« 睡眠導入剤、強い酒…昏睡の全国紙元社員から退職金など1650万奪う 中国籍の女2人再逮捕 (24日) | トップページ | 自転車事故 低い保険加入率 悲劇生む、危機意識欠如(24日) »

2011年11月24日 (木)

フィリピン密入国グループ摘発 100人斡旋、報酬1億円以上か 兵庫県警(24日)

Crm11112410360004n11

フィリピン人の密入国を支援したとして、兵庫県警が入管難民法違反(営利目的不法入国援助)容疑で逮捕したフィリピン国籍の女(54)=同罪で有罪判決確定=を中心としたグループが、フィリピン人約100人の密入国を斡(あっ)旋(せん)した疑いのあることが23日、捜査関係者への取材で分かった。グループはフィリピンの旅券事務所などに内部協力者をつくり、正規の旅券と同じ作りの偽名旅券を入手していたとみられ、これだけ大がかりな密入国斡旋グループの摘発は、全国でも異例という。

 兵庫県警は今年7月以降、主犯格の女のほか5人を同法違反(不法滞在)などの疑いで逮捕。さらにグループの斡旋で密入国し不法滞在していたとして、長野、山梨両県警と合同で今月22~23日、同法違反容疑で大阪府寝屋川市の自称44歳の女ら5人を逮捕した。主犯格の女は、10月に神戸地裁で有罪判決を受け、11月初めに日本から強制退去となった。

 捜査関係者によると、主犯格の女は平成7年に日本人夫と結婚した直後から、過去に日本を強制退去させられたフィリピン人らを対象に不法入国の斡旋を始めた。フィリピン居住の女ブローカーを通じ、フィリピンの旅券事務所や入管当局の職員らに金銭を贈与。見返りに偽名旅券の発行や、出国審査を簡単にするなどの便宜を受けたという。

 

主犯格の女は密入国の成功報酬として、1人につき150万~300万円を受け取り、これまでに1億円以上を稼いでいたとみられる。密入国した約100人は日本人と偽装結婚したり、連れ子や、その配偶者を装うなどして長期在留資格を得て、全国13都道府県に分かれて暮らしていたという。兵庫県警は不法滞在の疑いでこれまでに数十人を入管当局に通報した。

「大物密航ブローカー」現地に豪邸も」

 密入国事件の主犯格となった女は、在日フィリピン人の間で「大物密航ブローカー」として知られた存在だった。密入国斡旋で得た報酬をもとに、マニラ近郊に広大な敷地の豪邸を構えているという。

 捜査関係者によると、女は平成3年に日本へ入国。大阪でホステスなどをしていたが、不法滞在が発覚して平成7年8月に強制退去となった。ところが、翌9月にはホステス時代に知り合った日本人夫と現地で結婚。別名で8年3月に再入国したという。

 密入国の斡旋は8年ごろからスタート。フィリピン国内で経営する旅行代理店は、「密航斡旋会社」という裏の顔も持ち合わせていた。現地の女ブローカーを通じ、金銭を贈与した旅券事務所職員から偽名旅券も次々に取得。女は兵庫県警の調べに対し、「フィリピンでは金さえ払えば偽名旅券でも何でも買える」と豪語していた。

 マニラ近郊のパラケーニャでは日本円で約2千万円をかけ、1千平方メートル以上の敷地にプールやゲストハウスもある豪邸も購入。多くのメードを雇い、幼稚園や美容院の経営まで手がけているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111124/crm11112410360004-n1.htm

 

« 睡眠導入剤、強い酒…昏睡の全国紙元社員から退職金など1650万奪う 中国籍の女2人再逮捕 (24日) | トップページ | 自転車事故 低い保険加入率 悲劇生む、危機意識欠如(24日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53322137

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン密入国グループ摘発 100人斡旋、報酬1億円以上か 兵庫県警(24日):

« 睡眠導入剤、強い酒…昏睡の全国紙元社員から退職金など1650万奪う 中国籍の女2人再逮捕 (24日) | トップページ | 自転車事故 低い保険加入率 悲劇生む、危機意識欠如(24日) »