« 全議員のメール盗み見か 不正アクセス禁止法で告訴検討(15日) | トップページ | 原発テロ対策初会合、対サイバー攻撃など強化へ(15日) »

2011年11月15日 (火)

サイバー攻撃、衆院把握後も参院で被害か 連携不足の声(15日)

衆議院へのサイバー攻撃を衆院事務局が把握した今年8月以降も、参議院のネットワークに対する攻撃が続き、情報が流出していた疑いのあることが14日、わかった。衆参の連携不足が被害を拡大させたとの指摘も出ている。

 参院が14日に公表した中間報告で明らかになった。

 報告によると、参院のネットワークに接続された議員のパソコン計29台が8月8日~10月31日、中国とシンガポール国内のサイトに勝手に接続された痕跡が確認された。衆院への攻撃で使われた三つのサイトのうちの二つで、十数万回にわたってこれらサイトと通信を繰り返していたパソコンもあった。情報を抜き取られた恐れがあるという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 全議員のメール盗み見か 不正アクセス禁止法で告訴検討(15日) | トップページ | 原発テロ対策初会合、対サイバー攻撃など強化へ(15日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイバー攻撃、衆院把握後も参院で被害か 連携不足の声(15日):

« 全議員のメール盗み見か 不正アクセス禁止法で告訴検討(15日) | トップページ | 原発テロ対策初会合、対サイバー攻撃など強化へ(15日) »