自治体の担当者に、がれきの受け入れに関する現状を聞いた。都道府県には把握できている市町村の状況も聞いた。

 京都府は回答を拒否。2つの自治体が「住民の苦情で業務に支障の出る恐れがある」などとして、匿名を条件に回答した。

 都道府県のうち、がれきを「すでに受け入れている」と回答したのは東京都、山形県(山形市など6市町)、青森県(三戸町)の3自治体のみ。「受け入れる考えがある」と前向きな姿勢を示したのは15にとどまり、「ない」とした27を下回った。

 政令市では「ある」と「ない」が9ずつで同数だった。

 「ない」とした団体のうち大多数は「放射性物質への住民の不安」を理由にした。焼却施設や埋め立て施設など規模が小さく「受け入れられる状況にない」とした自治体もあった。茨城、栃木、千葉の3県は自らも被災地のため、受け入れは困難とした。

 「ある」と回答した自治体でも、すでに具体的な受け入れの動きが出ているところがある一方、高知や三重県などでは「受け入れたい気持ちはあるが、積極的な市町村がない」などと説明した。

 被災地との距離も大きく影響。東北・関東では前向きな自治体が目立つ一方、近畿では大阪府が受け入れの独自基準を策定した以外に大きな動きはなかった。九州では北九州市が受け入れを検討している以外は全自治体が「ない」と答えた。

 

続きを読む "震災がれき「受け入れない」6割 東西で意識格差(30日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「酒に酔ってむらむら」 女性の太もも触る 中日新聞社員を逮捕 警視庁(30日)

電車内で女性の太ももを触ったとして、警視庁葛飾署は、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、中日新聞社員、瀬戸輝彦容疑者(37)=千葉県船橋市北本町=を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「酒に酔っていた。むらむらしてやった」と供述している。

 逮捕容疑は29日午前6時ごろ、JR総武線の小岩-新小岩間の電車内で、左隣に座っていた女性(41)の太ももを複数回にわたって触ったとしている。

 同署によると、瀬戸容疑者は女性に取り押さえられ、新小岩駅の駅事務所に連れて行かれた。

 同社によると、瀬戸容疑者は東京中日スポーツ整理部員。西山和夫同社東京中日スポーツ総局長は「事実であれば大変遺憾で、被害者に対して申し訳なく思う。事実関係を調査して厳正に対処したい」と話している。

関連ニュース

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞配達中に除雪車にひかれる 青森の市道で女性死亡(30日)

30日午前4時35分ごろ、青森市金沢の市道で同市の新聞配達員、佐々木仁美さん(37)がバックしてきた除雪車にひかれ、間もなく死亡した。

 青森署は自動車運転過失傷害の疑いで除雪車を運転していた同市旭町の会社員、神貢容疑者(55)を現行犯逮捕した。

 同署によると、神容疑者は除雪作業中で、歩いて新聞を配達していた佐々木さんをひいたという。同署は自動車運転過失致死容疑に切り替えて事故原因を調べる。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111230/dst11123012490009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性ひき逃げ死亡事件 出頭の19歳少年を逮捕(30日)

茨城県坂東市で女性がひき逃げされて死亡した事件で、警察は19歳の少年を逮捕しました。

 坂東市に住む19歳の土木作業員の少年は28日午後7時すぎ、道路を横断していた小林恭子さん(74)を軽自動車ではね、そのまま逃げた疑いが持たれています。小林さんは病院で死亡が確認されました。少年はその後、警察に「当て逃げされた」とうその通報をして、駆けつけた警察官からひき逃げ事件との関与を尋ねられても否定していました。しかし、29日未明になって勤務先の社長に付き添われ、警察に出頭しました。少年は「社長に迷惑をかけると思い、怖くなって逃げた」と話しているということです。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故:無灯火の自転車、女性はね死なす…兵庫の市道(30日)

28日午後6時20分ごろ、兵庫県相生市竜泉町の市道を歩いていた近くの無職、森ムツミさん(65)に市内在住の高校1年の男子生徒(16)が運転する自転車が衝突。森さんは転倒して頭を強く打ち、29日午後3時55分に脳挫傷などで死亡した。

 県警相生署によると、森さんは知人女性2人と一緒に並んで散歩していた。知人は「自転車が突然、突っ込んで来た」と話しているという。高校生は友人宅から帰宅中。自転車にはブレーキが付いていたが、無灯火だったという。

 現場は川沿いの道路で道幅3.2メートル。付近に街灯はなかった。【浜本年弘】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111230k0000m040073000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「中学生なら抵抗されない」 わいせつ容疑の豊橋署巡査(30日)

愛知県警豊橋署巡査の森崎港平(こうへい)容疑者(21)が女子中学生にわいせつな行為をしたとして逮捕された事件で、森崎容疑者が「中学生なら抵抗されにくいと思った」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。現場周辺では、森崎容疑者の仕事が休みの日に小中学生の被害が複数起きているため、県警が関連を捜査している。

 森崎容疑者は11月28日正午すぎ、名古屋市の集合住宅で中学1年の女子生徒(13)の体を触り、さらに別の住宅でわいせつ目的で中2の女子生徒(14)の口をふさいだ疑いで27日に逮捕された。

 捜査関係者によると、目撃証言で犯人に似ているとされた男が事件直前、現場そばのコンビニエンスストアの現金自動出入機(ATM)で現金を下ろしていたことが判明。県警が口座を調べて、森崎容疑者と特定された。

 現場は森崎容疑者の実家の近くにあり、事件当日は仕事が休みだった。一帯では昨年春ごろから小中学生が被害を受ける事件が約1カ月間隔で起きていた。複数の事件で特徴の似た男が目撃されていた。森崎容疑者は「ほかにもやった」と供述しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナニワ殺伐…連続強殺、一斗缶、虐待連鎖(30日)

【衝撃事件の核心・ナニワの事件簿2011】

 平成23年も大阪では、尊い命が奪われる事件が相次いだ。堺市では裕福な高齢者が殺害され、現金などを奪われる強盗殺人事件が年末にかけて連続発生。別事件で服役後、仮釈放されていた男が関与を自供し、大阪府警が裏付け捜査を進めている。夏には大阪市内の公園で、人の遺体の一部が入った一斗缶が見つかり、約5年前の殺人事件で男が逮捕される事態に発展。また乳幼児の虐待事件は止まらず、幼い命が奪われるケースもあった。

関連記事

記事本文の続き ■つながった2事件

 堺市で起きた連続強盗殺人事件は11月5日午後、堺市南区の主婦、田村武子さん(67)が自宅を出たところから始まった。

 田村さんは、自宅近くのショッピングセンターで連れ去られたとみられ、翌日、田村さんのキャッシュカードで現金5万円が引き出されていた。

 その後、堺市内で見つかった田村さんの乗用車には血痕が残されており、市内の山中では所持品が発見され、府警捜査1課は南堺署に捜査本部を設置した。

 12月1日には田村さん宅から約10キロ北の堺市北区で、象印マホービン元副社長、尾崎宗秀(そうしゅう)さん(84)が自宅で殺害された。

 自宅にあった現金約70万円がなくなっていたほか事件当日、不審な男が尾崎さんのカードを使用していたことが、近くの農協支所の防犯カメラで確認された。

 両事件は当初、別々に捜査されていたが、12月上旬に府警にもたらされた情報をきっかけに、関連性が浮かび上がった。

 仮釈放されている男が出所の分からない多額の現金を所持-。情報をもとに府警は12月6日、8年前の放火事件で実刑判決を受け服役後、仮釈放されていた西口宗宏被告(50)=窃盗罪で起訴=を窃盗容疑で逮捕した。

 西口被告は以前、尾崎さんと親しくしていたほか、田村さんが失踪したショッピングセンター周辺に住んでいたこともあった。

 さらに、事件に関係する現場周辺では、西口被告に似た男や西口被告が使っているのに酷似したミニバイクが確認された。

 両事件へ関与した疑いが強まる中、12月13日夜、西口被告が自供。2つの事件はついにつながった。

 なぜ、西口被告は2人の命を奪ったのか。府警は両事件の裏付け捜査などを進め、事件の全容解明を目指している。

 

続きを読む "ナニワ殺伐…連続強殺、一斗缶、虐待連鎖(30日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行容疑で男を逮捕、公務執行妨害の疑いで同僚の男を逮捕 埼玉・朝霞(30日)

埼玉県警朝霞署は28日、暴行の現行犯で、住居不詳、会社員、矢口真也容疑者(32)を逮捕、公務執行妨害の現行犯で東京都杉並区上井草、会社員、中沢通人容疑者(38)を逮捕した。

 朝霞署の調べによると、矢口容疑者は28日午後11時45分ごろ、朝霞市東弁財の路上で、学校非常勤職員の男性(23)の顔を殴る暴行を加え、中沢容疑者は矢口容疑者を現行犯逮捕した男性巡査(32)に「何やってんだよ」などといって制帽を振り払い、髪の毛を引っ張る暴行を加え職務を妨害した疑いが持たれている。巡査にけがはなかった。

 朝霞署によると、2人は同じ会社の同僚で、2人とも酒に酔っていたという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111229/crm11122922410014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宝石店被害は6千万円相当 岡山、時計など千点以上(30日)

岡山県津山市の宝石店から商品が盗まれた事件で、被害は時計など約1150点と金庫にあった現金430万円で、被害額は約6千万円相当に上ることが29日、県警津山署の捜査で分かった。

 事件は23日午前2時15分ごろ発生。津山市の宝石店「KANDA」本店の壁を何者かがクレーン付きトラックで壊して侵入し、ショーケースを割って宝石など商品多数と現金の入った金庫を盗んで逃げた。トラックは盗難車で、店の駐車場に残っていた。

 警備会社の通報から約5分後に警察官が現場に駆け付けたときには既に逃走していたことから、津山署は複数人による計画的な窃盗事件として、店内などの防犯カメラの映像を解析している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111229/crm11122913090007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月29日 | トップページ | 2011年12月31日 »