« 2011年12月12日 | トップページ | 2011年12月14日 »

2011年12月13日

2011年12月13日 (火)

自転車の交通ルール、警察学校で学習 (13日)

熱心に自転車の交通ルールを学んでいるのは、警察官の卵である警察学校の学生たちです。警視庁が12日に発表した「自転車総合対策計画」には、警察官に対し、自転車に関する交通ルールの質問が増加していることを受け、警察官自身も再度、交通ルールを確認することが盛り込まれました。

 今後はそれぞれの警察署で指導するほか、警察学校の教養科目としても取り入れる方針です。

 警視庁は「警察官が模範を示すことで、自転車の交通ルールの周知徹底を図りたい」としています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4901549.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム事件死刑囚の刑執行に現実味もテロの懸念 こうした中、2011年の死刑執行はゼロ(13日)

オウム真理教元幹部・遠藤誠一被告(51)の死刑が確定したことを受け、死刑の執行が、より現実味を帯び始めた。しかし、懸念も浮上している。
麻原彰晃こと松本 智津夫死刑囚(56)の写真を前に、修行を続けていた信者たち。
オウム真理教に入信した信者たちによって、数々の事件が引き起こされ、松本死刑囚が首謀者と認定された。
12日、教団元幹部・遠藤誠一死刑囚の死刑判決訂正の申し立てが棄却されたことで、一連の事件で、すでに死刑判決を受けている松本死刑囚と教団元幹部12人の死刑が、いつでも執行され得る状態になった。
若狭 勝弁護士は「少なくとも、死刑判決が確定したら、6カ月以内に、法務大臣が死刑執行を命じなくてはいけない法律の規定がある。(死刑確定者は)少なくとも100人は超えている」と語った。
しかし、民主党政権になって以降、死刑を執行されたのは、わずかに2人。
特に、2011年に入ってからは1人もおらず、これは異例のこと。
執行を命じる立場の平岡法相は13日、記者の質問に対し、慎重な回答に終始した。
平岡法相は「(19年ぶりに、死刑執行がゼロの可能性がある。年内執行は?)その検討を行っているか等については、お答えを差し控えさせていただきたい。(年内の死刑執行がないということも、あらためておっしゃることはないということ?)それは、具体的なことについては、発言を差し控えさせていただきたい」と述べた。
一方で、オウム事件において、この先、死刑が執行された場合に懸念されるのが、現在も松本死刑囚を崇拝する信者たちの動向。
当局の一部では、松本死刑囚の死刑が執行されたあと、その存在感が、教団内部においてさらに増し、新たなテロ活動が起きるのではとの懸念が持たれている。
松本死刑囚をめぐっては2000年、ロシア人の信者が、収監されていた当時の松本被告の奪還を狙い、サミット期間を狙った爆弾テロの計画を進めていたことが発覚し、公安調査庁が調査に乗り出すなどした。
容疑者の1人は当時、取材に対して、「弾薬を日本の3カ所に仕掛ける予定だった。日本政府に(松本死刑囚の解放を)要求し、受け入れられなければ爆発させる予定だった」と語った。
オウム事件にくわしいジャーナリストの江川紹子さんは、仮に死刑が執行されたあとの教団について、「基本的には、今までとあまり変わらないのではと思います。麻原彰晃こと松本 智津夫は、すでに神格化されています。彼は、生きていようが、死んでいようが、すでに彼ら(信者たち)にとっては聖人なんです。死刑を執行したからといって、組織的に、何かテロ事件を起こすような状況ではないと思っています。ただ、個人的にとっぴな行動に出る人がゼロとは言えないでしょうから、そこのところだけ、監視活動をちゃんとしていくことだと思います」と語った。
松本死刑囚の死刑執行の現実味について、若狭弁護士は「少なくとも法務省とすれば、いよいよ死刑を執行しなければいけないというような気持ちを強く抱くと思う。主犯格、一番の責任のある人から、死刑を執行されるのが自然と思う」と指摘した。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213454.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム裁判:遠藤誠一被告の死刑確定 189人判決確定(13日)

地下鉄・松本両サリンなど4事件で殺人罪などに問われ、11月21日の最高裁判決で1、2審の死刑が維持されたオウム真理教元幹部、遠藤誠一被告(51)に対し、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は12日付で、判決訂正の申し立てを棄却する決定を出した。これでオウム真理教による一連の事件で13人目の死刑が確定し、起訴された189人全員の判決が確定した。

 一連の事件では▽死刑13人▽無期懲役5人▽有期懲役80人▽執行猶予付き87人▽罰金3人▽無罪1人--が確定。松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(56)が95年5月に逮捕されてから終結まで約16年7カ月を要した。一方で、まだ指名手配中の容疑者が3人いる。

 刑事訴訟法は、死刑執行は判決確定から6カ月以内に命令しなければならないと定めるが、共犯者の判決確定までの期間は算入しないとしている。元死刑囚に対し1953年に言い渡された大阪高裁判決は「未逮捕の共犯者がいることを理由に、漫然と死刑囚の執行を遅らせることは当を得ない」として「共犯者の逮捕前の死刑執行命令は適法」という先例的判断を示している。【石川淳一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111214k0000m040060000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

堺市主婦不明、ダム周辺で手がかり得られず(13日)

堺市南区の主婦田村武子さん(67)が行方不明になっている事件で、大阪府警は13日、同府河内長野市のダム付近を捜索したが、田村さんの発見につながる手がかりは得られず、この日の捜索は中断した。

府警は、田村さんの銀行口座から5万円を引き出したとして窃盗容疑で逮捕した西口宗宏容疑者(50)から具体的な供述を得るため、さらに追及している。

 捜査関係者によると、府警捜査員ら約10人がこの日朝から、ダム周辺の林道などを調べた。ダムの捜索については、捜索箇所が絞り込めていないため行わず、同日夕、打ち切った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「信号無視です」警官装い9千円だまし取る 宮崎の国道(13日)

宮崎県警都城署は13日、乗用車を運転中の女性が、交通違反取り締まり中の警官を装ったオートバイの男に呼び止められ、約9千円をだまし取られる事件があった、と発表した。同署は「交通違反の取り締まり現場で警察官が反則金を要求したり、受け取ったりすることは絶対にありません」としている。

 発表によると、同日午前10時10分ごろ、同県都城市の国道10号で、鹿児島県曽於市のパート従業員の女性(64)が乗用車を運転していたところ、オートバイの男に拡声機のようなもので呼び止められた。

 女性があわてて停車すると、男は「信号無視です。免許証を見せて下さい。9千円です。違反点数は2点です」などと告げ、女性が1万円を差し出すと、これを受け取って、釣り銭として千数百円を女性に渡して立ち去ったという。

 男は身長170センチほど。眼鏡をかけ、白いヘルメットと手袋をし、青っぽい上着とズボンを着用していたという。オートバイの色などは、女性が当時、動転していたため、わからないという。(知覧哲郎)

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

検視「現場へ!」警察庁刑事局長指示  巧妙な手口に対応(13日)

警察庁は13日、各都道府県警の検視官を集めた会議を都内で開き、舟本馨刑事局長が「積極的に現場に出るよう努めてほしい」と述べて犯罪死の見逃し防止を指示した。

 警察庁の有識者研究会は4月、犯罪死の見逃しを防ぐための新たな死因究明制度を提言。警察庁は新制度の設置に向け、法整備などの検討を進めている。

 舟本局長は「最近の事例を見ても、自殺や事故を偽装するなど巧妙な手口が目立つ」として、死者の周辺捜査が重要との認識を示し「一見犯罪性が見受けられないような死体についても、薬物検査を積極的に実施してほしい」と述べ、検視の精度向上を求めた。

 また、検視官の業務の専門性が高いことに触れ「一朝一夕に人材は育成できない」として後継者育成の必要性を強調した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111213/crm11121317120008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

係留中のヨットで男女死亡 ハウステンボス(13日)

13日午前11時ごろ、長崎県佐世保市のリゾート施設ハウステンボスのヨットハーバーで、係留中のヨットの船室に男女2人が倒れているのを知人の女性が発見、施設の係員が110番した。早岐署員が駆け付けたが、2人は死亡していた。

 早岐署によると、2人は同県西海市で同居していた60代男性と40代女性とみられ、着衣の乱れや外傷はなかった。同署は身元確認を進め自殺と事故の両面から捜査、司法解剖し死因を調べる。

 ヨットは男性の知人のもので、2人は11月初めごろからヨット内で生活していたという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111213/crm11121319570013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

そこまでやりますか?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20111122102016

今年、全国で暴力団排除条例が施行され、暴力団に対する各界各層の動きが活発化してきた。大阪府神社庁が加盟約400の神社に対し、初詣などの暴力団の集団参拝を拒否するよう申し入れをしたことを受けて、大阪府警は暴力団側とトラブルになった場合、警察官を派遣したり、暴力団側に警告したりすることを決めたという。

 さらに、東京都公安委員会は指定暴力団組員の依頼で東京都内の飲食店に観葉植物をレンタルし、売り上げの多くを組員側に提供する利益供与を行ったとして、埼玉県の造園業者に対し、今後、組員の依頼で観葉植物の提供などをしないよう勧告した。

 こうした業界の動きに加えて、静岡県焼津市が全ての家庭に配布した来年のカレンダーの写真に、暴力団組員が写っていたとして、そのカレンダーを回収するという騒ぎになっている。

 カレンダーの写真は毎年、市の観光協会が主催する写真コンテストで入賞した作品を使っているもので、8月の写真は焼津祭りのもので、その写真に暴力団員が写っているという市民からの連絡で分かり、市が回収することになった。

 確かに、徹底するならそこまでやるべきだ-という意見もあるだろうが、撮影者は知らないで撮影したもので、見る人が見れば暴力団員と分かるだろうが、それが良い写真なら一般市民とは関係ないし、ましてや撮影者とも関係ない。

 同県の条例を見ても暴力団員に対する利益供与の禁止や不動産の譲渡に関する建設業者の責務、祭礼からの暴力団排除などは掲げてあるが、条例ではそこまで求めていないはずだ。

 お金を儲けるためのカレンダーと違い、趣味の世界にたまたま暴力団員が写っていたというもので、場合によっては表現の自由を束縛することになる。
 むしろ、そうした祭りに暴力団員がどう関与したかを検証するほうが大事なのではないのか。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・北区の住宅街で不審火相次ぐ 現場近くにいた61歳男を現行犯逮捕(13日)

東京・北区の住宅街で13日未明、不審火が相次ぎ、警視庁は、現場近くにいた61歳の男を現行犯逮捕した。
13日午前1時半ごろ、北区志茂の住宅街で、「ごみが燃えている」、「火をつけた男がいる」などと110番通報があった。
現場に駆けつけた警察官が、現場周辺にいた不審な男を職務質問したところ、男が「火をつけました」と話したため、軽犯罪法違反の現行犯で逮捕した。
男は、無職の自称・青木美明(みあき)容疑者(61)。
現場付近では、同じ時間帯に、ほかにもごみなどが燃える不審火が2件相次いでいて、警視庁が関連を調べている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡男性の妻と友人6人を書類送検 落とし穴転落死(13日)

 石川県かほく市の大崎海岸で8月、金沢市のいずれも当時23歳だった夫婦が落とし穴に落ちて死亡した事故で、県警津幡署は13日、落とし穴を掘った妻=被疑者死亡=と20代の友人6人を、重過失致死と海岸法違反の疑いで金沢地検に書類送検し、発表した。

 発表によると、7人は8月27日午後10時40分ごろ、深い穴を掘ると軟弱な周りの土砂が崩れ落ちて人が埋まってしまう危険があるにもかかわらず、必要な許可を得ずに海岸に直径約1.8メートル、深さ約2.3メートルの穴を掘り、夫を転落させて死亡させた疑いがある。

 捜査関係者によると、夫を驚かせることが目的だったことなどから厳罰は求めない方針だという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校の女子更衣室に忍び込み財布盗む 日大生再逮捕「他にも数件やった」(13日)

東京都江東区の都立城東高校に侵入し、女子更衣室から現金などを盗んだとして、警視庁城東署は、建造物侵入と窃盗の疑いで、東京都墨田区本所、日本大学3年、大沼謙文容疑者(22)=建造物侵入の現行犯で逮捕、処分保留=を再逮捕した。

 同署によると、容疑を認め「野球が好きで練習を見に行ったが、女子更衣室を見つけて盗んでしまった」と供述している。

 再逮捕容疑は、11月20日午前10時5分~10時半、同校の女子更衣室に侵入し、女子生徒2人の現金約9千円などの入ったリュックサック1個と現金約1万8千円の入った財布などを盗んだとしている。同署によると、女子更衣室の鍵はかかっていなかったという。

 大沼容疑者は11月27日、同校に侵入したとして建造物侵入の現行犯で逮捕。同署が自宅を家宅捜索したところ、盗まれたリュックサックなどが見つかった。

 同署によると、大沼容疑者は「他にも数件やった」と供述しており、同署は他にも被害がなかったか慎重に調べる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111213/crm11121311480004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刑法犯の4分の1が駐車場で 堺女性失踪事件でも現場に(13日)

昨年1年間に全国で認知した殺人や強盗などの刑法犯件数約158万件のうち、4分の1以上の約43万件が駐車場や駐輪場で起きていたことが12日、警察庁への取材でわかった。堺市南区では先月、主婦の田村武子さん(67)がショッピングセンターの駐車場で行方不明となる事件が発生。駐車場には、暗くて見通しが悪かったり死角になっていたりする場所もあり、犯罪が起きてもわかりにくく、安全対策の見直しが急がれている。

 警察庁によると、昨年1年間で認知された刑法犯は158万5856件。現場別では、駐車場や駐輪場42万9805件▽民家やマンション35万8511件▽スーパーやコンビニなど物販店23万6857件▽路上20万5684件▽飲食店やゲームセンターなど7万3175件-などとなっている。

 駐車場や駐輪場で認知された刑法犯は、乗用車や自転車などを盗む「乗り物盗」(21万6509件)が最多。ただ、「強制わいせつ」(484件)「強姦」(94件)「略取誘拐など」(23件)といった女性や子供などを狙った犯罪も発生、「殺人」(39件)「強盗」(250件)といった凶悪な事件も少なくなかった。

 堺市の事件では、11月5日午後6時ごろ、ショッピングセンターで買い物を終えて車のある立体駐車場に入る姿が防犯カメラで確認されたのを最後に、田村さんの足取りは途絶えた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111213/crm11121314150007-n1.htm

 

続きを読む "刑法犯の4分の1が駐車場で 堺女性失踪事件でも現場に(13日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま市南区と川口市南町で自転車のバッグをひったくる事件が4件相次ぐ(13日)

埼玉県で自転車のバッグをひったくる事件が4件相次いだ。
12日午後6時から2時間ほどの間に、さいたま市南区文蔵(ぶぞう)と川口市南町で、自転車に乗った女性を狙ったひったくり事件が4件相次いだ。
1件は未遂に終わったが、いずれもスクーターに乗った男が追い抜きざまに前かごのバッグをひったくるもので、警察は、男の特徴が似ていることから、関連を含め捜査している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213419.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁男、ホテルで風俗店員から4万円奪う(13日)

12日午後9時50分頃、宇都宮市川田町のホテルで、同市の風俗店店員女性(19)が男に包丁を突きつけられるなどし、現金約4万円を奪われた。

 女性は顔に軽傷を負った。宇都宮南署は強盗傷害事件として調べている。

 発表によると、男は先にホテルに入り、女性を部屋に呼んでから約20分後、顔を十数回、拳で殴るなどしたという。男は40歳位で身長1メートル70の中肉中背。白髪交じりの短髪で、灰色のダウンジャケット、だぶだぶのズボンなどを身につけていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自称俳優の男を逮捕、言動に怒り中2男子を殴る(13日)

神奈川県警麻生署は12日、川崎市麻生区栗木、自称俳優の糸川尚正容疑者(45)を暴行容疑で現行犯逮捕した。

 発表などによると、糸川容疑者は同日午後6時25分頃、同市麻生区の歩道で中学2年の男子生徒(13)の顔を拳で殴った疑い。パトロール中の同署員が取り押さえた。生徒は顔面打撲の軽傷で、同署は傷害容疑に切り替え調べている。糸川容疑者は、生徒たちが道に広がって歩いているのを注意した際、男子生徒の言動に腹を立てたといい、調べに対し容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

すき家強盗、県立高生を逮捕…無職少年と共謀(13日)

9月に兵庫県加西市内の牛丼チェーン店「すき家」で売り上げ金が奪われた強盗事件で、飾磨署などは12日、県内に住む県立高校の男子生徒(19)を強盗などの容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 同署は牛丼店5店への強盗などの容疑で逮捕した無職少年(18)が、この事件で男子生徒と共謀して犯行に及んだとして、強盗容疑などで近く再逮捕する方針。

 発表によると、2人は共謀し、9月3日午前0時35分頃、加西市北条町横尾の「すき家加西北条店」に押し入り、カウンター内にいた男性店員(20)に包丁を突きつけて「金庫あけろ」などと脅し、レジや金庫内にあった売上金12万8000円を奪った疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男にゴミ袋かぶせ一時意識不明 容疑の母親逮捕 兵庫(13日)

 長男(3)の頭にゴミ袋をかぶせるなどして意識不明にさせたとして、兵庫県警は13日、神戸市垂水区の無職の母親(25)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。母親は調べに対し、「反省させるためだった」と供述。殺意については否認しているという。

 垂水署によると、母親は12日午後6時半ごろ、垂水区の自宅で長男の頭にゴミ袋をかぶせて結び、引きずるなどして殺害しようとした疑いがある。母親は自ら119番通報。長男は病院に搬送されたが、命には別条はないという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

象印元副社長宅前に黒いミニバイク 事件当日、住民目撃(13日)

象印マホービン元副社長の尾崎宗秀(そうしゅう)さん(84)が堺市北区の自宅で襲われ殺害された事件で、尾崎さんが縛られた状態で見つかる数時間前、近所の住民が尾崎さん宅前に黒っぽい色のミニバイクが止まっているのを目撃していたことが大阪府警への取材でわかった。

 事件当日、尾崎さんのキャッシュカードが使われた農協支所や、行方不明になっている堺市南区の主婦田村武子さん(67)のカードが使われた都市銀行の周辺の防犯カメラにも、よく似たバイクが映っており、府警が関連を注目している。

 捜査関係者によると、尾崎さんは1日午前10時20分ごろ、自宅2階の納戸で手足を縛られ、ラップなどで顔を何重にも巻かれた状態で見つかった。住民がバイクを目撃したのは、この2~3時間前で、バイクは黒っぽい色で、座席の後ろには荷物入れが取り付けられていた。住民は「ふだん見かけないバイクだった」と府警に話しているという。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団の集団参拝、大阪府神社庁も拒否(13日)

大阪府警は12日、大阪府神社庁が先月25日に加盟約400の神社に対し、初詣などの暴力団の集団参拝を拒否するよう申し入れをしていたことを明らかにした。府警はこれを受け、集団参拝を拒否したことで暴力団側とトラブルになった場合、警察官を派遣したり、暴力団側に警告したりすることを決めた。

 府警捜査4課によると、府内では近年、集団参拝が行われている神社は確認されていない。集団参拝拒否をめぐっては、これまでに兵庫県神社庁などで同様の動きが出ている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111213/crm11121308530002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国人学者「石岡さんを目撃」と警視庁に証言(13日)

北朝鮮から亡命した学者が、拉致被害者の石岡亨さんと拉致被害者とみられる日本人女性を平壌で目撃したと警視庁公安部に証言していたことが分かりました。

 韓国出身で経済学者の呉吉男(オ・ギルナム)さんは、北朝鮮へ入国してから工作活動を強要されたため、1986年に当時の西ドイツに亡命しました。今年9月に呉さんは都内で警視庁の任意の事情聴取に応じ、「平壌に滞在している時に石岡亨さんと3回会った」「日本人の女性と話をしたことがある」と証言していたことが分かりました。警視庁によりますと、呉さんは女性について「『日本から来た』と言っていた」と話し、1972年に行方不明になった生島孝子さんの写真を見て「よく似ている」と話したということです。警視庁は、呉さんの証言内容について慎重に調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211212037.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

沿岸の署や交番に海抜を表示(13日)

津波に備える意識を住民に高めてもらおうと、富山県警察本部は、沿岸部にある警察署や交番などに、海抜を示す表示を貼り出しました。

これは、東日本大震災の津波で大きな被害が出たことから始めたもので、12日は、富山県内の警察署や交番などのうち、海岸からおよそ5キロ以内にある54の施設に海抜を示す表示が貼られました。このうち富山市の富山北警察署和合交番では、警察官が「この付近は海抜3メートル」と書かれたA4サイズの紙を窓や掲示板に貼っていました。近くに住む女性は「震災のあと、この辺りの人たちは、津波のことをとても気にしています。海抜3メートルなので、避難のやり方を改めなければと思います」と話していました。また、射水市にある射水警察署射北交番は、今回、表示が貼られた施設の中では、唯一、海抜0メートルにあります。射北交番の橋本光雄所長は「これまでも大きな被害が予想されるという意識はあったが、さらにその思いが強くなった。この場所が海抜0メートルで、危険だということを伝えていきたい」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111212/k10014588291000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

今いくよ・くるよさん、交通事故で負傷 (13日)

お笑いタレントの今いくよ、くるよさんが交通事故で負傷です。

 10日午後6時過ぎ、大阪・吹田市で2人が乗っていたタクシーが前の車4台に追突しました。いくよさんが首や腰をねんざし、くるよさんは顔を打撲するなど、2人とも3週間のけがをしました。

 2人は自宅で療養していて、13日、大阪でのラジオ番組には出演しますが、公演活動は少なくとも今月15日まで休むということです

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4900963.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡・焼津市が配布した市民カレンダーの写真に暴力団組員 カレンダー回収へ(13日)

静岡・焼津(やいづ)市が全世帯に配布した市民カレンダーの写真に暴力団組員が写っていたことが、市民からの連絡で発覚した。
カレンダーは毎年、地元の観光協会が主催するコンテストで入賞した写真を使っていて、組員は8月の焼津祭りの写真の中央に写っていた。
市はカレンダーを回収し、別の写真に替えて配布する方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213411.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大王製紙:不正借り入れ、さらに数十億円 前会長再逮捕へ(13日)

総合製紙大手・大王製紙の前会長、井川意高(もとたか)容疑者(47)による巨額借り入れ事件で、東京地検特捜部は勾留期限の13日にも、別の子会社3社から数十億円分の不正な借り入れをしたとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕する方針を固めた模様だ。

 同社設置の特別調査委員会によると、井川前会長は昨年5月から今年9月まで、子会社7社から計26回にわたって計106億8000万円を無担保で借り入れた。一部は弁済したが、同社側は85億8000万円を損害として刑事告発した。

 特捜部は先月22日、今年7~9月に子会社4社から計7回借り入れた計32億円分で逮捕。残る3社から今年9月までに借り入れた数十億分も返済の見通しがないとして再逮捕するとみられる。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111213k0000m040161000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

軽とトラック正面衝突し全焼、3人死亡…岡山道(13日)

12日午後2時45分頃、岡山県吉備中央町上竹の岡山自動車道の対面通行区間で、軽乗用車とトラックが正面衝突し、2台とも全焼した。

 軽乗用車に乗っていた2人と、トラック助手席の1人の計3人が死亡し、トラックを運転していた広島県尾道市の運送会社員男性(29)は左足骨折の重傷を負った。

 岡山県警高速隊によると、軽乗用車が対向車線にはみ出し、衝突したらしい。助手席で亡くなったのは広島県福山市の運送会社員男性(26)とみられる。同隊は軽乗用車の2人と合わせ、身元の確認を進めている。

 運送会社によると、トラックは、岡山県倉敷市から広島県庄原市にピアノを運ぶ途中だったという。

 現場は高架道路で、両車線は10メートル間隔に立つポール(高さ約65センチ)で分離されている。軽乗用車はトラックの正面に潜り込むように突っ込んだ状態で炎上。トラックもアルミ製の荷台の骨組みを残して黒こげになっていた。消火活動で、岡山市消防局などから消防車など計15台が出動した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路線バス代わり「あいのりタクシー」運行(13日)

熊本県山鹿市は、山鹿、鹿本地区の中山間地と市街地を結ぶ予約制のあいのりタクシー「山鹿チヨマツ号」の委託運行を始めた。

 これで合併前の旧5市町すべてで運行が実現したことになる。

 同タクシーは、路線バスの停留所から500メートル以上離れた集落と市街地などを毎週火曜、金曜日に運行する。料金は200~500円。

 山鹿地区の平山温泉街では2日、出発式が行われた。バス停から約2・5キロの距離にある堂ノ原の山口純一区長も出席し、「堂ノ原は高齢化が著しい。タクシーは自宅まで来てくれるので、特に、車を持たない一人暮らしのお年寄りにはありがたい」と話していた。

 予約制のあいのりタクシーは菊池市が2004年から、長洲町が今年10月から運行するなど、高齢化が進む地区で普及。多くは、赤字の路線バス廃止の代替措置として行われている。

 山鹿市は07年6月に導入。山鹿、鹿本地区は、バス路線が赤字で、運行会社に補助金を出しており、あいのりタクシーと合わせて費用がかさむが、市は「すべての交通弱者を救うという理念で取り組んでいる」と説明している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月12日 | トップページ | 2011年12月14日 »