« 2011年12月21日 | トップページ | 2011年12月23日 »

2011年12月22日

2011年12月22日 (木)

指切断の原因は酒瓶 エスカレーター事故(22日)

川崎市高津区のJR武蔵溝ノ口駅南口のエスカレーターで21日に女性が左手の指を切断した事故で、女性はエスカレーターの手すりのベルトと、すぐ脇に捨てられていた瓶とのわずかな隙間に指を挟まれたことが22日、神奈川県警への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、捨てられていたのはウイスキーの空き瓶で、ポリ袋に入れられていた。

 県警は手すりのベルトとステンレス製のレールとの隙間に指が挟まれた可能性があるとして、詳しい状況を調べていた。

 川崎市は当初、手すりのベルトとレールの隙間を3.5~4ミリと説明したが、その後、ベルトの左右の隙間を合わせて3.5~4ミリと修正した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

消火器噴射と店員暴行容疑、男逮捕 (22日)

東京消防庁の消防士の男が東京・歌舞伎町の飲食店の外で消火器を撒き散らした上、店員に暴行したとして、警視庁に逮捕されていたことが分かりました。

 暴行などの疑いで現行犯逮捕されたのは、東京消防庁・狛江消防署に勤務する28歳の消防副士長の男で、21日午前2時ごろ、新宿区歌舞伎町の飲食店で同僚の消防士3人と酒を飲んだ後、店の外の廊下で消火器3本を撒き散らした上、止めようとした20代の男性店員の顔を殴った疑いが持たれています。

 男性店員にけがはありませんでした。

 取り調べに対し、副士長は「酒に酔って全く覚えていないが、事実なら大変申し訳ない」と供述しているということです。

Msn_s1_7 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4909629.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野の遺体、殺人容疑で送検の交際相手処分保留(22日)

長野県南牧村の別荘地で10月、無職徳原マイケルウイリアムさん(当時37歳)が遺体で見つかった事件で、長野地検は22日、殺人容疑で送検された交際相手のさいたま市南区内谷、元会社員江崎拓史被告(47)(死体遺棄罪で起訴)を処分保留とした。

 地検は「勾留期限までの捜査では、終局処分に至らなかった」としている。

 江崎被告は1日、東京都豊島区西池袋の徳原さんのマンションで徳原さんの首を絞めて殺害した、として再逮捕されていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の捜査情報漏洩事件、元西淀川署長ら11人処分(22日)

大阪府警西淀川署の元巡査部長(40)が暴力団関係者側に捜査情報を漏洩(ろうえい)していた事件で、府警は22日、監督責任を怠ったとして、元同署長の男性警視(53)を本部長訓戒とするなど当時の上司計11人を処分した。

 内訳は、本部長訓戒3人▽所属長訓戒2人▽本部長注意1人▽警務部長注意2人▽所属長注意3人。府警は「元巡査部長が暴力団関係者側と交際を始めたり、金品を受け取っていたとみられる時期の上司について、責任をより重くみた」などとしている。

 また、元巡査部長から他人名義の携帯電話を譲り受けたとして、男性巡査部長(35)と男性警部補(45)の2人を所属長訓戒とした。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111222/crm11122221530013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)

制服警察官の威力

【治安つぶやき】

2009_1228_22521931_2

20111218100047_2

 年末を迎え東京都内で強盗事件が相次いでいる。22日午前5時20分ごろには、東京都荒川区西尾久のコンビニに刃物のようなものを持った男が押し入り、アルバイト店員に「金を出せ」と脅迫。現金約3万円を奪って逃げた。

 また21日夜には、東京・渋谷区と世田谷区でタクシーの運転手が客の男に刃物で脅されて現金を奪われる事件が相次いだ。午後11時半ごろ、渋谷区神南の路上でタクシーに乗っていた男が運転手の75歳の男性にカッターナイフのような刃物を突きつけて「金を出せ」と脅し、売り上げ金およそ8000円を奪って逃走。ほぼ同じころ、世田谷区池尻の路上でもタクシーに乗っていた男が82歳の運転手の男性にカッターナイフのような刃物を突きつけて脅し売り上げ金およそ8000円を奪って逃げた。

 同日午後6時50分ごろ、東京都福生市福生の質店に男が押し入り、男性店主に刃渡り約15センチの包丁のようなものを突きつけ「マネー、マネー」と脅した。男は店主が金庫から出した現金約20万円を奪い、徒歩で逃げた。

 警視庁では既に年末年始特別警戒に入っているが、街角の制服警察官の姿が足りないのではないのか。よって首都東京の体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

 平成8年の年末だったか、長官が国松さんのころ、交通死亡事故抑止のため機動隊員など制服警察官を街頭に立たせた。この見せる警戒が功を奏して死者数を見事に抑えたことがあった。制服の威力は凄いですぞ。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅から血痕が…62歳男性が数日前から不明(22日)

川崎市に住む62歳の男性が、数日前から行方不明になっていることが分かりました。自宅から血痕が見つかったため、警察は、何らかの事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査に乗り出しました。

 行方不明になっているのは、川崎市中原区に住むアルバイトの柳澤正生さんです。警察によりますと、柳澤さんは一人暮らしで、19日の朝にアルバイト先の会社から長女(28)に「出勤してこない」との連絡があり、長女が自宅を訪れたところ、姿がありませんでした。柳澤さんの部屋に荒らされたような跡はありませんでしたが、カーペットから血痕が見つかっていて、居間の窓の鍵は開いていたということです。警察は、柳澤さんの行方を捜すとともに、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211222029.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

企業などに暴力団情報の提供拡大へ(22日)

全国で暴力団排除条例が施行されたことを受け、警察庁は暴力団と関係を絶とうとする企業などに対しても、暴力団に関する情報提供を拡大することを決めました。

 これまで、暴力団情報の提供は、犯罪被害の防止などの場合に限られていました。しかし、全国で暴力団排除条例が施行され、企業などから情報提供を求める声が強まったため、警察庁は今回、取引先が暴力団関係者かどうかや暴力団とどういう関係にあるかなどの情報提供を条件に応じて行うことを決めました。

 また、暴排活動を行っている企業への襲撃が続いていることを受け、警察庁は新たに「身辺警戒員」を設け、24時間体制で保護対象者の警護にあたるなど、警備も強化するということです

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4909422.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビなど車上荒らし、京丹後市で一晩に7件(22日)

京都府京丹後市久美浜町内で17日から18日にかけての一晩のうちに、カーナビなどが盗まれる車上荒らし事件が7件(被害総額93万6500円)相次いでいたことが分かった。

 窃盗容疑で捜査している京丹後署は「週末を狙った犯行であり、クリスマス時期の連休や年末年始も気をつけて」と注意を呼びかけている。

 同署によると、家族で旅行に来ていた兵庫県姫路市の男性会社員(25)が、同町湊宮の旅館の駐車場に止めていた乗用車内から、カーナビやiPod(アイポッド)、CDなどが盗まれたほか、病院や民家の駐車場などに止めていた車6台からもカーナビなどが盗まれる被害が出た。すべて窓ガラスを割ってドアロックを解除する手口だったという。

 同署は、車内に盗難防止機器を設置するなど、自衛策の強化も求めている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

深夜に3千円借金「非常識」となじられ女性殺害(22日)

横浜市港南区で6月、同じ団地に住むパート従業員、飯田幸子さん=当時(73)=を殺害したなどとして、殺人と窃盗未遂の罪に問われた無職、松崎彰彦被告(57)の裁判員裁判で横浜地裁(朝山芳史裁判長)は22日、懲役16年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。

 検察側は「被害者を夜遅くに訪ね3千円を借りたとき、『非常識だ』といわれたりしたことに腹を立てて殺害した身勝手な動機で悪質」と指摘。松崎被告は起訴内容を認め、弁護側は「自首し、反省している」として懲役10年が相当とした。

 起訴状などによると、6月20日夜、飯田さん宅で飯田さんの頭部をハンマーで12回殴打し、両手で首を絞めて殺害。現金を盗もうと室内を物色したが見つけられなかったとしている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴排版SP」を新設 企業幹部を24時間保護 警察庁(22日)

暴力団との関係遮断を図る企業幹部らへの襲撃・脅迫事件が相次ぐ中、警察庁は22日、暴力団の排除や関係遮断に携わる関係者の安全確保に向け、保護対策実施要綱を改正した。身辺警戒員(Protection Officer=略称PO)を新設し、“暴排版SP”として必要に応じて24時間体制で関係者の保護に当たる。

 警察庁によると、暴力団との関係遮断を図る企業幹部らへの襲撃・脅迫事件は、今年1月~11月末に福岡県を中心に全国で計27件(死者1人、負傷者4人)発生、昨年(11件)の2.5倍近くに達している。

 警察庁は関係者の安全確保について、「社会全体で暴排活動を推進するための不可欠な基盤」と指摘。改正要綱では暴力団捜査を担う組織犯罪対策部門が、警備など関係部門の協力を得ながら、関係者の保護を推進していくと明示した。

 保護対象としては、これまで規定してきた暴力団による犯罪被害者や暴排活動の関係者らのほか、暴力団との取引や交際の遮断を図る企業関係者を追加した。

 警戒体制の強化に向け、全国の警察本部は警察官の中から事前に身辺警戒員を指定。警戒時には「PO」をあしらったバッジを着用し、私服で拳銃も携行する。政治家らの要人警護に当たるセキュリティーポリス(Security Police=略称SP)の役割をイメージした。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111222/crm11122210220004-n1.htm

 

続きを読む "「暴排版SP」を新設 企業幹部を24時間保護 警察庁(22日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ購入後に「金出せ」 3万円奪って逃走 東京・荒川のコンビニ(22日)

22日午前5時20分ごろ、東京都荒川区西尾久のコンビニエンスストア「セブンイレブン荒川西尾久三丁目店」で、男が、刃物のようなものをアルバイトの男性店員(32)に突きつけ、「金を出せ」と脅迫。現金約3万円を奪って逃げた。男性にけがはなく、店内に他に客はいなかった。警視庁尾久署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は客を装って入店。たばこを購入し、レジで釣り銭を受け取った後、いきなり男性に刃物のようなものを出した。年齢50代くらいで、身長160~170センチぐらい。小太りで、黒色の上下に、白いマスクをつけていたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111222/crm11122212060005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺1200万円被害(22日)

千葉県習志野市の66歳の女性が、次男を名乗る男から「税金の書類を間違えて手続きが必要になった。国税庁の人が行くからあるだけのお金を渡してほしい」などとうその電話を受けて現金1200万円あまりをだまし取られ、警察は、振り込め詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、21日午前11時ごろ、千葉県習志野市の66歳の女性の家に次男を名乗る男から「税金の書類を間違えて手続きが必要になった。国税庁の人が行くからあるだけのお金を渡してほしい」と電話がありました。
その後、国税庁を名乗る男が家を訪れ、女性は家にあった現金およそ1260万円を渡すと、「車の中で金額を確認するので預かります」と言って立ち去ったということです。
女性は男が戻ってこないことを不審に思い、警察に通報し、事件が発覚したということです。
警察によりますと、現金を受け取りに来た男は、20代から30代とみられ、身長が1メートル75センチくらい、やせ形で黒いスーツを着ていたということです。
警察によりますと21日、習志野市内では68歳の男性が同じような手口で現金50万円をだましとられる事件も起きていて、警察は同じグループによる犯行の可能性があると見て捜査しています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1003934601.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗相次ぐ 同一犯か(22日)東京・渋谷と世田谷

21日夜東京・渋谷区と世田谷区でタクシーの運転手が客の男に刃物で脅されて現金を奪われる事件が相次ぎ警視庁は同一犯の疑いがあると見て調べています。
21日午後11時半ごろ、渋谷区神南の路上でタクシーに乗っていた男が運転手の75歳の男性にカッターナイフのような刃物を突きつけて「金を出せ」と脅し、売り上げ金およそ8000円を奪って逃げました。
ほぼ同じころ、世田谷区池尻の路上でもタクシーに乗っていた男が82歳の運転手の男性にカッターナイフのような刃物を突きつけて脅し売り上げ金およそ8000円を奪って逃げました。
いずれの事件でも運転手にけがはありませんでした。
警視庁によりますとどちらの事件でも犯人の男は身長が1メートル70センチくらいで帽子をかぶり、黒か茶色のジャンパーを身につけていたということです。
また世田谷区で強盗をした男は、渋谷区の現場の近くからタクシーに乗ったということで、警視庁は同一犯による連続強盗の疑いがあると見て現場近くの防犯カメラの映像を解析するなど調べを進めています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004824781.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「無資格」監視員、駐車違反取り締まり700件(22日)

和歌山県警から和歌山市内での駐車違反の取り締まりを受託している県交通安全協会が、受託に必要な県公安委員会への確認事務登録を更新しないまま、11月1日から約1か月半の間、駐車監視員に違反確認の業務をさせていたことがわかった。

同市内で受託する別の民間会社も11月21日から7日間、登録切れの状態になっていた。この間、同協会の監視員に違反確認されたのは約700件に上るとみられ、県警は違反の取り消しが必要かどうか、警察庁と協議している。

 同協会などは2006年の制度開始当初から受託し、同市内を担当。同協会では9人の監視員が業務を行っていた。同協会は3年ごとに更新する必要のある県公安委員会の登録が10月末で切れるのを失念。その後の受託が「無資格」状態になっていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車2台にひかれ男性死亡、1台立ち去る (22日)

21日夕方、栃木県真岡市の市道で自転車に乗っていた75歳の男性が乗用車2台に相次いでひかれ死亡しました。2台のうち1台が現場から立ち去っていて、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

 21日午後5時半ごろ、真岡市・上高間木の市道で「人をひいてしまった」と119番通報がありました。警察が駆けつけたところ、市内に住む派遣社員、高橋誠さん(75)が倒れていて、病院に運ばれましたが全身を強く打っていて、まもなく死亡が確認されました。

 警察は乗用車を運転していた茨城県筑西市の会社員、早瀬友紀容疑者(26)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕しました。警察によりますと、高橋さんは自転車に乗って車道を走っていたところ早瀬容疑者が運転する乗用車にひかれ、その後、後ろから続いて来た別の白っぽい乗用車にもひかれたということです。

 この乗用車は現場からそのまま立ち去っていて、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4908981.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犬猫の夜間展示販売を禁止、午後8時~午前8時(22日)

環境省は21日、犬と猫について午後8時以降の夜間展示販売を禁止することを決めた。

 動物愛護法の施行規則などを改正し、来年6月の施行を目指す。

 新規則では、午後8時~翌午前8時は、不特定多数の客が見るところに、業者が犬や猫を置くことを禁止する。また、長時間の展示を続ける場合は、ストレス軽減のため人目に触れない時間を設けるように求めている。また、業者が違反を繰り返した場合は、営業停止などの行政処分も可能になる。

 同省によると、生まれて間もない犬や猫が健康に育つためには1日12時間以上の睡眠が必要で、睡眠時間が足りないと病気がちになったり、落ち着かない性格になったりするなどの問題点が指摘されているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅のエスカレーターで女性が指切断 JR武蔵溝ノ口(22日)

21日午前8時半ごろ、川崎市高津区のJR武蔵溝ノ口駅南口付近のエスカレーターで、同区の女性会社員(55)が左手の指2本を切断するけがをした。エスカレーターを管理する市は、女性の手袋が手すりとレールの間に巻き込まれた可能性があるとみている。

 神奈川県警高津署や市によると、女性は、左手の中指と薬指をそれぞれ約1センチ切断した。ウレタン製の手すりのベルトと、金属製のレールの間に2ミリ程度のすきまがあり、そこに手袋をしていた女性の指がはさまった可能性があるという。

 市道路施設課によると、エスカレーターは異物がはさまると、緊急停止する仕組みになっていた。安全点検は管理会社が毎月2回実施しており、19日の点検では異状はなかった。市は当面の間、稼働を中止する。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「マネー、マネー」 福生の質店に強盗、包丁突きつけ20万円奪う(22日)

21日午後6時50分ごろ、東京都福生市福生の質店「石橋屋」に男が押し入り、カウンターを乗り越えて奥にいた男性店主(59)に対して刃渡り約15センチの包丁のようなものを突きつけ「マネー、マネー」と脅した。男は店主が金庫から出した現金約20万円を奪い、徒歩で逃走。店内に客はおらず、店主にけがはなかった。警視庁福生署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は身長175センチぐらいの中背。紺色のニット帽をかぶり大きな白いマスクをつけ、赤っぽいジャージー姿だったという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111221/crm11122122480022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都・八坂神社が暴力団排除規則 境内の出店、雇用禁止(22日)

暴力団の影響を排除しようと、年末年始に参拝客でにぎわう京都市東山区の八坂神社が、境内への暴力団組員の露天の出店を許可しない条項を盛り込んだ営業規則を新たに設けていることが21日、分かった。京都府警からの要請で実現したという。

 府警によると、規則は16日から施行。暴力団員の出店や関係者の雇用を禁止する▽氏名や営業品目などが記載された申請書を必須とする▽出店後でも暴力団関係者と判明した場合は許可を取り消す-などと規定しており、不審な申請者がいた場合は府警に身分を照会する。

 八坂神社は毎年元旦に行う神事「白朮祭」(をけらさい)などで知られ、正月三が日には約100万人の参拝客が訪れ、約50店舗が出店する。同神社は府警を通じて「反社会的勢力の排除に向けて積極的に取り組んで参りたい」とコメントした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111221/crm11122121080020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・千葉連続通り魔 殺人未遂容疑で男子高校生を再逮捕へ 千葉県警(22日)

埼玉県三郷市と千葉県松戸市で女子中学生と女子児童が相次いで刃物で刺されて負傷した事件で、埼玉県警に殺人未遂容疑で逮捕された高校2年の男子生徒(17)が松戸市の事件にも関与したとして、千葉県警が勾留期限の26日にも同容疑で再逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。再逮捕後、千葉県警に移送する。

 捜査関係者によると、男子生徒は、部屋などから押収された二十数本の刃物の中に松戸市の事件で使用した刃物があることを認めた。県警が鑑定した結果、1本から被害女児(8)と一致するDNA型が検出されたという。

 男子生徒は11月18日夕、三郷市で中学3年の女子生徒(15)の右あごを刺したとして今月5日に逮捕。約2キロ離れた千葉県松戸市では今月1日、小学2年の女児が右脇腹などを刺される事件があり、男子生徒が関与を認めていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111222/crm11122201370001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月21日 | トップページ | 2011年12月23日 »