« 車で火災 6人は無理心中か(5日) | トップページ | ひき逃げ、17歳の女性2人死傷 長野市(5日) »

2011年11月 5日 (土)

同居の女「頼まれ首絞めた」 平塚の男性切断事件「頭部は別に保管し毎日拝んでいた」(5日)

神奈川県平塚市で無職、志村寛治さん(66)の切断遺体が見つかった事件で、死体損壊・遺棄容疑で逮捕された同居の介護施設職員、中山宏子容疑者(55)が「夫に殺してくれといわれ首を絞めた」と殺害をほのめかす供述を始めていることが5日、県警への取材で分かった。県警は殺人容疑で再逮捕する方針。

 県警によると、中山容疑者は遺体を切断した経緯についても「首を絞めた形跡が分からないようにした。頭部は別に保管し、毎日拝んでいた」と供述。殺害の動機についても追及する。

 中山容疑者は9月ごろから10月初旬にかけて、自宅マンションで志村さんの遺体をのこぎりなどで切断して紙袋やポリ袋に小分けし、平塚市内の空き地などに遺棄したとして、10月25日に逮捕された。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111105/crm11110511420001-n1.htm

 

« 車で火災 6人は無理心中か(5日) | トップページ | ひき逃げ、17歳の女性2人死傷 長野市(5日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同居の女「頼まれ首絞めた」 平塚の男性切断事件「頭部は別に保管し毎日拝んでいた」(5日):

« 車で火災 6人は無理心中か(5日) | トップページ | ひき逃げ、17歳の女性2人死傷 長野市(5日) »