« 河川敷に身元不明遺体 茨城・取手市(10日) | トップページ | 振り込め詐欺:81歳、150万円被害 容疑で捜査--西京署 /京都(10日) »

2011年11月10日 (木)

オリンパス損失隠し、警視庁が本格捜査(10日)

光学機器大手「オリンパス」の損失隠し問題で、警視庁は9日、同社担当者らに対し、経理資料の提出を求めるなど本格捜査に乗り出した。

 企業買収を使った損失の穴埋めなどは粉飾決算にあたり、金融商品取引法違反(有価証券報告書などの虚偽記載)の疑いがあるとみている。すでに調査を進めている証券取引等監視委員会や、東京地検特捜部と連携し、同社の歴代幹部ら関係者から事情聴取するなど、巨額損失隠しの全容解明を進める。

 同問題を巡っては、米連邦捜査局(FBI)や米証券取引委員会(SEC)も捜査などに着手しており、警視庁は今後、海外の捜査機関とも情報交換しながら捜査を進めるとみられる。

 オリンパスの発表などによると、同社は1990年代に多額の有価証券投資を行い、バブル崩壊の影響で多額の含み損を抱えた。その後、含み損が1000億円近くまで膨らんだが、損失の計上を先送りした。

 2006~08年には、健康食品販売会社や資源リサイクル会社など国内の非上場会社3社や英医療機器メーカー「ジャイラス」を次々と買収。3社の買収資金約734億円や、ジャ社の買収を仲介した米投資助言会社「Axes(アクシーズ)」などに支払った報酬約660億円の一部を含み損の解消に充てていたという。

 

« 河川敷に身元不明遺体 茨城・取手市(10日) | トップページ | 振り込め詐欺:81歳、150万円被害 容疑で捜査--西京署 /京都(10日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス損失隠し、警視庁が本格捜査(10日):

« 河川敷に身元不明遺体 茨城・取手市(10日) | トップページ | 振り込め詐欺:81歳、150万円被害 容疑で捜査--西京署 /京都(10日) »