« 東京・北区の住宅街で不審火相次ぐ 現場近くにいた61歳男を現行犯逮捕(13日) | トップページ | 係留中のヨットで男女死亡 ハウステンボス(13日) »

2011年12月13日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

そこまでやりますか?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20111122102016

今年、全国で暴力団排除条例が施行され、暴力団に対する各界各層の動きが活発化してきた。大阪府神社庁が加盟約400の神社に対し、初詣などの暴力団の集団参拝を拒否するよう申し入れをしたことを受けて、大阪府警は暴力団側とトラブルになった場合、警察官を派遣したり、暴力団側に警告したりすることを決めたという。

 さらに、東京都公安委員会は指定暴力団組員の依頼で東京都内の飲食店に観葉植物をレンタルし、売り上げの多くを組員側に提供する利益供与を行ったとして、埼玉県の造園業者に対し、今後、組員の依頼で観葉植物の提供などをしないよう勧告した。

 こうした業界の動きに加えて、静岡県焼津市が全ての家庭に配布した来年のカレンダーの写真に、暴力団組員が写っていたとして、そのカレンダーを回収するという騒ぎになっている。

 カレンダーの写真は毎年、市の観光協会が主催する写真コンテストで入賞した作品を使っているもので、8月の写真は焼津祭りのもので、その写真に暴力団員が写っているという市民からの連絡で分かり、市が回収することになった。

 確かに、徹底するならそこまでやるべきだ-という意見もあるだろうが、撮影者は知らないで撮影したもので、見る人が見れば暴力団員と分かるだろうが、それが良い写真なら一般市民とは関係ないし、ましてや撮影者とも関係ない。

 同県の条例を見ても暴力団員に対する利益供与の禁止や不動産の譲渡に関する建設業者の責務、祭礼からの暴力団排除などは掲げてあるが、条例ではそこまで求めていないはずだ。

 お金を儲けるためのカレンダーと違い、趣味の世界にたまたま暴力団員が写っていたというもので、場合によっては表現の自由を束縛することになる。
 むしろ、そうした祭りに暴力団員がどう関与したかを検証するほうが大事なのではないのか。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

 

« 東京・北区の住宅街で不審火相次ぐ 現場近くにいた61歳男を現行犯逮捕(13日) | トップページ | 係留中のヨットで男女死亡 ハウステンボス(13日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 東京・北区の住宅街で不審火相次ぐ 現場近くにいた61歳男を現行犯逮捕(13日) | トップページ | 係留中のヨットで男女死亡 ハウステンボス(13日) »