« 2011年12月2日 | トップページ | 2011年12月4日 »

2011年12月3日

2011年12月 3日 (土)

開けた玄関から入り込む?…元象印副社長強殺(3日)

元象印マホービン副社長・尾崎

(

宗秀

)

さん(84)が1日、堺市北区の自宅で殺害された強盗殺人事件で、尾崎さん方の窓には、割られるなど無理やり侵入した形跡がないことがわかった。

 玄関の鍵が開いており、大阪府警は尾崎さんが玄関から外に出たタイミングを見計らい、犯人が入り込んだ可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、尾崎さん方には1~2階に複数の窓があるが、いずれも割れていなかった。一方で、玄関や勝手口の鍵は開いていた。玄関に通じる北側の門扉は施錠され、東側にある裏門は無施錠だった。

 尾崎さん方には、1日付の朝刊が取り込まれており、尾崎さんはこの日も起床後、玄関の鍵を開けて戸外に出たとみられる。

(2011年12月3日15時47分  読売新聞)

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

声が違うのは風邪のせい…振り込め詐欺と気づかれ、船橋署が2件摘発(3日)

千葉県警船橋署は2件の振り込め詐欺事件で容疑者2人を逮捕した。両事件とも息子をかたり、声が違うのは風邪のせいだと、この冬懸念されるインフルエンザの流行を先取りして高齢者をだまそうとしたが気づかれた。両容疑者とも容疑を否認しているという。

 11月30日~12月2日、船橋市内の無職女性(60)に「店のボイラーを壊し700万円かかる」と電話があった。女性が詐欺と気づいて警察に通報、同署は2日午後、金を受け取りに女性宅に現れた東京都港区の自称無職の男(41)を詐欺の現行犯で逮捕した。

 また、12月1~2日には同市の無職男性(75)に「浄水器の販売契約で300万円いる」と電話があったが、男性が詐欺と気づいた。2日午後、張り込みの同署員が男性宅前で東京都新宿区の自称無職の男(27)を発見、3日に詐欺容疑で逮捕した。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

堤防の造成工事現場に人の骨? 大阪・高槻(3日)

3日午前10時ごろ、大阪府高槻市西大樋町の芥川の堤防で造成工事をしていた作業員の男性(45)から、「人の骨のようなものを見つけた」と110番があった。

 同府警高槻署によると、作業員らが重機を使って堤防の土を薄くはぎ取る作業をしていたところ、ブリキ製のバケツとともに、上あごの部分とみられる人骨のようなもの2個が出てきたという。いずれも歯が3本ついていた。同署は人骨かどうかも含め鑑定を進める。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111203/crm11120323140009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

河野義行さん、「ひかりの輪」外部監査人に(3日)

オウム真理教から分裂した「ひかりの輪」(上祐史浩代表)が、第三者に活動を監視してもらうために新設した「外部監査人」に、松本サリン事件(1994年)で妻を亡くした河野義行さん(61)が就任することが3日、分かった。

 河野さんは「教団との橋渡し役として、施設周辺の住人の不安解消につなげたい」としている。

 「ひかりの輪」によると、これまでに河野さんや大学教授ら5人が外部監査人への就任を承諾。監査人は今後、施設への立ち入りなどを通じて実態を確認し、違法行為があると判断した場合は、告発や公表によって活動を是正させるという。

 河野さんは先月中旬に就任の打診を受けたといい、「施設周辺の住人が漠然とした不安を抱えて暮らすよりは、公正な立場から情報を発信することで信者も住人も普通に暮らせるようになればいい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署内で拳銃暴発 名古屋、巡査部長が誤って発射(3日)

3日午前9時20分ごろ、名古屋市東区筒井1丁目の東署の拳銃保管庫で、地域課の男性巡査部長(54)が実弾1発を誤って発射する暴発事故があった。保管庫には、巡査部長を含め警官が6人いたが、弾は下向きに発射され、けが人はなかった。

 同署の発表によると、巡査部長は夜勤を終え、拳銃と弾を分けて保管庫に収める途中だった。弾を回転式拳銃から抜こうとした際、指が引き金に触れたらしい

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ペットボトル破裂事件 中3男子4人が関与認める 兵庫・西宮(3日)

兵庫県西宮市の家電量販店とスーパーの店内で今年8月、ドライアイスが入ったペットボトルの破裂が相次いだ事件で、兵庫県警西宮署が別の傷害容疑で逮捕した同市内の14~15歳の中学3年の少年4人が関与を認めていることが3日、同署への取材で分かった。

 少年らは「インターネットでペットボトルを破裂させる方法を知り、試してみたかった」と供述しているといい、同署は威力業務妨害容疑で捜査している。

 同署は11月13日、別の少年に暴行したとして傷害容疑で4人を逮捕。調べに対し、全員がペットボトル事件への関与を認めた。ペットボトルにドライアイスと水を入れ、店内に放置したという。

 事件は8月4日に西宮市東町の家電量販店「ミドリ西宮南店」、8日に同市浜松原町のスーパー「マルナカ西宮店」で発生。どちらもけが人はなかった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111203/crm11120318490008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

象印元副社長殺害:骨董品手つかず 強い恨み持った犯行か(3日)

堺市北区の象印マホービン元副社長で不動産経営、尾崎宗秀(そうしゅう)さん(84)が殺害された事件で、自宅にある掛け軸など合計数千万円相当に上る骨董(こっとう)品が手つかずのまま残されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。尾崎さんは顔を粘着テープやラップでぐるぐる巻きにされており、大阪府警は犯人が強い恨みを持っていた可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると、資産家として知られる尾崎さん宅には、少なくとも1000万円以上の価値があるとみられる掛け軸をはじめ、高価な骨董品や数百万円の着物、高級ゴルフ用品などがあった。しかし室内を物色した形跡はほとんどなく、骨董品などはそのままで、尾崎さんの財布や携帯電話も残されていた。

 一方、尾崎さんは事件前日の先月30日午後7時半ごろ、1階玄関横の応接間で、所有マンションの男性管理人(63)から集金した家賃など計約75万円を受け取っていたことが判明。この現金は保管場所にはなく、犯人が持ち去ったとみられる。

 尾崎さんが見つかったのは2階の納戸で、顔には粘着テープやラップが何重にもまかれ、手足にあざができるほど結束バンドで縛られていた。

 府警はこれまでの調べで、尾崎さん宅にいた犯人が銀行員の訪問を知って慌てて逃げた可能性があるとみている。一方で、執拗(しつよう)な殺害の状況や、高価な物品を持ち出していないことから、恨みを持つ人物による犯行の可能性もあるとみており、金銭トラブルなどがなかったか調べている。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111203k0000e040168000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・柏市でカッターナイフのようなもの持った男の目撃情報 小2女児刺傷事件と関連捜査(3日)

千葉・松戸市の路上で、小学2年生の女の子が男に刃物で刺された事件で、女の子が、「犯人は、自分の30代の父親よりも若い男だった」と話していることが新たにわかった。
この事件は、12月1日、松戸市の路上で、帰宅途中の小学2年生の女の子(8)が、男に刃物で数カ所刺されたもので、傷の一部は肺にまで達していた。
警察の事情聴取に対して女の子は、「前から歩いてきた男が刃物を持っていて、怖くなって逃げたら、転んでしまい、後ろから刺された」と話していて、男の特徴については、「黒っぽいニット帽をかぶっていて、自分の30代の父親よりも若かった」と話しているという。
また、この現場から10kmほど離れた隣の柏市でも、3日午後、小学生の姉と弟がカッターナイフのようなものを持った黒い服の男を目撃していて、警察が関連を調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00212814.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

店舗から110万円強奪(3日)

3日午前、埼玉県上尾市のドラッグストアの事務所にナイフや拳銃のようなものを持った男が押し入り、現金110万円あまりを奪って逃げ、警察は強盗事件として捜査しています。
3日午前9時前、上尾市小泉の「ドラッグスギ上尾小泉店」の事務所に男が侵入し、男性の店長と女性の従業員のあわせて3人にナイフや拳銃のようなものを突きつけて「金庫を開けろ」と脅しました。店長が金庫を開けると男は中から売り上げ金およそ112万円を奪って逃走し、従業員らにケガはありませんでした。
警察によりますと男は年齢が20歳から40歳ぐらい、身長が1メートル70センチくらいで黒いジャンパーの上着に黒いズボンを履き黒い目出し帽をかぶっていたということです。
現場は住宅街の中に店舗が点在する場所で、当時、人通りは少なく、店長らが開店前に裏口から事務所に入った直後に男が同じ裏口から押し入ったということです。
警察は付近の防犯カメラの映像を調べるとともに強盗事件として男の行方を捜査しています。

News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004383221.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日単位・レベル)

信じられないずさんな捜査だ

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20111121102323

福井市の女子中学生殺害事件で、名古屋高等裁判所金沢支部がMさんの再審を認める決定を出した問題。

 毎日新聞電子版は、警察官と目撃したとされる暴力団員の関係がメチャクチャだったことを報じている。

 同事件の捜査本部がある福井県警福井署4階の一室で昭和61年11月、覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕、勾留されていた元暴力団組員(47)は、捜査員数人と寿司を食べており、「おー、お前も食べろ」などにぎやかだったという。

 そして翌日、警察は元組員から「Mが『被害者を誘おうと思ったら断られ、腹が立って包丁を振り回した』と言っていた」という情報を得るのである。

 公判記録や関係者の証言によると、この日は元組員を同署の留置場から規律の厳しい拘置所に移監する予定日。捜査員は「協力してくれるなら移監をストップできるか検察に聞いてみる」と持ちかけ、移監にストップをかけたという。

 さらに12月に入り、捜査本部は「17歳の後輩がMと一緒に現場に行った」という元組員の供述に基づいて、事件に関係のない後輩の男性(42)を署に呼んだ。捜査員は元組員を取調室に連れてきて、戸惑う男性に「わしの顔つぶす気か。警察に協力せえ」と手錠をしたまま怒鳴る元組員。それでも否認する後輩男性を、県警は同月14日、犯人蔵匿容疑で逮捕した。完全な誤認逮捕だった。

 元組員は約10日後、「Mと一緒だったのは別の知人」と供述を翻し、他に支えのない県警は男性を釈放した-と毎日は報じている。

 古くなるが、昭和の40年代、新宿の歌舞伎町を歩いている暴力団担当刑事と言えば、夏などはラクダのシャツに白の腹巻きをして、暴力団と変わらない姿でパトロール。

 歌舞伎町交番にいると、警察電話を借りに手帳を見せるから刑事と分かるのだが、本物の暴力団員に、巻き舌で「おい!そこで待ってろっ」などと怒鳴る姿は格好が良かった。交番の若い警察官が憧れて「4課に行きたい」と本当に○暴担当になってしまった。

 こうして奴らの中に飛び込んで情報を得ていたのだが、それを癒着と言われ、現在は内部の情報がとれなくなっている。

 しかし、福井の例はひどい。まさに捜査員は暴排条例でいう「密接関係者」で警察がこんな関係では事件捜査はできない。

 警察不祥事は極一部なのだが、けん銃と手錠、手帳を持って人間を拘束できる権限を持っている職業にあるから、1件たりともあってはならないのである。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の強盗はうそ 通報の男逮捕(3日)

2日、東京・銀座の路上で貴金属販売店の店員の男が「2人組の男に殴られ、現金を奪われた」と通報しましたが、警視庁は、この通報はうそで、現金は自分の車に隠していたとして、男を盗みの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、千葉県市川市に住む貴金属販売店の店員小野誠容疑者(29)です。警視庁の調べによりますと、小野容疑者は、2日午前、「銀座の路上で2人組の男に顔を殴られ、現金およそ180万円が入ったバッグを奪われた」と言って近くの勤務先の店に助けを求め、同僚が110番通報していました。警視庁は、強盗傷害の疑いで捜査していましたが、目撃者がないことや、防犯カメラの映像にも撮影されていなかったことから事情を聴いたところ、うそだったことを認めたということです。警視庁の調べによりますと、小野容疑者は「売上金を入金に行く」と言って店を出たあと、近くにとめていた自分の車に売上金が入ったセカンドバッグを隠し、自分で顔を殴っていたということです。調べに対して「金が欲しかった」と供述しているということで、警視庁は、うその通報をした軽犯罪法違反の疑いでも書類送検する方針です。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111203/k10014383131000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

象印マホービン元副社長殺害事件 元副社長の顔にはラップのほかに粘着テープが巻かれる(3日)

大阪・堺市で象印マホービンの元副社長が殺害された事件で、元副社長の顔には、ラップのほかに、粘着テープが巻かれていたことが新たにわかった。
この事件は1日、象印マホービンの元副社長・尾崎宗秀さん(84)が堺市北区の自宅で、顔をラップで巻かれ、手足を縛られた状態で見つかり、病院に搬送されたが、死亡したもの。
その後の調べで、尾崎さんの顔には、ラップのほかに、粘着テープが巻かれていたことが新たにわかった。
2日に行われた司法解剖の結果、尾崎さんの死因は、鼻と口をふさがれたことによる酸素欠乏であることがわかっている。
警察は、尾崎さんの顔に巻かれたラップや粘着テープがきつく巻かれていなかったため、酸素が体から徐々になくなる酸素欠乏になったとみて調べを進めている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡、バイクの高2男子死亡…女子軽傷(3日)

2日午後6時50分頃、水戸市見和の市道で、パトカーの水戸署員が2人乗りをしている原付きバイクを見つけ停止を求めたが、逃走した。

 パトカーで追跡したが見失ったため、付近を探したところ、約100メートル先の電柱に衝突しているバイクを発見。運転していた市内の県立高校2年の男子生徒(17)が腹部を強く打つなどして約7時間後に死亡し、後ろに乗っていた県立高校2年の女子生徒(16)も顔などに軽傷を負った。

 発表によると、パトカーは赤色灯をつけ、約50メートル後方から時速約30キロで追跡。交差点で停止した際にバイクを見失った。男子生徒はヘルメットをかぶっていなかったという。同署の鈴木修二副署長は「事故は残念だが、追跡は適正だったと考えている」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒運転354件摘発 警察庁の一斉取り締まり(3日)

 警察庁は3日、2日夜から3日早朝にかけて全国で実施した一斉飲酒運転取り締まりの結果をまとめた。

 飲酒運転の摘発は354件で、このうち酒酔い運転が2件(逮捕2人)、酒気帯び運転が352件(同15人)だった。

関連記事

記事本文の続き 飲酒運転に加え、飲酒検知拒否や無免許運転、シートベルト装着義務違反なども含めた摘発総件数は7752件(同25人)だった。

 一斉取り締まりは、全国で警察官約1万9000人を動員。繁華街周辺や高速道路の出入り口付近など約2900カ所で取り締まりを行った。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

有名画家の絵画「委託販売する」 詐取容疑で男逮捕(3日)

国内外の有名画家の絵画をだまし取ったとして、警視庁深川署は、詐欺の疑いで、名古屋市に住む自称会社員、篠田一典容疑者(47)を逮捕した。同署によると、「金は払うつもりだった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成20年11月下旬、東京都江東区でギャラリーを経営する美術商の男性に「絵画を委託販売する」と偽り、昭和期の画家、松本竣介や高山辰雄、フランスの画家ユトリロの絵画計3点をだまし取ったなどとしている。

 同署によると、篠田容疑者は、絵画を顧客に販売して計3130万円を渡すと美術商に約束していたが、別の販売先に勝手に売っていたとみられる。

 篠田容疑者は、美術品を横領したとして、都内の取引先などが損害賠償を求めて提訴しているといい、同署は同様の被害が他にもあったとみて、裏付けを進める。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111203/crm11120310430002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

0歳女児暴行され死亡 容疑の36歳母親を逮捕 東京・東村山(3日)

0歳の長女を暴行して重傷を負わせたなどとして、警視庁東村山署は3日、殺人未遂の現行犯で無職、野辺(のべ)寿美子容疑者(36)=埼玉県所沢市西新井町=を逮捕した。暴行を受けた長女、結菜(ゆいな)ちゃんは搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替え、詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は、3日午前6時55分ごろ、東京都東村山市秋津町の民家で、結菜ちゃんを暴行し、重傷を負わせたなどとしている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111203/crm11120311550004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災地に寄付200万円 宇都宮市役所に匿名女性(3日)

宇都宮市は2日、東日本大震災被災地への寄付として、匿名の女性から200万円を受け取ったと発表した。女性は市役所窓口に現金入りの封筒を置き、名乗らずに立ち去ったという。

 同市によると、女性は60代ぐらい。1日午後に市役所の総合窓口を訪れ「匿名で寄付したい。車を待たせているので急いでいる」などと言い、封筒を置いて去った。職員が開封したところ、現金200万円と手紙が入っていた。

 手紙は「福島県100万、岩手県50万、宮城県50万、寄付お願いします」などと書いてあった。同市は「本人の意思を尊重し、各県の義援金募集窓口に送金する」としている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120201002179.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

”女児執ように追いかける”(3日)

1日、千葉県松戸市で下校途中の小学2年生の女の子が男に刃物で刺された事件で、男は逃げる女の子を執ように追いかけ、転んで倒れたあとに繰り返し刃物で刺していたことが警察への取材でわかりました。
この事件は1日、千葉県松戸市の住宅街で、下校途中の小学2年生の女の子が男にナイフのような刃物で背中や脇腹などを刺されたもので、警察は殺人未遂事件として捜査しています。
警察のこれまでの調べによりますと、女の子を刺したのは若い男とみられ、黒っぽい服を着てつばのない黒っぽい帽子をかぶっていたということです。
また、男は女の子の前方から刃物を持って歩いてきて、女の子が逃げようとしたところ、あとを追ってきたということです。
当時の状況について女の子は「ナイフを持った男に追いかけられ、転んで倒れたあとに刺された」と話していて、傷は数か所あり一部は肺にまで達していました。
警察は男が執ように女の子を追いかけたうえ繰り返し刃物で刺したとみて、目撃情報を探すなどして調べています。
松戸市の現場から直線距離で2キロあまり離れた埼玉県三郷市では先月18日、下校途中の中学3年生の女の子が何者かに刃物で切り付けられる事件があり、警察が関連を捜査しています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004374131.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造カード使用か、カメルーン人を逮捕 (3日)

 偽造クレジットカードを使い、高級腕時計を購入しようとしたとして、自称・ガボン大使館アシスタントのカメルーン人の男が警視庁に逮捕されました。

 不正作出支払用カード電磁的記録供用などの疑いで逮捕されたのは、自称・ガボン大使館アシスタントでカメルーン人のングー・シプレン容疑者(30)です。

 警視庁によりますと、シプレン容疑者は今年10月、葛飾区のディスカウントショップで偽造クレジットカード2枚を使い、ロレックスの腕時計2本、85万円相当を購入しようとした疑いが持たれています。

 シプレン容疑者の自宅からは、偽造カード15枚やカードリーダーなどが押収されていますが、取り調べに対し、シプレン容疑者は「偽造カードだとは知らなかった」と容疑を否認しています。

 シプレン容疑者は今年10月から複数の偽造カードを使い、腕時計や香水など230万円相当を購入していたということで、警視庁は、シプレン容疑者が自分で偽造カードを作り、使用していたとみて、余罪について調べを進めています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4892427.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福井再審事件:検証 元組員と警察「まるで友達同士」(3日)

「おー、お前も食べろ」。86年11月、女子中学生殺害事件の捜査本部が置かれていた福井県警福井署4階の一室に、覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕、勾留されていた元暴力団組員(47)の声が響いた。声をかけられた面会の知人男性(45)の目に、捜査員数人と元組員がおけを囲んですしをつまんでいる姿が飛び込んできた。

 「警察官は年も離れていて怖い存在のはずなのに。げらげら笑いながらすしをつまんでいて、まるで友達同士みたいだった」

 1カ月前、元組員から前川彰司さん(46)が事件の後「服に血を付けていた」という”重要情報”をもたらされた県警は、どんな捜査を展開したのか。

 公判記録や関係者の証言によると、この日は元組員を同署の留置場から規律の厳しい拘置所に移監する予定日だった。捜査員は「協力してくれるなら移監をストップできるか検察に聞いてみる」と持ちかけ、移監にストップをかけた。

 そして翌日、元組員から「前川が『被害者を誘おうと思ったら断られ、腹が立って包丁を振り回した』と言っていた」という新情報を得る。捜査本部にとって、元組員が貴重な「ネタ元」になっていく様子が見て取れる。

 12月に入り、捜査本部は「17歳の後輩が前川と一緒に現場に行った」という元組員の供述に基づいて、事件に関係のない後輩の男性(42)を署に呼んだ。捜査員は元組員を取調室に連れてきて、戸惑う男性を説得させた。「わしの顔つぶす気か。警察に協力せえ」。手錠をしたまま怒鳴る元組員。それでも否認する後輩男性を、県警は同月14日、犯人蔵匿容疑で逮捕した。完全な誤認逮捕だった。

 取り調べは連日、午前8時から日付が変わる頃まで続いた。壁に押しつけたり、机をたたいたり。「血だらけの彰司が帰ってきたのにびっくりして送っていっただけなのに、なぜ認めない。おまえも一緒にやったのか」。着替えなどを入れる容器には、後輩男性の名前と並んで「殺人」と記入されていた。

 元組員は約10日後、「前川と一緒だったのは別の知人」と供述を翻し、他に支えのない県警は男性を釈放した。誤認逮捕という大失態を犯してもなお、捜査本部が元組員の供述を柱とする捜査方針を見直した形跡はない。

 軌道修正のチャンスを逃した当時の県警幹部はつぶやいた。「再審開始が決まったのはマスコミが騒いだから。(前川さんが)名誉回復を求めるなら、元組員やその仲間たちを名誉毀損(きそん)で訴えればいい」

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111203k0000m040104000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無期懲役刑:受刑者数が戦後最多に 「終身刑」化進む(3日)

無期懲役刑の受刑者が昨年末段階で、戦後最多の1796人になったことが法務省のまとめで分かった。昨年1年間に初めて仮釈放された無期受刑者は7人で、その7人の平均受刑期間は35年3カ月と戦後最長だった。無期懲役刑の「終身刑」化が進んでいる実態が改めて浮かんだ。

 同省保護局によると、無期受刑者は昨年1年間で新たに50人が服役を開始。獄死者は21人で、仮釈放許可は9人にとどまった。うち2人は過去にいったん仮釈放されたものの、再犯や保護観察の順守事項違反で仮釈放を取り消され、再度の受刑を経て再び仮釈放されたケースだった。

 新たに仮釈放を許可された7人のうち、最短で刑務所を出たのは強盗致死傷罪で服役していた50代の受刑者で、受刑期間は27年3カ月間。最長は殺人罪で服役していた80代の受刑者で、服役期間は47年9カ月だった。

 一方で、強盗致死傷と放火の罪で服役している70代の受刑者は、受刑期間が60年10カ月に及んだが、仮釈放は許可されなかった。

 01~10年の10年間では、新たに服役した無期受刑者は920人。138人が獄死し、仮釈放を許可されたのは83人だった。

 また、昨年末段階の無期受刑者のうち受刑期間が10年以上に及ぶケースは約46%。「10年経過」という仮釈放の法的要件を一つクリアしていても、半数近くは仮釈放されていない実態も分かった。年齢別では、60代以上が約38・5%を占めた。

 仮釈放するかどうかの判断対象となった「審理人数」は昨年1年間で69人。09年から始まった新しい制度運用で審理対象者は激増したが、許可人数が低調だったため、許可率は1割にとどまった。【伊藤一郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111203k0000m040097000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「被曝発病」デマがネット拡散「原発周辺の魚食べ死亡」(3日)

 東京電力福島第1原発事故による放射線被曝(ひばく)と、がんや白血病などの病気を安易に結びつける風潮が、インターネット上を中心に広がっている。「原発周辺で釣った魚を食べた男性が白血病で死亡した」など、誤った事実に基づく噂が広がる背景には、被曝に伴う病気の周知が不十分なことや、情報が精査されないまま拡散される現状がある。風評被害の拡大や復興の妨げにつながりかねず、専門家は「国はより丁寧な情報発信をすべきだ」と警鐘を鳴らしている。(小野田雄一)

関連記事

記事本文の続き 11月28日、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に、個人が運営するブログの記事を情報源として、「原発周辺で野宿し、釣った魚を食べていた男性が急性白血病で死去」という書き込みがあり「ツイッター」などを通じて広められた。

 この男性は、9月に急性白血病で死去した釣りコラムニスト、阿部洋人さん=当時(24)。11月末に発売された釣り雑誌「ロッドアンドリール」(地球丸社)が追悼記事を掲載したところ、記事中に魚を食べたとの記載はないにもかかわらず、誤った形で広まった。元となるブログは記事を削除したが、拡散された書き込みは大量にネット上に残ったままだ。

 同誌の中村憲一郎編集長は「阿部さんが福島県内で野宿していた事実はなく、魚を食べていたわけでもない。誤った情報を基に、『自業自得』などと批判されたりしている。ご遺族の気持ちを考えるとやり切れない」と話す。

 ▼医師会「事実ない」

 同様の事例は他にもある。日本レスリング協会は1日、フリースタイル74キロ級で日本選手権5連覇中の長島和幸選手(30)=クリナップ=が急性白血病と診断されたと発表した。協会が寄せ書きや千羽鶴の送り先として、同社レスリング部監督が勤務する福島県いわき市の事業所を記載したところ、ネット上では「発症は福島にいたため」との書き込みが相次いだ。同社によると、長島選手は母校の早稲田大学を練習拠点にしており、原発事故後も大半は東京で暮らしていたという。

 さらに、ネット上では「日本医師会が日本で白血病患者が急増していることを報告する」という書き込みも広がったため、医師会は先月29日、「そうした事実はなく、データもない。事実関係に誤りが多く、信(しん)憑(ぴょう)性を疑わざるを得ない」とする文章を公表。根拠の乏しい情報が安易に広がる現状に懸念を示した。

 ▼「国は情報発信を」

 専門家も、現時点で白血病などを発症した事例は、被曝とは無関係と指摘する。

 北海道がんセンター(札幌市)の西尾正道院長は「被曝によるがんや白血病は通常、数年以上潜伏する。この時期に(原発事故での)被曝が原因で発症する確率はゼロと言い切れる」と断言する。

 西尾院長によると、被曝で細胞が傷ついてがん細胞が生じても、がん細胞が増えるには何十回もの細胞分裂が必要で、期間は年単位になるという。その上で西尾院長は「誤った情報を国民が安易に信じたり広めたりしないために、国はもっと正確で丁寧な情報発信をすべきだ」と話した。

 危機管理コンサルティング会社「クライシスインテリジェンス」(東京)の浅利真社長は「政府の震災後の情報発信は不十分。『被曝と因果関係がない』というなら、明確な根拠を示すべきだ。今のままでは国民は疑心暗鬼に陥る」と指摘した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットに虚偽の企業情報投稿 容疑の40歳男逮捕 兵庫県警(3日)

株価を変動させて利益を得るため、インターネットの掲示板に虚偽の企業情報を投稿したとして、兵庫県警捜査2課と垂水署は2日、金融商品取引法違反(風説の流布、偽計)の疑いで、神戸市垂水区桃山台、無職、佐藤昇容疑者(40)を逮捕し、証券取引等監視委員会と合同で自宅を家宅捜索した。

 県警によると、佐藤容疑者は「株価をつり上げるため、自分で考えた偽情報を投稿した」などと大筋で容疑を認めているという。株の売り抜けで得た利益は約5万円だった。

 逮捕容疑は8月24~29日、ジャスダックと東証マザーズ上場の4社の株価を変動させるため、株価専門のネット掲示板に計15回にわたり、自宅のパソコンから虚偽の情報を投稿。不特定多数が閲覧できる状態にしたなどとしている。

 県警によると、佐藤容疑者は日刊紙などの記事を引用したように装い、「(別の企業と)業務提携したことが分かった」などと投稿。この内容を信用し、実際に株を購入した投資家がいたことも確認されたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111202/crm11120220030023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月2日 | トップページ | 2011年12月4日 »