« 売上金1600万円を横領容疑 葬祭会社元経理責任者を逮捕 警視庁(28日) | トップページ | 住吉会系組員ら4人逮捕 休業補償金130万円詐取容疑(28日) »

2011年11月28日 (月)

オウムへの観察処分更新を請求 引き続き監視必要と判断(28日)

団体規制法に基づくオウム真理教に対する観察処分(3年)が来年1月で期限を迎えるのを前に、公安調査庁は28日、更新を公安審査委員会(田中康久委員長)に請求した。平成12年に観察処分が初適用されてから、更新請求は4回目。今後、公安審は教団側から意見を聴き、更新の可否を決定する。

関連記事

記事本文の続き 公安庁は、麻原彰晃死刑囚(本名・松本智津夫)(56)が依然として教団の頂点で絶対的な影響力を持ち、殺人を勧める危険な考えを維持しているとして、引き続き監視が必要と判断した。

 オウムが改称した主流派「アレフ」のほか、そこから19年に脱退した上祐史浩氏(48)が率いる「ひかりの輪」が対象。アレフについては、麻原死刑囚の肖像写真を祭壇に掲げるなど「麻原死刑囚への帰依が進んでいる」と分析している。

 ひかりの輪も麻原死刑囚の影響力払(ふっ)拭(しょく)を装う「麻原隠し」を展開しているが、実態は教義を広める活動をしていると判断し、「団体としての同一性を保持している」と結論づけた。

 また、最近では両派とも説法の中で、東日本大震災の被害を引き合いに出し、「修行しないとまた起きる」などと教えているという。

 公安庁の調べでは、教団の信者は国内に約1500人で、拠点は15都道府県に32施設ある。アレフは今年に入り、新たに約200人の信者が加わったといい、公安庁は拡大傾向にあるとみている。

 教団の刑事裁判が今月21日に事実上終結したことは請求の理由に含めていないが、公安庁は「関心を持って影響を注視している」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 売上金1600万円を横領容疑 葬祭会社元経理責任者を逮捕 警視庁(28日) | トップページ | 住吉会系組員ら4人逮捕 休業補償金130万円詐取容疑(28日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53356057

この記事へのトラックバック一覧です: オウムへの観察処分更新を請求 引き続き監視必要と判断(28日):

« 売上金1600万円を横領容疑 葬祭会社元経理責任者を逮捕 警視庁(28日) | トップページ | 住吉会系組員ら4人逮捕 休業補償金130万円詐取容疑(28日) »