« 無資格で未公開株売買で逮捕(29日) | トップページ | 暴行受けたタクシー運転手死亡 容疑のソフトバンクモバイル社員を逮捕 神奈川県警(29日) »

2011年11月29日 (火)

無灯火自転車で歩道走り歩行者に重傷…在宅起訴(29日)

自転車で歩道を走行中、歩行者に衝突し重傷を負わせたとして、大分地検は29日、大分県豊後大野市の30歳代の男を重過失傷害罪で大分地裁に在宅起訴した。

地検によると、自転車絡みの事故で運転者の過失が正式裁判で問われる例は珍しい。

 起訴状によると、男は2月2日午前6時過ぎ、同市三重町菅生の歩道で自転車に無灯火で乗っていた際、歩いていた男性(当時71歳)に正面から衝突。男性を転倒させて頭に大けがを負わせたとしている。男は「ぶつかるまで気付かなかった」と話しているという。

 男性は脳挫傷と診断され、約半年間入院。退院後も失語症などが残った。

 自転車は原則、車道走行。車道の交通量が多い場合、歩道走行が許可されるが、事故の現場では認められていなかった。地検は起訴の理由について「無灯火だったことや、けがの程度が重いことを勘案した」と説明している。

 自転車の走行については、警察庁が10月、車道走行を徹底指導するよう都道府県警に通達した。

 

« 無資格で未公開株売買で逮捕(29日) | トップページ | 暴行受けたタクシー運転手死亡 容疑のソフトバンクモバイル社員を逮捕 神奈川県警(29日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無灯火自転車で歩道走り歩行者に重傷…在宅起訴(29日):

« 無資格で未公開株売買で逮捕(29日) | トップページ | 暴行受けたタクシー運転手死亡 容疑のソフトバンクモバイル社員を逮捕 神奈川県警(29日) »