« 愛知の林道に高齢男性の遺体(12日) | トップページ | 暴力団捜査班の車被害、戸籍不正取得との関連捜査 愛知(12日) »

2011年11月12日 (土)

警戒区域内の薬局から大量の医療用麻薬盗まれる 福島・富岡町(12日)

東京電力福島第1原発の事故発生以降、原発から半径20キロ圏内の警戒区域にある福島県富岡町の調剤薬局から、大量の医療用麻薬が盗まれていたことが12日、県警などへの取材で分かった。県警が窃盗容疑で捜査している。

 今回の盗難を受けて、県は警戒区域内の医療機関や薬局に対し、医療用麻薬を適切に管理し、使用しない場合は廃棄するよう呼び掛けている。

 県警と県によると、盗まれたのは錠剤タイプの約170錠、座薬タイプの34個、スティックタイプの内服液10包。モルヒネなどの成分を含んでおり、痛み止めやせき止めに使われる。

 原発事故で避難していた薬局の関係者が7月下旬に一時立ち入りした際、薬局内の金庫がこじあけられ、保管していた医療用麻薬がなくなっていることに気付いたという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111112/crm11111212310008-n1.htm

 

« 愛知の林道に高齢男性の遺体(12日) | トップページ | 暴力団捜査班の車被害、戸籍不正取得との関連捜査 愛知(12日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警戒区域内の薬局から大量の医療用麻薬盗まれる 福島・富岡町(12日):

« 愛知の林道に高齢男性の遺体(12日) | トップページ | 暴力団捜査班の車被害、戸籍不正取得との関連捜査 愛知(12日) »