« 山口組系古川組組長を詐欺容疑で逮捕 兵庫県警(3日) | トップページ | 暴排条例対策 NHK・日本野球機構(NPB)・JR東海等の例(3日) »

2011年11月 3日 (木)

地裁の受理票を偽造容疑 弁護士事務所職員を逮捕 仙台地検(3日)

仙台地検は2日、破産手続きの申し立てを受理したことを示す仙台地裁民事部の偽の受付印で、申し立て受理票の写しを偽造したとして、有印公文書偽造、同行使の疑いで、仙台弁護士会の弁護士の事務所職員、柴田琢磨容疑者(54)=仙台市泉区=を逮捕した。

 柴田容疑者は「依頼者から早くしてと言われ、自分の判断でやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成21年8月ごろから今年7月ごろの間、偽の地裁受付印を押し、仙台市の50代男性について破産手続き開始の受理票の写し1通を偽造、男性に交付した疑い。

 手続きが始まらないことを不審に思った男性が、仙台地裁に確認して発覚。先月、同地裁が仙台地検に告発した。

 仙台地検は2日、弁護士事務所などを家宅捜索した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111102/crm11110223320034-n1.htm

 

« 山口組系古川組組長を詐欺容疑で逮捕 兵庫県警(3日) | トップページ | 暴排条例対策 NHK・日本野球機構(NPB)・JR東海等の例(3日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53149426

この記事へのトラックバック一覧です: 地裁の受理票を偽造容疑 弁護士事務所職員を逮捕 仙台地検(3日):

« 山口組系古川組組長を詐欺容疑で逮捕 兵庫県警(3日) | トップページ | 暴排条例対策 NHK・日本野球機構(NPB)・JR東海等の例(3日) »