« ピスト:悪質な運転者は略式起訴も 東京地検方針(16日) | トップページ | 相次ぐバスジャック…刃物持ち込み、チェック困難 「事後対応に注力」(17日) »

2011年11月17日 (木)

捜査員に記者腕章貸す 千葉日報社(17日)

千葉市のバス立てこもり事件で、千葉日報社(千葉市中央区)編集局の男性記者(28)が、現場で荘司政彦容疑者(65)を説得していた千葉県警捜査員の求めに応じ、社名の入った記者腕章を貸していたことが16日、同社への取材で分かった。

 同社によると、男性記者は「問題があるとは思ったが、個人の判断で人命優先だと考えて協力要請に応じた」と説明。同社は厳重注意とした。

 大沢克之助編集局長は「人質救出を最優先した人道的行為と受け止めているが、記者倫理として慎重、適切さに欠ける行為だった」と話した。

 県警によると、荘司容疑者は「マスコミを呼べ。渡したいものがある」などと要求していた。捜査員は記者腕章を腕に着け、荘司容疑者の目に入る場所に立っていたが、直接説得に加わることはなかったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111116/crm11111622460027-n1.htm

 

« ピスト:悪質な運転者は略式起訴も 東京地検方針(16日) | トップページ | 相次ぐバスジャック…刃物持ち込み、チェック困難 「事後対応に注力」(17日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53264001

この記事へのトラックバック一覧です: 捜査員に記者腕章貸す 千葉日報社(17日):

« ピスト:悪質な運転者は略式起訴も 東京地検方針(16日) | トップページ | 相次ぐバスジャック…刃物持ち込み、チェック困難 「事後対応に注力」(17日) »