« 発生から11日、死亡4人の身元判明 新宿アパート火災(17日) | トップページ | 中国人 偽札作り使った疑い(17日) »

2011年11月17日 (木)

動かぬ証拠、釣り銭の赤印…被害店の準備実る(17日)

京都市内のコンビニエンスストアで、釣り銭の中の500円玉が「50円玉と間違っている」と言いがかりをつけ、500円をだまし取ろうとしたとして、京都府警東山署は15日夜、住所不詳の無職前園久夫容疑者(67)を詐欺未遂容疑で逮捕した。

 同じ手口の被害に数回遭っていた店側は、マジックで小さな赤い印を付けた500円玉を事前にレジ内に用意しており、硬貨の交換を要求した前園容疑者に店側が追及して確認したところ、財布内から見つかり、動かぬ証拠となった。

 発表では、前園容疑者は同日午前11時頃、東山区のコンビニで、発泡酒代161円を支払う際、1001円をレジの女性店員(43)に渡し、釣り銭840円を受け取った後、390円を見せて「500円玉と50円玉を間違っている」とうそを言い、500円を詐取しようとした疑い。同署は、前園容疑者が最初にお釣りを手にしてすぐ、財布内に500円玉を隠し、50円玉と持ち替えたとみている。

 同店ではこれまでに数回、同様の釣り銭苦情があり、男性店長(40)が防犯カメラの映像から同一人物の犯行と判断。映像を印刷したものを店奥の休憩室に貼って注意喚起するとともに、印付きの500円玉を準備し、似た人物が訪れた際に使用するよう周知していた。

 前園容疑者は「だまし取ろうとした訳ではない」と否認している。

 

« 発生から11日、死亡4人の身元判明 新宿アパート火災(17日) | トップページ | 中国人 偽札作り使った疑い(17日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53265617

この記事へのトラックバック一覧です: 動かぬ証拠、釣り銭の赤印…被害店の準備実る(17日):

« 発生から11日、死亡4人の身元判明 新宿アパート火災(17日) | トップページ | 中国人 偽札作り使った疑い(17日) »