« ひとめぼれ2トン盗んだ疑い 鳥取、40万円相当(10日) | トップページ | ドラム缶に女性遺体 兵庫・尼崎 無職男「遺体運びコンクリ詰め」(10日) »

2011年11月10日 (木)

組長は海の家経営は× 暴排条例に基づき海水浴場組合に勧告 神奈川県公安委員会(10日)

暴力団組長に海の家出店のための海水浴場組合の組合員資格を与えたとして、神奈川県公安委員会は9日、県暴力団排除条例に基づき、三浦半島の海水浴場組合の組合長の男性(48)に今後は資格を与えないよう勧告するとともに、指定暴力団稲川会系組長(37)には資格を得ないよう勧告した。

 県警暴力団対策課によると、三浦半島の海水浴場の組合長が今年5月、組長に組合員の資格を与えた行為は同条例で禁止されている利益供与にあたるとしている。組長は7~8月、飲み物や食事を提供する海の家を開設して約1千万円の売り上げを得ていた。

 組合長は4月に資格を与えることを一度は断ったが、組長側から「別人名義で申し込む」と提案され、断り切れなかったという。今後、勧告に従わない場合は氏名などが公表される。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111109/crm11110923480041-n1.htm

 

« ひとめぼれ2トン盗んだ疑い 鳥取、40万円相当(10日) | トップページ | ドラム缶に女性遺体 兵庫・尼崎 無職男「遺体運びコンクリ詰め」(10日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組長は海の家経営は× 暴排条例に基づき海水浴場組合に勧告 神奈川県公安委員会(10日):

« ひとめぼれ2トン盗んだ疑い 鳥取、40万円相当(10日) | トップページ | ドラム缶に女性遺体 兵庫・尼崎 無職男「遺体運びコンクリ詰め」(10日) »