« 2011年11月28日 | トップページ | 2011年11月30日 »

2011年11月29日

2011年11月29日 (火)

暴行受けたタクシー運転手死亡 容疑のソフトバンクモバイル社員を逮捕 神奈川県警(29日)

神奈川県警港北署は29日、タクシー運転手の男性を路上に押し倒したとして暴行の疑いで、横浜市港北区樽町、ソフトバンクモバイル社員、小泉亨容疑者(48)を逮捕した。

 港北署によると、運転手の男性は搬送先の病院で間もなく死亡した。同署は司法解剖して死因を調べる。小泉容疑者は「東京都内で飲んだ後、何も覚えていない」と話している。

 逮捕容疑は、29日午前2時50分ごろ、小泉容疑者の自宅前路上で、タクシーの運転手師山貞幸さん(60)=東京都八王子市上柚木=を両手でつかんで押し倒すなどした疑い。

 師山さんの「お客さんが暴れている」という110番で駆けつけた署員が、路上に倒れている師山さんを発見した。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112920260041-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無灯火自転車で歩道走り歩行者に重傷…在宅起訴(29日)

自転車で歩道を走行中、歩行者に衝突し重傷を負わせたとして、大分地検は29日、大分県豊後大野市の30歳代の男を重過失傷害罪で大分地裁に在宅起訴した。

地検によると、自転車絡みの事故で運転者の過失が正式裁判で問われる例は珍しい。

 起訴状によると、男は2月2日午前6時過ぎ、同市三重町菅生の歩道で自転車に無灯火で乗っていた際、歩いていた男性(当時71歳)に正面から衝突。男性を転倒させて頭に大けがを負わせたとしている。男は「ぶつかるまで気付かなかった」と話しているという。

 男性は脳挫傷と診断され、約半年間入院。退院後も失語症などが残った。

 自転車は原則、車道走行。車道の交通量が多い場合、歩道走行が許可されるが、事故の現場では認められていなかった。地検は起訴の理由について「無灯火だったことや、けがの程度が重いことを勘案した」と説明している。

 自転車の走行については、警察庁が10月、車道走行を徹底指導するよう都道府県警に通達した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無資格で未公開株売買で逮捕(29日)

業者としての登録がないのに未公開株を販売していたとして、無職の64歳の男が、金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。
警察は、男がお年寄りなどに1億円近くの未公開株を販売していたとみて裏付け捜査を進めています。逮捕されたのは、東京・江戸川区の無職、小坂政幸容疑者(64)です。
神奈川県警察本部の調べによりますと、小坂容疑者はおととし9月からことし5月ごろにかけて、金融商品取引業者としての登録がないのに、長野県の84歳の女性など4人に「夢の情報」などと書かれたチラシを配り、未公開株をあわせて110万円で販売していたとして金融商品取引法違反の疑いが持たれています。
警察によりますと、小坂容疑者は証券会社の元社員で、いわゆる「名簿屋」から過去に証券取引などの経験のある人の名簿を買い取り、電話で投資を勧誘していたということで、販売した未公開株の多くは実際には値上がりしていなかったということです。
警察の調べに対して、小坂容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察は、押収した帳簿などから、小坂容疑者がお年寄りなどに1億円近くの未公開株を販売していたとみて裏付け捜査を進めています。

News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/lnews/yokohama/1006597201.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

法定金利の93倍も、ヤミ金業者を摘発(29日)

法定金利の最大93倍で違法に金を貸し付けていたとして、東京・中野区のヤミ金業者が摘発され、経営者の兄弟ら3人が警視庁に逮捕されました。

 出資法違反などの疑いで逮捕されたのは、東京・中野区でヤミ金業を経営していた小幡義央容疑者(28)と、弟の鋳也容疑者(21)ら3人です。貸金業の登録をせずに愛媛県に住む男性(56)ら4人に法定金利の最大93倍で金を貸しつけ、およそ207万円の違法な利息を受け取った疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、小幡容疑者らは「道具屋」とよばれる業者から、多重債務者の個人情報や他人名義の口座などを手に入れていたということです。警視庁は、小幡容疑者らが全国1000人から違法な利息4500万円を得たとみて調べています

Logo1

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4889493.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性殺人 背後から襲われたか(29日)東京・荒川区殺人事件

28日夜、東京・荒川区の路上で24歳の会社員の男性が背中を刃物で刺されて死亡した事件で、男性の腕などには抵抗した際にできる傷がないことがわかり、警視庁は背後からいきなり襲われたとみて、犯行の状況を調べています。この事件は、28日夜10時半ごろ東京・荒川区東日暮里の路上で、近所に住む会社員、太田康治さん(24)が背中から血を流しているのが見つかり、およそ2時間後に死亡したもので、警視庁は殺人事件として捜査を進めています。

警視庁によりますと、太田さんは先の尖った刃物で背中を1か所刺され、出血のため死亡したとみられていますが、その後の調べで、太田さんの腕などには抵抗した際にできる傷がないことがわかりました。
太田さんは財布や携帯電話を身につけたままで、付近で刃物などは見つかっていないということです。

また太田さんの自宅から20メートルほど手前の路地に血だまりがあったということで、警視庁は太田さんは帰宅直前に背後からいきなり刃物で襲われたとみて、犯行の状況を調べるとともに当時、周辺で不審な人物が目撃されていないか聞き込みを進めています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004265832.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)

遂に出ましたsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_22521931_2

20111121102301

「後ろも振り向かないでジグザグして自動車と接触しても、自動車が前方不注意や安全運転義務違反に問われる。弱者とは言え、こんな事ってあるか」。都内某署に勤務していた当時、事故現場から署に引き上げてきた警察官の言葉に疑問を持ったことが何度もあった。

そして遂に出ました判決-大阪市浪速区でタンクローリーが歩道に突っ込み男性2人が死亡した事故で、直前に自転車で道路を横断し事故を引き起こしたとして、大阪地検は重過失致死罪で、自転車に乗っていた無職の60歳の男を起訴。

 タンクローリーの運転手と自転車を避けようと急にタンクローリーの前に割り込んだとされるワゴン車の運転手が自動車運転過失致死容疑などで逮捕・送検されていたが、地検は不起訴にした。そして、大阪地裁はこの自転車の男に「事故を誘発した」責任で禁錮2年の判決を言い渡した。

 自転車が歩道を走れば歩行者をはね、車道に出れば車を縫うように走る横暴な自転車走行。もう「横暴は許さないぞ」が今回の判決だ。

 今回の事故で死亡した被害者への賠償は自転車が負うことになるのだろうか? 保険に入っていないと、大変な事になる。そこでTSマークなる制度があるという。

 年に1度、手数料を支払い、自転車安全整備士に点検・整備してもらうと、その証しとして貼ってもらえるもので、自転車で対人死亡事故を起こした場合、最高で2000万円を補償する保険がついているという。とにかく、強制的に保険に加入させるなど自転車族にはある程度の〝痛み〟を与えないと事故は減らない。

 東京・荒川区の殺人事件だが、路上事件は最も難しいと言われており、時間が必要な事件捜査になるだろう。
 首都東京の体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

うどん店に刃物男 店員縛り、10万円奪い逃走(29日)

埼玉県越谷市のうどんのチェーン店に刃物を持った男が押し入り、女性店員らを縛ったうえで、金を奪って逃げました。

 29日午前5時ごろ、越谷市の「山田うどん大泊店」に男が押し入り、アルバイトの男性(32)に刃物を突きつけて、別の女性店員(60)の両手と両足首を粘着テープで縛らせました。そして、アルバイトの男性に金庫を開けさせた後、この男性も縛ったうえ、金庫の中の現金約10万円を奪って逃げました。男は30歳から40歳くらいとみられ、上下とも黒っぽいジャージ姿で、黒色の野球帽に白いマスクでした。当時、店は開店準備中で、食材の搬入のため裏口の扉は開いていたということです。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211129023.html

2009_1229_211958annlogo1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男女の遺体…車内から「放射性物質」の謎 新潟(29日)

新潟市西区で29日朝、男女の遺体が発見されました。海岸からは車が発見され、車内から放射性物質が入った缶が発見されたということです。

 警察の調べによりますと、午前9時半ごろ、新潟市西区の林の中から男女の遺体を見つけたと警察に通報がありました。警察が駆けつけたところ、首をつって死亡している男女の遺体が発見されました。近くには、亡くなった男女が所有する車があり、車の中から缶が見つかりました。缶の中には何かに包まれたものがあり、その中から放射性物質が発見されました。放射性物質の名前や詳しい放射線量などは今のところ分かっていません。しかし、警察が確認したところ、それほど高い値ではないということです。現在、その放射性物質は新潟市西区にある放射線監視センターに運び込まれ、分析が進められています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211129042.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

他殺体はアパート住人 53歳女性、愛知・豊橋 首絞められ殺害(29日)

愛知県豊橋市大村町のアパート一室で28日、女性の他殺体が見つかった事件で、豊橋署の捜査本部は29日、女性を住人の職業不詳、福山生枝さん(53)と確認した。捜査本部は29日、福山さんの司法解剖をするとともに部屋の現場検証を行い、死因などを詳しく調べる。

 福山さんの知人らによると、福山さんは昨年9月から豊橋市内のスナックで働いていた。店主の男性(75)は取材に「福山さんは26日も勤務し、午後11時半ごろ帰った。亡くなったことが信じられない」と話した。

 事件は28日午後、福山さん方を訪れた知人男性(56)が、全裸で両手首をビニールテープで巻かれた状態で倒れている福山さんを発見した。捜査本部は福山さんが首を絞められ、殺されたとみて調べている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112914010024-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

荒川区殺人 帰宅直前に殺害か(29日)

28日夜、東京・荒川区の路上で男性が刃物で刺されて血を流しているのが見つかりその後、死亡した事件で、男性は、近くに住む24歳の会社員の男性とわかりました。
男性が見つかった場所と自宅との間の路地に血だまりがあったことなどから、警視庁は男性が帰宅直前に襲われたとみて調べています。この事件は、28日夜10時半ごろ、荒川区東日暮里の路上で、男性が背中から血を流しているのがみつかり、およそ2時間後に死亡したものです。
警視庁が、身元の確認を進めた結果、男性は、近所に住む会社員の太田康治さん(24)とわかり、検視の結果、背中を1カ所、先の尖った刃物で刺されて出血のため死亡したとみられるということです。
警視庁によりますと、太田さんは財布や携帯電話を身につけたままで、付近で刃物などは見つかっていないということです。
また、太田さんが発見された場所から60メートルほど入った路地に血だまりがあったほか、当時、この付近で男性の叫び声が聞こえたという情報があるということです。
太田さんの自宅はその先の20メートルほどのところにあり、警視庁は、太田さんが帰宅直前、路地で何者かに襲われたとみて現場検証を進めるとともに、不審な人物がいなかったかなど調べています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004265831.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:窓口で未然防止 大垣信金荒尾支店に感謝状 /岐阜(29日)

大垣署は28日、振り込め詐欺を未然に防いだ大垣信用金庫荒尾支店=日比聖支店長(46)=に署長感謝状を贈った。

 同署によると、2日午後1時半ごろ、支店窓口を訪れた男性(63)から97万円の振り込みを依頼された江崎有加里さん(21)は、高額で振込先が北海道だったことから振り込め詐欺と直感した。佐竹茂樹次長(52)が確認すると、男性は「電力会社に勤める息子が集金できなくて、97万円足りないから振り込む。振り込め詐欺ではない」と話した。支店は振り込みを保留。再度男性と連絡を取ったところ、しばらくして男性から「ストップしてくれ」との電話があったという。

 田口由紀男署長は「未然に防止していただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします」と述べ、感謝状を日比支店長に手渡した。【子林光和】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20111129ddlk21040040000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国初のトイプードル警察犬誕生…初挑戦で合格(29日)

201111296550131n1

鳥取県警の嘱託警察犬の審査会で、小型犬のトイプードル2匹が合格した。

 県警によると、トイプードルの警察犬は全国で初めてという。県警は12月上旬に正式に嘱託し、早ければ来年1月頃から行方不明者の捜索などで出動する。

 同県米子市の会社役員細田幸夫さん(64)のフーガ(雌2歳)と鳥取市の会社員井関純さん(34)のカリン(雌1歳)。

 ともに鳥取市内の訓練所で、しつけなどのために預けられていたが、訓練士が2匹の素質を見抜き、今年に入って警察犬になるための訓練を開始した。

 今月18日に開かれた審査会には、大型犬も含め24匹が出場。においを頼りに犯人を追う「足跡追及」などで優秀な成績を収め、初挑戦で合格を決めており、県警は、「大型犬が入れないような狭い場所での活動で才能を生かしてほしい」と期待している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

世界48社にサイバー攻撃 中国人関与か、日本も1社 化学や防衛関連企業(29日)

今年7~9月、日本の1社を含む世界各地の企業48社に対してサイバー攻撃が行われていたことが、28日までにコンピューターセキュリティー対策会社シマンテック(米カリフォルニア州)が公表した報告書で分かった。中国人が関与した可能性があるという。

 同社は攻撃の対象となった企業名は明らかにしていないが、化学や防衛関連の企業で、製品の設計や製造過程などの産業機密を盗み出そうとしたとみられる。

 攻撃は米国内にあるサーバーを経由して行われた。このサーバーの所有者は中国河北省の20代の男性で、専門学校でコンピューターのセキュリティーを学んだ人物という。(共同)

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112909250006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国への不正輸出容疑で都内の会社を捜索 軍事転用可能装置 神奈川県警(29日)

軍事技術に転用可能な半導体製造プログラムが組み込まれた装置を中国に不正に輸出した疑いが強まったとして、神奈川県警外事課と伊勢佐木署は29日、外為法違反(無許可役務取引)の疑いで、電子機器販売会社「インターテック」(東京都品川区)の本社や支店など関係先の家宅捜索を始めた。

 捜査関係者によると、同社は平成22年春ごろから、経済産業相の許可を受けずに、国内電機大手メーカーの半導体を制作するためのプログラムが組み込まれた製造装置を中国側に売却、不正に輸出していた疑いが持たれている。

 軍事技術に転用可能な半導体製造装置などは、経産省が定める輸出規制に該当し、輸出の際には許可を受ける必要があると定められている。不正に輸出された装置は軍需工場の生産ラインなどに使われたとみられ、県警は製造された半導体がミサイルの誘導装置などに組み込まれた可能性もあるとみている。

 東京都品川区のオフィス街にある同社が入居するビルには同日午前9時前、県警の捜査員が厳しい表情で次々と家宅捜索に入った。物々しい雰囲気に通勤途中のサラリーマンらが足を止めて見入る姿もあった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112911020010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の少年、虐待認識か 重体女児「揺さぶられっ子症候群」と説明(29日)

生後8カ月の女児に対する傷害などの容疑で、福岡県筑紫野市の無職少年(19)と女児の母親で同市の無職少女(19)が逮捕された事件で、少年が119番した際、消防に「(女児は)揺さぶられっ子症候群です」と説明していたことが29日、分かった。

 「揺さぶられっ子症候群」は、乳幼児が頭を強く揺さぶられて発症する。県警は少年が女児に強い衝撃を加えて虐待していることを認識していた可能性があるとみて調べている。

 筑紫野署によると、女児は後頭部を骨折し意識不明の重体。少女は「少年に嫌われたくなくて、何も言えなかった」と供述している。

 27日夜に少年と少女に通報を依頼された同県太宰府市の女性(60)によると、少年は女性宅の電話を使って消防の質問に落ち着いた様子で答え、揺さぶられっ子症候群と説明。少女は女児を抱き、路上に座り込んで泣いていた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112911480012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

休業補償詐欺で4人逮捕 偽の休業証明書を提出(29日)

交通事故で働けなくなったと嘘をつき、損害保険会社から休業補償金130万円あまりをだまし取ったとして、暴力団組員の男ら4人が逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系の組員・斉藤正義容疑者(42)と会社員の小林貞治容疑者(48)ら4人です。斉藤容疑者らは2006年4月、追突事故に遭ってけがをした際、実際には働いていないにもかかわらず、偽の休業証明書を損害保険会社に提出し、補償金130万円あまりをだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、斉藤容疑者らは知人の小林容疑者の職場で働いていることにして、44日分の休業証明書を作成したということです。斉藤容疑者ら3人は容疑を認めていますが、1人は否認しています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待告白の小5女児、同級生に連れられ警察へ(29日)

交際相手の次女(10)の顔を十数回殴打したとして、大阪府警摂津署は28日、大阪市立豊里小校務員・福永敦哉容疑者(38)(大阪府豊中市城山町)を傷害の疑いで逮捕した。

 次女は、顔が腫れていることに気付いた担任教諭には「自転車で転んだ」と隠していたが、同級生に暴行を受けたことを告白。同級の女児5人に付き添われて同署を訪れ、被害を訴え出たという。

 調べに対し、福永容疑者は容疑を認め、「しつけのつもりで複数回たたいた」と供述している。

 発表では、福永容疑者は9月29日午後9時頃、交際中の女性(33)の摂津市内の自宅で、小学5年生の次女の顔を十数回平手で殴り、まぶたなどに1週間のけがを負わせた疑い。

 次女は女性と長女の3人暮らし。福永容疑者は週1~2回、女性方を来訪していたという。

 次女は10月2日、同級生に「新しいお父ちゃんにたたかれた」と説明。同級生らが同日夕、同署に次女を連れて行ったという。直後に次女は府吹田子ども家庭センターに一時保護された。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

親子げんかで放火、長男逮捕=両親が重軽傷―兵庫県警(29日)

28日午後6時ごろ、兵庫県養父市吉井の無職津崎和虎さん(59)方から出火、木造2階建て住宅約300平方メートルをほぼ全焼し、約1時間20分後に鎮火した。津崎さんと妻篤美さん(50)が煙を吸って病院に運ばれ、喉のやけどで津崎さんは重傷、篤美さんは軽傷という。現場にいた長男の会社員陽裕容疑者(25)が「親子げんかして火を付けた」と話したことから、県警養父署は現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。
 居間に灯油をまき、放火したと供述しており、同署は詳しい動機を調べる。 

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-28X404/1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・荒川区で男性が刺され死亡 殺人事件として捜査(29日)

28日午後10時25分ごろ、東京都荒川区東日暮里3丁目の路上で、「男性が背中を刺され、血を流して倒れている」と110番通報があった。男性は心肺停止の状態で病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。警視庁は、亡くなったのは近くに住む男性(24)とみて身元を確認するとともに、殺人事件として捜査を始めた。

 捜査1課によると、男性はスーツ姿で、少なくとも背中に1カ所刺し傷があった。何者かに刺され、タクシーに助けを求めた後、路上に倒れた。近くに刃物のようなものはなかったという。

 現場はJR日暮里駅の東約600メートルの商店や住宅が立ち並ぶ地域。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両手首何重にも巻かれ、全裸 愛知の女性の変死体、殺人で捜査(29日)

愛知県豊橋市大村町花次のアパートの一室で28日午後、住人とみられる女性が死亡しているのが見つかった事件で、女性は両手首が胸の前でビニールテープで何重にも巻かれていたことが分かった。愛知県警は殺人事件とみて豊橋署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、女性は50代ぐらいで、死後1~2日ほど経過しているとみられる。ベッドの脇に全裸であおむけに倒れ、足元に衣服が置かれていた。室内に荒らされたような形跡はなく、玄関の鍵は開いていた。目立った外傷や出血の痕は見られず、顔が鬱血(うっけつ)していることから、捜査本部は女性が首を絞められ殺された可能性が高いとみている

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112900290000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校裏サイト 監視強化へ 文科省が指針策定に着手(29日)

 学校裏サイトなどで小中高生がインターネット上でいじめにあったり、犯罪に巻き込まれるケースが相次いでいることを受け、文部科学省はネット監視を強化する方針を固めた。すでにネット監視の指針となる資料集の策定に向けた作業に着手。いじめ認知件数が増加に転じる中、急速に普及するネットへの対策を講じる必要があると判断した。

 文科省は今年度中に「学校ネットパトロール資料集(仮称)」を取りまとめ、全国の教育委員会に配布する。教師の間でネットに関する知識に差があることを考慮し、「インターネットの基礎知識」として、有害サイトを閲覧できなくするフィルタリングの仕組みなどを解説。自己紹介サイト「プロフ」や小中高生に人気がある会員向けゲームサイトなどの説明も加えた。

 文科省によると、現行の調査方法となった平成18年度以降、減少傾向だったいじめ認知件数は22年度に初めて増加に転じた。学校裏サイトやプロフを利用したネットいじめも約3000件報告された。このため、東京都教委や三重県教委などはネット監視を強化し民間業者に委託。他の市町村教委や学校もパトロール要員を配置したり、授業の空き時間に監視したりして対処しているが、対応にはばらつきがみられるという。

 資料集では、監視対象にしているサイト▽人員や頻度、予算状況▽警察や保護者との連携-などの項目について、既にネットパトロールを導入している教委に依頼し、事例集を掲載することも検討している。http://sankei.jp.msn.com/life/news/111129/edc11112901440001-n1.htm

■後手に回る対策

 子供たちのインターネット環境をめぐっては、学校裏サイトやプロフがいじめや犯罪の“温床”とされ、学校だけでなく自治体が監視を強める傾向にある。だが、日々進化して急速に普及していくネット環境に、関係機関の対応は追いつかなくなっているのが現状だ。

 内閣府の調査によれば、携帯電話の所有率は小学生で20.3%、中学生は47.8%、高校生が95.6%となっている。このうち大半がネットを使用。中学生の7割、高校生の半数が有害サイトが閲覧できないようにするフィルタリングをしている。

 警察当局の努力や携帯電話会社など関係機関のPRによりフィルタリングは浸透したが、高機能携帯電話(スマートフォン)の普及によってさらなる対策を余儀なくされている。

 これまでの携帯電話では、ネットに接続する際に携帯会社のサーバーを経由するためフィルタリングが可能だった。しかし、スマートフォンでは無線LANで一般のネットを閲覧することが可能だ。機種によってはフィルタリングソフトを使用すれば閲覧制限をかけられるが、対策は十分とはいえない。

 

続きを読む "学校裏サイト 監視強化へ 文科省が指針策定に着手(29日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月28日 | トップページ | 2011年11月30日 »