« 2011年12月13日 | トップページ | 2011年12月15日 »

2011年12月14日

2011年12月14日 (水)

静岡県、生徒70人が万引きしていた高校名公表で波紋 川勝知事「今回のは極めて悪質」(14日)

静岡県が生徒による万引きがあった高校の名前を公表し、波紋が広がっている。
静岡県西部の高校の生徒が起こした集団万引き。
12月6日、この高校名が公表されたことが物議を醸している。
静岡県の川勝平太知事は、13日の定例会見で、今回の公表について、「当然のことだと思います。事実は隠すことができません」と述べた。
公表したのは県の財務や事業について監査を行う、県の監査委員。
「公表は当然だ」とする川勝知事に対し、静岡県弁護士会「子どもの権利委員会」は「無関係の生徒も周囲からの偏見にさらされる」と、学校名公表は人権侵害のおそれがあるとしている。
高校生は、「悪いことだから、学校名を出すのは別にいいんじゃないですか」、「今後の入学生も、一緒に汚名を背負うことになるのはどうなのかと」などと語った。
問題の万引き行為があったのは2009年度だという。
生徒の1割にあたる72人が、校内の売店や近くのコンビニなどで万引きし、中には、1人で3万円分以上を盗んだ生徒もいたという。
校名公表の理由について、監査委員は「内容があまりにも深刻、強く再発防止を求める必要がある」と説明した。
学校側によると、校名公表を受け、学校には、「盗っ人養成学校」、「どんな指導をしているのか」などの苦情が寄せられているという。
学校側は、今回の件について、「この話は2年前のことであって、学校は対策を検討し、生徒たちを指導してきた。万引きをした生徒は、ほとんど卒業している」などと、発覚から2年たっての公表に疑問を呈している。
高校生は、「(関わっているのが)70人だから出していいと思う」、「しょうがないよね、そういう学校のイメージがつくのは」、「やっていない人の方が多いと思うので、(学校名を)出したらかわいそう」、「(友達が万引きしていたら?)やっちゃ駄目と言うと思うんですけど、不良の人とか怖いですよね」などと語った。
そうした中、川勝知事は13日の定例会見で、「今回のは極めて悪質です。だから、やむを得なかったと思います。自分に関係ない人が、たまたま、そこに属しているから責められるということは、気の毒千万ですが、かといって、これにふたをすることができるほど、小さな事件じゃない」と、監査委員の判断を支持した。
一方、静岡県弁護士会「子どもの権利委員会」は「無関係の生徒への人権侵害につながるおそれがある」などとして、今後、同様の問題が起きた場合、校名公表を控えるよう監査委員に申し入れるとともに、公表を決めた経緯について独自に調査するとしている。

Logo4_7 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213523.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミイラ化した男性遺体、死体遺棄容疑で次女逮捕(14日)

秋田県大仙市の民家で、住人の男性が一部ミイラ化した遺体で見つかった事件で、県警は13日、同居している男性の次女で無職佐藤よし子容疑者(55)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 県警は15日以降、司法解剖し死因を調べる。

 発表によると、佐藤容疑者は9月から11月頃までの間に、自宅で父親の春美さん(当時88歳)が死亡しているのを発見したが、そのまま放置した疑い。

 佐藤容疑者は春美さんと母親(84)の3人で暮らしていた。「11月下旬に(父が)死んでいるのを見つけた。自分たちの生活を人に知られたくなかった。母は6月下旬、けんかをして家を出ていった」と供述しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「投資詐欺被害」で一斉告訴 購入者ら41人、法人など(14日)

社債や未公開株での投資を誘う業者に現金をだまし取られたなどしたとして、弁護士でつくる「先物取引被害全国研究会」は14日、全国の購入者ら41人が貿易会社員などを名乗る約140人と法人数社を詐欺などの容疑で20都道府県の警察に一斉告訴したと発表した。被害総額は約8億9千万円にのぼる。

 告訴したのは北海道から九州までの25都道府県に住む男女。70代で独り暮らしの年金生活者が中心という。研究会によると、未公開株をめぐるトラブルから男性が精神的苦痛で自殺したため、遺族が告訴したケースも含まれている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜索令状をシュレッダーで誤廃棄か 東京国税局(14日)

東京国税局は14日、所得税法違反事件で裁判所から発付された捜索令状1通を紛失したと発表した。同局査察部の総括主査が、シュレッダーで誤破棄した可能性が高いという。

 同局によると、令状は今月6日、東京簡裁が発付。7日に強制調査(査察)を行う部門の担当者から、現場責任者にあたる総括主査に封筒入りの状態で渡された。総括主査は同行査察官に確認させたうえ、令状をカバンに入れて退庁したはずが、8日に捜索を行う東京都内のビルに到着後、紛失に気づいたという。

関連記事

記事本文の続き 総括主査が令状をカバンに入れる直前、自身で関係資料の確認を行った際、誤って令状が机に落ちたままとなり、他の書類とともにシュレッダーで廃棄処分したとみられるという。捜索先は2つの屋号を持つビルの1室で2通の令状発付を受けていたため、捜索自体に支障はなかったとしている。

 東京国税局の多田毅国税広報広聴室長は「今回の事態を重く受け止め、文書管理の徹底を図り、二度とこのような事態が起こることがないよう万全を期し、信頼確保に努める」とコメントした。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

橋やトンネルの銘板65枚盗まれる 金属類高騰背景の窃盗か 山梨の国道(14日)

山梨県内の国道411号のトンネルと橋22カ所に取り付けられている黄銅製や青銅製の銘板65枚(約214万円相当)が盗まれたことが14日、山梨県警への取材で分かった。県警が窃盗容疑で捜査している。

 同様の被害は昨年、広島県や山口県で相次ぎ、今年は栃木県などでも起きている。金属類の高騰を背景に業者に売りさばくのが目的とみられる。

 県警によると、盗難が確認されたのは、甲州市塩山上萩原の「雲峰寺第2トンネル」と丹波山村「丹波山温泉大橋」の約30キロ間のトンネル5カ所と橋17カ所に設置されていた銘板。橋やトンネルの名称や完成年月日などを記していた。銘板を固定したボルトが工具で外されていたという。

 被害額は1枚当たり約1万7千~5万4千円。7日、甲州市の建設事務所の職員が盗難被害に気付き、県警に通報した。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121418430015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)

法律を制定すべきでは?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20111206095703

 18歳未満の子どもに対する性犯罪前歴者に対し、居住地届け出を義務づける条例案が検討されている。

 検討しているのは大阪府で、来年2月の府議会に提案されるが、可決、成立すれば全国で初めてとなる。臨床心理士や精神科医によるカウンセリングなどを通じて前歴者の社会復帰を支援し、再犯防止につなげるとともに、子どもを犯罪から守る狙いだという=読売新聞電子版

 強姦や強制わいせつ、児童ポルノ製造などに関わった前歴者に対し、出所後5年間、府への居住地届け出を義務づける見通しで、違反者には過料など行政罰を科すことも検討しているという。

 強姦罪は殺人や強盗と同様の重要犯に含まれ、しかも再犯率が極めて高い罪種と言われている。 強姦の罪に問われ服役・出所した人が再び犯罪を犯す「再犯率」は39㌫(平成22年版犯罪白書)

 こうした性犯罪に対して日本では法的手段が与えられていない。アメリカではメーガン法という法律が制定されている。各州で違いはあるものの子供に対する性犯罪者に対しては、出所後に氏名、住所、指紋、職場、自動車ナンバー等の情報を登録し、変更があれば変更を義務付けられている。さらに登録された情報は一般市民や学校に告知、公表される。

 条例で縛るのなら全国都道府県も見習うべきであるが、むしろ法律を制定すべきではないのか? 国がアホだから自治体が動かざるを得ないのだ。
  首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

通り魔で県境警察が情報交換(14日)

埼玉県と千葉県で小中学生が刃物で襲われる事件が起きたことを受けて、県境をまたいだ事件に備えて、警察が情報共有を強化するための対策会議が茨城県古河市で開かれました。
埼玉県三郷市で中学生が切りつけられた事件で殺人未遂の疑いで逮捕された男子高校生は、隣接する千葉県松戸市で起きた小学生が刺された事件についても関与を認める供述をしています。
こうした県境をまたいだ事件に速やかに対処しようと、茨城、栃木、群馬、埼玉の4つの県の警察の担当者が集まって、茨城県の古河警察署で初めての対策会議が開かれました。
会議ではこれまでに寄せられている子どもや女性に対する不審者の情報をそれぞれ提供して似た人物がいないかなどを確認しました。そして、大きな事件が起きたときに迅速に情報交換ができるよう、担当者の直通の電話番号を交換しました。
会議に参加した埼玉県加須警察署生活安全課の渡辺半課長は「犯罪は県境に関係なく広域で起きる状況にある。情報を共有して犯人や不審者を囲い込む態勢を築きたい」と話していました。
会議を主催した古河警察署の菅原英夫署長は「各警察署とも同じ危機意識を持っていることがわかった。これからもこうした機会を設けて連携を強化したい」と話していました。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004581591.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元大関でタレントのKONISHIKIさん、近所の男性とトラブル 暴行容疑で書類送検(14日)

大相撲・元大関で現在はタレントのKONISHIKIさん(47)が、近所の男性とトラブルになり、男性の胸を手で押したとして、暴行容疑で書類送検されていたことがわかった。
警視庁によると、KONISHIKIさんは11月、東京・墨田区の自宅近くの路上で、妻と犬の散歩をしていたところ、近所の男性(30代)から、「マンションの敷地内で犬にフンをさせた」などと注意され、男性の胸を手のひらで押した暴行容疑で書類送検されたという。
警視庁の事情聴取に対し、KONISHIKIさんは「妻にいちゃもんをつけられたと思った」などと話したという。
KONISHIKIさんの所属事務所は、「事実は把握しているが、本人から話は聞いていない」とコメントしている。

Msn_s1_7 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体は家族6人と判明 神奈川・横須賀の車両火災 借金苦の無理心中か(14日)

神奈川県横須賀市の路上で11月、6人が死亡した車両火災について、横須賀署は14日、遺体のDNA型鑑定の結果、同県藤沢市下土棚、パート、斎藤浩美さん(41)と4~7歳の子供3人、近くに住む、斎藤さんの両親と確認されたと明らかにした。

 横須賀署によると、斎藤さんらが火災前日の11月2日に藤沢市内でガソリンの携行缶を購入し、同日夜、現場近くの宿泊施設に6人で泊まっていたことも判明。火災後、車の近くには同種の携行缶が残されていた。

 斎藤さんと同居していた無職の男性(45)は「(斎藤さんが)勤務先への借金返済に悩んでいた」と話しており、同署は無理心中の可能性が高いとみている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121416220013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学女性教諭「生活苦しい」食品や衣料品万引 4カ月の停職処分 青森(14日)

青森県教育委員会は14日、窃盗容疑で摘発された県内の中学校の女性教諭(53)を11月30日付で停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は7月12日に同県十和田市内のスーパーで食料品や衣類(約1万3千円相当)を万引したとして、十和田署が書類送検、10月に起訴猶予処分になった。「経済的に苦しかった」と話しているという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121416350014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・板橋区で都立高男子生徒らが後輩の中学生らに暴行、重傷負わせた疑いで逮捕(14日)

東京・板橋区で都立高校の男子生徒らが、後輩の中学生らに暴行を加え重傷を負わせた疑いで、警視庁に逮捕された。
傷害の疑いで逮捕された都立高校に通う少年(15)ら3人は2011年8月、板橋区内の公園に後輩の中学生4人を呼びつけたうえ、顔面を殴るなどの暴行を加え、全治1カ月の重傷を負わせるなどした疑いが持たれている。
警視庁によると、少年らは、「あいさつがいい加減だ」、「礼儀ってもんを教えてやる」などと因縁をつけて、暴行したという。
少年らは、板橋区内で「卍我無蛇羅卍(がむしゃら)」というグループを結成していて、警視庁の調べに対し、「ちょっとやりすぎた」などと供述しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213496.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・女性不明事件 現金引き出し逮捕の男「女性の遺体をダム周辺に捨てた」と供述(14日)

大阪・堺市で67歳の女性が行方不明になっている事件で、女性の現金を引き出したとして逮捕された男が、「女性の遺体をダム周辺に捨てた」と供述していることがわかった。
西口宗宏容疑者(50)は、11月5日から行方不明になっている堺市南区の主婦・田村武子さん(67)の口座から、現金5万円を引き出した疑いが持たれている。
これまでに、堺市内の山林で、田村さんの所持品が見つかっているほか、行方不明になった日に、田村さんの車が、堺市内から河内長野市方面に向かって1時間程度で戻って来ているのがわかっている。
その後の調べで、西口容疑者が、「田村さんの遺体を河内長野市の滝畑ダム周辺に捨てた」と供述していることが、新たにわかった。
警察は14日朝から、滝畑ダム周辺の捜索を続け、田村さんの発見を急いでいる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213503.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:8月以降相次ぐ 被害総額1億7000万円 /神奈川(14日)

◇「現金入りカバン紛失、立て替えて」

 県内で8月以降、子や孫を装って現金入りのカバンを紛失したと電話をかけ、多額の現金をだまし取る振り込め詐欺が相次いでいる。被害が多額になるケースが多く、県警が注意を呼びかけている。

 県警によると、子どもや孫を装う男が「取引先に渡す現金が入ったカバンを電車に置き忘れた。弁済するので立て替えてほしい」とお年寄り宅を中心に連絡。その後、上司や同僚を名乗る男らが現れ現金を直接受け取るという。

 7月までは県内で月数件程度だったが、8月は15件、9月は14件、10月は11件、11月は13件発生。被害額は8~11月で計約1億7000万円に上る。

 横浜市港北区では11月30日、70代女性が長男を装う男から「小切手が入ったバッグをバスに忘れた」との電話を受け、その後自宅を訪れた男に現金2000万円を手渡した。

 さいたま市浦和区の男性(86)も同日、孫を装った男から「バスに会社の重要書類と2000万円の小切手を忘れた」との電話を受け、同様に現金2000万円をだまし取られており、県外でも多発しているとみられる。

 県警は「現金を直接手渡しさせるタイプの詐欺は、銀行員ら本人以外の人が被害に気付く機会が乏しく、被害も多額になる傾向がある」と指摘し、改めて注意を呼びかけている。【一條優太】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20111213ddlk14040135000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:対策強化を確認 県警で会議 /千葉(14日)

振り込め詐欺被害が後を絶たないことを受け、県警は13日、本部長や各部長、県内全39署の署長らを一堂に集めた「振り込め詐欺緊急対策会議」を県警本部で開き、対策の強化を確認した。

 県警によると、今年の振り込め詐欺の被害件数は、だまし取られたキャッシュカードで現金が引き出される手口を含めると、1~10月末で計613件(前年比351件増)、被害総額は約13億4450万円(同約9億2550万円増)と激増している。

 会議では、初動や基礎捜査の強化や迅速化に加え、だまし取った金を現金自動受払機(ATM)から引き出す「出し子」など、犯罪組織の末端だけでなく中枢にいる人間を検挙する突き上げ捜査の徹底を再確認した。

 鎌田聡本部長は「振り込め詐欺被害は根深く、対策を求める県民の声も強まっている。県警全体の最重要課題だと認識してほしい」と引き締めた。【斎川瞳】

Logo_mainichi_s1

http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20111214ddlk12040205000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯びで放送作家逮捕…ひき逃げ容疑も(14日)

14日午前4時5分頃、大阪府吹田市春日の国道423号で、同市千里山西、放送作家小林仁容疑者(40)運転の乗用車が停車中の乗用車に接触し、そのまま逃走した。

 接触された車の運転手の男性(22)が110番する一方、約700メートル追跡して小林容疑者の車を停車させた。

 駆け付けた吹田署員が調べたところ、小林容疑者の呼気1リットル中からアルコール分0・15ミリ・グラム以上が検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。接触された車に乗っていた4人のうち2人が首に軽いけがを負い、同署は同法のひき逃げ容疑でも調べる。

 小林容疑者は在阪テレビ局の番組制作に携わっており、毎日放送の「痛快!明石家電視台」や朝日放送の「おはよう朝日です」などを担当しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生、高校のトイレで切り付けられる 男が逃走 山形(14日)

14日午前7時20分ごろ、山形市緑町の山形県立山形東高校の1階女子トイレで、男がナイフのようなもので同校の女子生徒(18)に切り付けたと110番があった。女子生徒は服を切られたが、けがはない。男は逃走、山形県警が行方を追っている。

 県警によると、男は30代ぐらいで、女子生徒はトイレ内の手洗い場で切り付けられた。同校は県内有数の進学校。現場はJR山形駅の北東約1・5キロの住宅街。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121409510004-n1.htm

 

続きを読む "女子高生、高校のトイレで切り付けられる 男が逃走 山形(14日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団幹部、襲撃され重傷 約20人がビール瓶などで殴る 東京・六本木の飲食店(14日)

14日午前2時50分ごろ、東京都港区六本木の雑居ビル内にある飲食店で、店に入ってきた若い男ら約20人のグループが、店内で飲食していた山口組系組幹部の男性(43)ら30歳~43歳の男性4人に対し、いきなりビール瓶で頭を殴るなどの暴行を加えた。

 警視庁麻布署によると、組幹部の男性が頭に重傷を負ったほか、別の男性(30)が指などを骨折。他の2人も負傷した。グループは暴行を加えた後、すぐに逃走。このグループも暴力団関係者との情報もあり、同署は傷害事件として行方を追っている。

 同署によると、グループは店内に入ってくると、まっすぐ組幹部らのもとに向かい、暴行を加えたという。店員や他の客らにけがはなかった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121412300007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ごみ巡りトラブル 包丁で刺す(14日)東京・足立区

13日夜、東京・足立区で、ごみ出しを巡るトラブルから、近所の男性を包丁で刺して大けがを負わせたとして、76歳の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、足立区辰沼の無職、合田悦雄容疑者(76)です。警視庁の調べによりますと、合田容疑者は、13日午後9時前、自宅のアパート2階の廊下で、近所に住む62歳の会社員の男性の胸を包丁で刺して大けがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれています。警視庁によりますと、合田容疑者はふだんから地域のごみ置き場の掃除などを行っていて、ごみの出し方を巡って、たびたび住民に注意してはトラブルになっていたということです。13日の朝も被害者の男性とごみの置き方を巡ってもめ、男性が夜、帰宅した際に再びトラブルになり、合田容疑者が自宅に戻って包丁を持ち出したということです。事件当時、合田容疑者は酒に酔っていたということで、警視庁で事件の詳しいいきさつを調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111214/k10014618651000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪前歴者の住所届け出…大阪府が条例提案へ(14日)

大阪府は13日、18歳未満の子どもに対する性犯罪前歴者に対し、居住地届け出を義務づける全国初の条例案を、来年2月府議会に提案する方針を決めた。

 府として、臨床心理士や精神科医によるカウンセリングなどを通じて前歴者の社会復帰を支援し、再犯防止につなげるとともに、子どもを犯罪から守る狙い。

 府青少年健全育成審議会の部会が同日、居住地届け出の義務化を求める報告書をまとめており、府は今後、この報告書を基に条例案の策定に着手する。

 18歳未満の子どもへの

強姦

(

ごうかん

)

や強制わいせつ、児童ポルノ製造などに関わった前歴者に対し、出所後5年間、府への居住地届け出を義務づける見通しで、違反者には過料など行政罰を科すことも検討する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

みずほ銀行かたるメールで100万円被害(14日)

みずほ銀行は13日、インターネットバンキングの暗証番号などを聞き出そうとするメールが預金者らに送られ、暗証番号などを伝えた1人が預金口座から計100万円を引き出される被害にあったと発表した。「メールで暗証番号などを尋ねることはない」として注意を呼びかけている。

 同行によると、こうした不審メールが届いたという相談が最近1カ月で300件ほど寄せられたという。夏以降、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行でも同じ手口での被害が出ていた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園で女性にかみつく 兵庫、男逃走(14日)

13日午後8時25分ごろ、兵庫県伊丹市昆陽池3丁目の公園の遊歩道で散歩していた66歳と64歳の女性2人が男に相次いで腕をかまれた。逃げようとした女性(61)が転倒し、いずれも軽傷を負った。

 伊丹署は傷害事件として逃げた男の行方を追っている。同署によると、男は20~30代で、黒い帽子に黒い上着姿。大声を出しながら、女性の腕をつかんで手首付近をかんだという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121400580001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良のスーパー、うどんから縫い針2本(14日)

13日午後6時15分ごろ、奈良市六条のスーパー「コープ六条」でうどん3袋を購入した同市内の女性客から、うち1袋に縫い針1本(長さ4センチ)が刺さっていたと同店に連絡があった。同店が売り場を調べたところ、さらにうどん1袋から縫い針1本が見つかったため奈良県警奈良署に通報。同署が偽計業務妨害容疑で捜査している。けが人などはないという。

 同署によると、女性は同日午後2時15分ごろに同店でうどん3袋を購入。帰宅後に水でうどんをほぐそうとした際、針に気づいたという。

 奈良市内では今月8~9日にも別のスーパーでバナナから縫い針計5本が見つかっており、同署で関連を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111214/crm11121400050000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月13日 | トップページ | 2011年12月15日 »