« 共産党長野市議が自殺か 支持者逮捕「報道で心労」(8日) | トップページ | 盗撮ハイテク化、摘発増…携帯動画気づかれず(8日) »

2011年11月 8日 (火)

被災車両に遺体8カ月放置 釜石 ミス重なり気づかれず(8日)

岩手県釜石市で今月2日、被災した団地に仮置きされたワゴン車から男性の遺体が発見された。東日本大震災の発生から8カ月近く。ミスが重なり、ずっと気づかれないままだった。男性の葬儀はすでに終わっていた。友人らは「少し車内を見ればわかる。なぜ見つけてもらえなかったのか」と悔しがっている。

 遺体は、市内に住んでいた会社員(35)。震災時に海岸沿いの道を車で走っていたと知人から聞いた家族らが捜したが見つからず、5月に市にナンバーを届けていた。

 市から妻に「8月から車が放置されている」と連絡があったのは11月2日夕。すぐに知人と確認に行くと、被災した雇用促進住宅団地の敷地内に、仮置きされて積まれていた車数台の下の方に、会社員の白いワゴン車があった。ナンバーも確認できた。

 洋服が見えたので、知人が重機で上の車を取り除くと、運転席から男性の遺体が見つかったという。

続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 共産党長野市議が自殺か 支持者逮捕「報道で心労」(8日) | トップページ | 盗撮ハイテク化、摘発増…携帯動画気づかれず(8日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災車両に遺体8カ月放置 釜石 ミス重なり気づかれず(8日):

« 共産党長野市議が自殺か 支持者逮捕「報道で心労」(8日) | トップページ | 盗撮ハイテク化、摘発増…携帯動画気づかれず(8日) »